グスターヴォ・ヒメノ指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (ピアノ : ユジャ・ワン) 2015年11月13日 サントリーホール

e0345320_00135027.jpg
既にこのブログでもご紹介した、9/11 (月) に名古屋で聴いたコンセルトヘボウ管弦楽団を、東京でも聴いた。しかも、曲目は全く同じ。
 チャイコスフキー : ピアノ協奏曲第 2番ト長調作品 44 (ピアノ : ユジャ・ワン)
 リムスキー・コルサコフ : 交響組曲「シェエラザード」作品 35

さて、いかに私がオーケストラコンサートが好きと言って、同じ内容のものに 2回出掛けるのは稀だ。いや、もしかしたら初めてのことかもしれない。実情を明かすと、月曜の名古屋での演奏会は、某所のご厚意で会社に招待状が数枚来たうちの 1枚を私が首尾よくせしめた、いや、厳正なる抽選の結果私が権利を頂いたものであったが、この 9/13 (金) のコンサートは、もともと自分でチケットを購入していたものであった。しかし、よくしたもので、このような高水準の内容のコンサートにもなると、2回聴いても全く飽きることがないどころか、様々な発見があった。従って今日は、前回との比較を主に書き留めたいと思う。

と言っても、演奏自体の違いには、特に書くことがない。なぜなら、今回もユジャ・ワンは完璧だし、その銀色で背中の大きく開いたドレスまで前回と同じだ。オーケストラは相変わらず美音で鳴っているし、弦も管も、なんとも鮮やかでたおやかで、かつ迫力もある。もともとこのオケの楽員であった指揮者、グスターヴォ・ヒメノは、やはり楽員との強い信頼関係に基づいて、堂々たる指揮ぶりだ。これ以上何か書くことがあるとすると、この日私が改めて思ったことと、実際に見たことということになろうか。

ユジャ・ワン。このスーパー・ピアニストについては、前回絶賛しつくしたので、今さら贅言を付け加えることはない。
e0345320_00271727.jpg
ただ、この日のチャイコフスキーのコンチェルトの第 2楽章を例に、その表現力の幅を考えてみたい。この楽章には、途中でピアノが連綿と抒情的なメロディを歌う箇所がある。ここで彼女はピアノという楽器における最大限の抒情を、強いタッチで描き出す。何か別の次元に上がって行くような陶酔感があるが、決して感傷的とは言えない。まさにピアノソロが音楽全体を引っ張っている。その一方で、この楽章のユニークな特徴として、ヴァイオリンとチェロのソロが活躍する部分がある。これらの弦のソロが現れるとき、最初はピアノは沈黙するのだが、ふと気づくとそこにそっとピアノが絡んでいて、まるで、弦楽器のピツィカート伴奏つきのピアノ三重奏のようになるのだ。その部分でのピアノは全く控えめで、全体の中に埋没しているとすら言える。室内楽の場合はお互いに目を合わせる位置で演奏するわけであるが、この場合のピアノとヴァイオリンとチェロは、その位置関係から、誰も目を合わせることができない。それにもかかわらず、お互いの音を聴きあうことで、なんとも素晴らしいハーモニーが浮かび上がるのだ。両端楽章ではもちろんバリバリ弾くことが求められるのは同じ作曲家の有名な 1番のコンチェルトと同じだが、そのような派手な箇所だけでなく、この特異な第 2楽章においても、この超絶的ピアニストの本領が発揮されているという点、改めて感じ入った。

