セミヨン・ビシュコフ指揮 紀尾井シンフォニエッタ東京 (ヴァイリン : ライナー・ホーネック、チェロ : マキシミリアン・ホルヌング) 2015年 7月 4日 紀尾井ホール

室内管弦楽団である紀尾井シンフォニエッタ東京が、第 100回定期に招聘したのは、セミヨン・ビシュコフ。パリ管、ケルン放送交響楽団の音楽監督を歴任した名匠だ。このクラスの指揮者を呼ぶのは、金銭的にもスケジュールでもなかなか大変だと思うが、東京では彼の演奏会はほかにないので、この演奏会のために来日したのであろう。と書いて思い出したが、来週のロ短調ミサも、ビシュコフ指揮と当初発表されたが、その後トレヴァー・ピノックに変更になっている (豪華な変更と言うべきであろう)。
e0345320_00480731.jpg
曲目は、
モーツァルト : 歌劇「フィガロの結婚」K.492序曲
ブラームス : ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調作品102
ベートーヴェン : 交響曲第 7番イ長調作品92
というもの。ビシュコフなら、ベートーヴェン 7番でコントラバスを 10本並べてズンドコやりそうだが、驚くなかれ、この演奏会では、たったの 2本!! 古楽の影響で編成の小型化が進んでいるベートーヴェンの演奏にしても、これは小さい。ビシュコフ、新境地か?!

結果的には、いつもの爆演志向のビシュコフを聴くことができた。指揮棒は使わず、各楽章の提示部は反復するなど、最近はやりの原典主義も伺えたが、ヴァイオリンは対抗配置にはせず、ノン・ヴィブラートも採用していなかった。まあ基本は昔ながらのベートーヴェンを小編成でやったということで、指揮ぶりを見ていても、いつもの荒々しいビシュコフだ。そして事実、オケもよく鳴っていて、紀尾井ホールという小さなホールだからこそであろうか、これだけの小編成とは思えない迫力を現出していた。但し、このオケは弦に比べて管のレヴェルにはより一層改善の余地があるものと思う。

ブラームスのドッペル・コンチェルトでは、ホルヌングという若手チェリスト (1986年生まれのドイツ人。先ごろまでバイエルン放送響の首席) が、ほれぼれするような深い音色で聴衆を魅了した。ライナー・ホーネックは、もちろんウィーン・フィルのコンサートマスターのひとりであり、この紀尾井シンフォニエッタをはじめとして各地で指揮活動も展開している才人だが、私の印象では、「ひとりウィーン・フィル」とも言えるキュッヘルを除いては、ウィーン・フィルのコンマスがソリストとして隔絶しているという事実はない。なので、ひとえにホルヌングを聴くべき演奏であった。

ところで今日のコンサートマスターは、これもバイエルン放送響から来ている、アントン・バラホフスキーというロシア人であった。プログラムに「客演」との記載はないので、この紀尾井シンフォニエッタのコンマスも兼ねているのであろう。それから、コントラバス 2本と述べたが、これがなんと、河原 泰則 (若杉弘の時代からビシュコフの時代まで、ケルン放送響に在籍) と吉田 秀 (現在 N 響首席) であった。日本を代表する豪華コンビだ。終演後、ビシュコフが楽員と握手をして回る際に、河原と二言三言、言葉を交わしていたのが印象的であった。

紀尾井シンフォニエッタには、今後さらにユニークな活動を期待したいところ。

by yokohama7474 | 2015-07-05 01:07 | 音楽 (Live) | Comments(0)