ステファヌ・ドゥネーヴ指揮 NHK 交響楽団 (Vn : ルノー・カプソン) 2015年 6月 7日 NHK ホール

N 響の指揮台には、入れ替わり立ち代わり名指揮者が登場するが、このドゥネーヴなど、まさにこれから出世間違いなしの逸材であって、このような指揮者に目をつける楽団経営陣の目は確かであると思う。
e0345320_00174520.jpg
私がこの指揮者に注目したのは、一昨年のサイトウ・キネン・フェスティヴァル松本で、小澤指揮の「子供と魔法」のあと、「スペインの時」を指揮したのに接したことがきっかけであった。その前に、手兵であるシュトゥットガルト放送響と来日していて、よほど客の入りが悪かったのか、直前にチケットがダンピングされていたのは知っていたが、正直、食指が動かなかった。なにやらややこしいフランス人の名前、決してイケメンとは言えない容姿が災いしたと率直に言ってしまおう。ところがところが、その「スペインの時」は、まさに驚愕すべき素晴らしい演奏で、小澤の「子供と魔法」(これはこれで大変よかったのだが) があたかも前座のようになってしまった。なんと表現すればよいか、音に色気があって、まさにここでこういう風に鳴って欲しいという音が鳴っていたのである。

さて、そして今日の演奏会である。曲目は、

ラヴェル : 道化師の朝の歌
ラロ : スペイン交響曲ニ短調作品21
ルーセル : 交響曲第 3番ト短調作品 42
ラヴェル : ボレロ

というオールフランスプロ。しかも、よく見ると、まさに「スペインの時」ではないが、スペイン風の音楽がメインで、そこにルーセルが加わっているというもの。プログラムによると、ドゥネーヴはトゥールコワンという街の出身で、ルーセルと同郷だそうだ。ということは、そのルーセルの代表作、交響曲 3番には相当な思い入れがあるはず。私にとっては、高校生の頃にブーレーズの録音を聴いて以来大好きな曲で、その後もクリュイタンス、アンセルメ、バーンスタイン、デュトワなどの CD を楽しんできた。いやそれどころか、時折冒頭部分や終楽章を無意識に口ずさむことすらあるくらいだ。今回の演奏会を必聴と考えた所以である。

実際、このルーセルが演奏会のハイライトになった。スコアを前にしながらも、全く開くことなく振り終えた指揮者は、最後の和音を響かせるとともに聴衆の方を振り返り、「どうだ」と言わんばかりの仕草 (まあ、いわゆるドヤ顔ですかね 笑) を見せた。さらに、即座にブラヴォを叫んだ聴衆に対し、「アンタ分かってるねぇ」という反応を見せたのだ。やはり、相当に自らの音楽に自信があるとともに、N 響の演奏にも満足したということだろう。この曲は、いわゆるフランス的なアンニュイな感じよりも、バリバリ合奏することが求められていて、その意味では、ドイツものの土壌の上にデュトワによってフランスものを叩きこまれたこのオケにとっては、恰好の腕の見せ所だったに違いない。このルーセルでも、あるいは「道化師の朝の歌」でもそうだったが、音楽の輪郭をはっきりさせる指揮ぶりが大変に好ましかった。

ルノー・カプソンは、いかにもフランスの香り高い音を聴かせるヴァイオリニストだ。立ち姿もすっきりとしており、興が乗るとつま先立つ様子が、音楽への没入を示している。アンコールにはグルックの精霊の踊りを演奏したが、これも透明感ある抒情的な演奏だった。

ボレロは、まあ大概の演奏が盛り上がるわけではあるが、はい、それはもう、飛沫が飛び散るような着地でした。お見事。

この指揮者、若き日にショルティに才能を見出されたという。感情に溺れすぎずに正確な音を紡ぐ姿勢が評価されたものであろうか。今後が楽しみだ。

by yokohama7474 | 2015-06-08 01:28 | 音楽 (Live) | Comments(0)
<< 鴨居 玲展 踊り候え 東京ステ... 江戸の悪 太田記念美術館 >>