ハイネケン誘拐の代償 (ダニエル・アルフレッドソン監督 / 原題 : Kidnapping Freddy Heineken)

e0345320_22362757.jpg
のっけから細かい話で恐縮だが、この映画の原題、プログラムによると、"Kindnapping Mr. Heineken" であり、米国公開もそのタイトルであったようだが、実際映画を見ると、"Kidnaping Freddy Heineken" がタイトルになっている。
e0345320_22364019.jpg
まあいずれにせよ、実話に基づくと冒頭で謳われる映画である。1983年に発生したオランダのビール会社ハイネケンの経営者、フレディ・ハイネケンの誘拐事件の内幕とその顛末を描いている。なんと言ってもフレディ・ハイネケン役がアンソニー・ホプキンスである。見るなという方が無理であろう。

ただ、今回も予告編と本編の間にギャップを感じた。予告編では、囚われの身になったアンソニー・ホプキンスが、青二才の犯人たちを愚弄し、その人生経験で圧倒するというストーリー、例えて言えば、大人版「ホーム・アローン」のように、人質に手を焼いた犯人たちの哀しくもおかしい状況が描かれるのかと思われた。まあそれはひとえに、ハイネケン役がアンソニー・ホプキンスであったことに拠るであろう。なぜなら、レクター博士は、どんな過酷な囚われの境遇でも、その牙を収めることはないからだ。この映画を見る人は、そして気づくのだ。この俳優がもはやレクター博士ではないことを。ここで描かれているのは、まんまと犯罪を完遂したにもかかわらず、理不尽にも (?) 追いつめられる男たちの物語だ。疑心暗鬼、仲たがい、家族愛・・・。とんでもないことをしてしまった人間たちの、人間である所以が丁寧に描かれて行く。

この映画の美点を一言で表すとすると、一滴も血が流れないことだ。犯罪映画でこれは稀有なこと。製作者側の深い配慮もさることながら、恐らくは実在の犯人たちも、血を見るのが嫌いな人たちであったのではなかろうか。実際は分からない。ただこの映画には、「そうであって欲しい」と思わせるような人間的要素が流れていて、それゆえにこそ、これほど大それた犯罪を犯した若者たちの心情に何かピュアなものを見出してしまうのだろう。実際、せっかく犯罪自体をうまくやりおおせたにも関わらず、どこへ逃げようと息詰まるような環境となり、永遠にそこから抜け出ることができない。いかに巨額の金を手にしたとしても、人間はそんな環境に耐えることはできない。ある者はまた犯罪の世界に舞い戻り、引き返せない人生を送り、謎の死を遂げる。何が彼らをしてそのような深い業を抱かしめたのか。

この手の映画は、名も知らぬ俳優が体を張って演技するというイメージがあるが、犯行グループのリーダー各の一人は、超メジャー作「アバター」の主役を演じたサム・ワーシントンだ (「タイタンの戦い」「タイタンの逆襲」でも熱演だった)。ただしかし、彼の顔は決してスターらしくは見えない。昔のスター (例えばポール・ニューマンとかロバート・レッドフォードとか) なら、こんな風な目立たぬ顔を撮る監督とは仕事をしなかったのではないだろうか。この映画、役者にとってもなかなかのチャレンジだったものと想像する。

by yokohama7474 | 2015-06-27 23:11 | 映画 | Comments(0)
<< マグリット展 国立新美術館 リピーテッド (ローワン・ジョ... >>