近代日本の社会と絵画 戦争の表象 板橋区立美術館 館蔵品展

板橋区立美術館は、練馬区美術館と並び、日本の画家たちを中心としたユニークなコレクションと企画で知られる。今回、戦争の表象と題して館蔵品の展覧会を開催中と知って、見にでかけた。区民でもないのに、入場料は無料である。少し申し訳ないような。
e0345320_23272636.jpg
有名無名の昭和の洋画家たちが、それぞれに戦争に関わって、労苦を強いられたり、場合によっては命を取られたりした、まさに画家それぞれの生きた証が作品に結実している。泰西名画にため息をついているだけでは絶対分からない、人が生きる重さを感じることができるし、日本という国が近代以降に置かれた立場を考えさせられる。展覧会では、30名に及ぶ画家それぞれの戦争との関わりが説明してあって、興味は尽きない。一般に知られている名前としては、清水登之、柳瀬正夢、多毛津忠蔵、国吉康雄、福沢一郎、松本竣介、寺田政明、高山良策、山下菊二というあたりが挙げられるが、国吉を除いては、直接に戦争 (敵国民として米国で辛酸を舐めることとなった) とのかかわりについてあまりイメージがない。だが、例えば日本の 1920年代を語る上で欠かせない柳瀬正夢が、驚いたことに、空襲によって新宿駅で死んでいたりするのだ。平和な時代には考えられないことではないか。作風の面では、全体的に、ダリやエルンストといったシュールレアリズムが画家たちの心をつかんでいたことがよく分かる。ただそこに、いつも日本的な情緒がつきまとっているのが興味深い。
e0345320_23290035.jpg
最も印象深かったのは、上のポスターになっている、堀田操の「断章」(1953年) である。なんとも不気味かつ静謐な絵ではないか。

新海覚雄の「貯蓄報国」(1943年) という絵は、いわゆる戦争画のタッチにも似て、今見ればある種のキッチュなのであるが、まさに割り切れない情緒をはらんだ作品だ。これを見て、銃後の備えをがんばろうという気になるようなならないような。
e0345320_23303140.jpg
浜松小源太の「世紀の系図」(1938年)。見ていて胸が痛くなるような気がしませんか。
e0345320_23305255.jpg
難波香久三 (かくぞう) の「地方行政官A氏の像」(1938年)。今も昔も・・・という印象ですね。
e0345320_23313121.jpg
繰り返しになるが、この美術館のポリシーは本当に意義深いもので、美術という営為の根源を考えさせられる。素晴らしい展覧会だった。


by yokohama7474 | 2015-06-06 23:55 | 美術・旅行 | Comments(0)
<< 板橋界隈の寺社 乗蓮寺 (東京... ユーリ・テミルカーノフ指揮 読... >>