ウラディーミル・フェドセーエフ指揮 チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ 2015年5月31日 サントリー・ホール

フェドセーエフの指揮する、旧モスクワ放送交響楽団を聴く。曲目はオール・チャイコフスキーで、

四季作品37b から 4月 / 6月 / 10月 / 12月 (ガウク編)
組曲「くるみ割り人形」作品71a
交響曲第5番ホ短調作品64

というもの。尚、今回初めて知ったが、「くるみ割り人形」の組曲のことを作曲者はもともと「クリスマスツリー」と題したので、フェドセーエフはそれを尊重したいとのこと。なーるほど、確かにクリスマスが題材という以上に、この愛らしいバレエ組曲にふさわしいニックネームですね。
e0345320_23152460.jpg
フェドセーエフは1932年生まれなので、今年83歳ということになるが、年齢を全く感じさせない指揮ぶり。もっとも、近年、N 響や兵庫芸術センター管弦楽団などの指揮のためにそれなりの頻度で来日しているので、健在ぶりは知っているつもりではあったし、生演奏にも接していた。ただ今回は改めて、その変わらぬ音楽に感銘を受けた。彼の音楽は、いわゆるロシア風のこってりしたものとは少し違っているが、金管が盛り上がって音楽の輪郭が膨張する瞬間などに、やはりロシア的情緒が聴かれると言ってよいであろう。今回の曲目では、アレクサンドル・ガウク (ムラヴィンスキーの師匠だ!) の編曲になるピアノ曲集「四季」の最初の音が鳴った瞬間に、もうロシア以外の何物でもない雰囲気が会場を満たした。「エフゲニ・オネーギン」のタチアナが読書しながら物思いにふける・・・まあそんな雰囲気で、なんとも抒情的だから、それをロシア的と表現したくもなるものだ。一方で、「くるみ割り人形」と交響曲5番は、名実ともに国際的な天下の名曲なので、ことさらロシア的などと考える必要はなく、遅めのテンポで丁寧に表情が描き分けられる様子がこのコンビの成熟度を表していて、聴きごたえは充分であった。また、今回はツアーの最終日であったせいか、4曲もアンコールが演奏され、これがいずれもすさまじい迫力。特に、(この日唯一チャイコフスキーでない)、ハチャトゥリアンの「レスギンカ舞曲」は、鳥肌立つ凄演であった。

ところで、私がいつも思うのは、昔の指揮者、生年でいえば恐らく1910年代くらいの人たちまでは、80歳前後で音楽がぐっと深みを増したような気がするのに対し、1920年代以降の生まれの指揮者には、あまりそのような要素がなく、60代に円熟の境地に達すると、それ以降の音楽作りにあまり差がなくなってしまうように思う。具体例は枚挙に暇がないが、日本で体験することができた例では、ベームやカラヤンやヴァントなどの感動的な晩年の演奏と、今のブロムシュテット、ハイティンク、ドホナーニ等の「若々しい」、と言って語弊があるなら、「以前から継続して円熟した」演奏との比較になろう。フェドセーエフもまたしかり。音楽に感動はできるのだが、命を削って没入するといったタイプではない。今回そのことを少し考えてみたのだが、あまり単純化するのは危険であるものの、音楽の世界におけるローカリズムの希薄化と関係があるのではないか。オケの技術が上がり、世界的に時差なく最新の情報が手に入る今となっては、本当にローカルなものを守るのは難しい。そうであるからこそ、逆説的ながら、コマーシャリズムはローカルなものを好む。このオケの名称がよい例だ。以前は「チャイコフスキー記念」を冠したモスクワ放送交響楽団であったが、今や、「チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ」だ。チャイコフスキー以外演奏しないのか??? いやいや、そんな馬鹿な。でも、もしかすると、国外ツアーではほとんどそうなのかもしれない。それは、「ロシアのオケはロシア音楽」というレッテルが、商売上便利だからだろう。でも私は、このコンビのブルックナーとかリヒャルト・シュトラウスを聴いてみたい。それは叶わないのだろうか。円熟のフェドセーエフが、若々しくないフェドセーエフが、そのような演奏から顔を出さないとは限らないではないか。あるいは、同じチャイコフスキーをやるでも、知名度が低くロシア的情緒を感じさせる「四季」の管弦楽編曲版の、抜粋ではなく全曲を前半に持ってくるようなことは無理だろうか。・・・無理か。
e0345320_23164220.jpg

by yokohama7474 | 2015-06-06 00:12 | 音楽 (Live) | Comments(0)