チャッピー (ニール・ブロムカンプ監督 / 原題 : CHAPPIE)

e0345320_23324546.jpg
デビュー作の「第9地区」、2作目の「イリジウム」と、問題作を世に送り出してきた南アの若手監督、ニール・ブロムカンプの 3作目である。私はこれまでの 2作を見て、その一貫して荒廃した世界のイメージ (どのくらいヨハネスブルクの真実を反映しているのだろうか) と、必ずどこかに表されている希望に、強く印象づけられてきた。今回の「チャッピー」の予告編では、ロボットに知能を持たせて、あたかも子供のように育てるという内容に重点が置かれていて、若干子供向けかと思ったのであるが、実際に本編を見てみると、なんのことはない、これまでの 2作以上に深刻な内容だ。ただ、例によって希望はある。だがその希望は思いもよらない形をしていて、容易に受け入れられるものではない。

最近の映画には、人間の潜在能力とコンピューターの結合というテーマが時折見られる。だが、例えばスカーレット・ヨハンソンの「ルーシー」とか、ジョニー・デップの「トランセンデンス」だが、いずれも荒唐無稽過ぎて、全くリアリティがなかった。その点、この映画においては、何か空恐ろしくなるようなリアリティがある。人間の Mortality が、ある手段によって克服されること。それは本当に幸せなことなのだろうか。あるいは、そうなってしまえば、今の人間に見えない何かが見えてくるのだろうか。この映画の真のテーマはそこにある。なんとも仮借ない映画だ。

そのような、これまでの映画にない深い内容を持つものの、個別のキャラクターの描き方が大変秀逸であるため、エンターテイメントとしても充分に高いレヴェルに達している。チャッピーの可愛らしい仕草や、彼の受けるひどい仕打ち、また、正義感に駆られて暴力をふるう姿に、観客は感情移入を禁じ得ないし、どこからどう見ても札付きのワルが、実は大変な仲間思いであったり、自分の命を懸けて他人の命を守る勇気を持っているということも、説得力あるかたちで示される。そして、あのヒュー・ジャックマンが悪役を演じ、ロボットにボコボコにされるシーンなど、なかなか見られませんね。でもこのシーン、大変カタルシスを感じられること受け合い (笑)。さらには、シガニー・ウィーヴァーが、軍需産業の女性経営者の役を嬉々として演じているのも楽しい。このような有名俳優たちが出演することを取ってみても、この監督が映画界において大きな期待を受けている存在であることが実感される。

繰り返しだが、この映画は決して子供向きではなく、映画好きなら必見と言ってもよいだろう。日本での広告内容を、もう少しなんとかできなかったものだろうか。手腕のある監督の作品は、必ず見る人に訴えかける力を持っているのだから、その内容の深さをうまく広告すれば、興行成績も上がると思うのだが・・・。

by yokohama7474 | 2015-06-22 00:28 | 映画 | Comments(0)
<< リピーテッド (ローワン・ジョ... 由良三郎著 葬送行進曲殺人事件 >>