この日のアンコールは実に 4曲。実は私の席はステージに向かって右側の RA ブロックで、出演者の出入り口の正面だったのでよく見えたのだが、彼女はステージから下がると汗をふいたり飲み物を飲んだりしながら、何やら考えながらウロウロしている風情だ。スタッフと何か相談しているようにも見える。聴衆のしつこい拍手に応えてアンコールを弾こうか否か思案していたようにも見え、実際、ステージに出てきてからも思案顔であった。究極のプロでありながら、職業で淡々とピアノを弾いていますという感じとは異なる自然さというか、あえて言えば初々しさのようなものを感じる (そういえば、なんともぎこちないあのお辞儀にしてもそうだ)。この不思議な自然さが、彼女の演奏にもよく表れていると思う。この日のアンコールは、まず、シューベルトの「糸を紡ぐグレートヒェン」、次にポピュラーナンバーの「二人でお茶を (Tea for Two)」、それから例のヴォロドス編曲のトルコ行進曲があって、最後はグルックの「精霊の踊り」であった。シューベルトとグルックでは、ここでも感傷的にならずに情緒を丁寧に描き出してみせ、前者などあたかも上品な演歌の雰囲気だ。もうなんでもできてしまうのである。

コンサートからは離れるが、彼女の演奏を未だお聴きになったことのない方のために、手頃な映像で、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」をご紹介しよう。
https://www.youtube.com/watch?v=OJRfImhtjq4&feature=player_embedded

ネット上ではインタビューなどを含む彼女の動画が沢山見つかるが、興味深いのは、中国時代のものもいくつかあることだ。1987年生まれの彼女は 15歳でフィラデルフィアのカーティス音楽院に入学したとのことなので、これらはその前の映像だろうが、前者のショパンのエチュードはどう見ても 10歳くらい。後者のクレメンティのソナチネは、渡米直前くらいだろうか。でも驚くのは、10歳くらいの演奏でも、今日の片鱗があることだ。衣装はちょっと今と違うが (笑)、まさに栴檀は若葉から芳し、である。といっても、まだほんの 10数年前だから、ついこの間でもあるわけですが。おそるべし。
http://nicogachan.net/watch.php?v=sm16021947
https://www.youtube.com/watch?v=zUfF4UMl20c&feature=player_embedded

さて、後半の「シェエラザード」、今回も本当に鮮やかな名演であった。前回ご紹介した第 2楽章のファゴットのミスであるが、今回は奏者がその箇所の少し前に楽器を手入れしていると思ったら、前回音の抜けた箇所に来ると、ほんの一瞬早く出るくらいの周到さで見事に切り抜けていた (笑)。終演後のカーテンコールでは、指揮者はしばし思案したのち、今回もファゴット奏者を最初に指名。前回と同じようにファゴット奏者は指揮者を指差して大笑い。名古屋での椿事をご存じないほとんどの聴衆には、なぜファゴットが最初に指名されたのか全く分からなかったであろう (笑)。尚、今回のコンセルトヘボウ管の来日公演は全部で 6公演あるが、「シェエラザード」の演奏は、名古屋とこの日の東京の 2回だけであった。従って、この指揮者とファゴット奏者のやりとりは、名古屋での前編と東京での後編の 2回。私は幸運にも両方とも見て聴くことができたわけだ。そしてこの日のアンコールは前回の名古屋と同じ。まずはマスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」前奏曲と、リゲティのコンチェルト・ロマネスク (ルーマニア協奏曲) 第 4楽章であった。

さてここで、またまたコンサートを離れて、このグスターヴォ・ヒメノという指揮者について考えてみよう。
e0345320_01155987.jpg
スペイン人で、もともとこのコンセルトヘボウ管弦楽団の首席打楽器奏者であったとのこと。音楽監督マリス・ヤンソンスにその才能を見出され、副指揮者となったほか、ハイティンクやアバドといった大指揮者の補佐も務めたらしい。今、私の手元には、過去のコンセルトヘボウ管の来日公演のプログラムがあるが、最初が 1986年 (あのオイゲン・ヨッフム指揮の素晴らしい演奏!)、それから1991年、1993年、1996年、2000年、2004年、2010年、2013年と、今回を含めて合計 9回だ (加えてこのオケは、本拠地アムステルダムのほか、ニューヨーク、ロンドンと、なぜかロッテルダムでも、ズービン・メータ指揮で聴いている)。そうすると、必ずこのヒメノが打楽器奏者として参加したコンサートも聴いているはずだ。調べてみると来日公演には必ずメンバー表が載っていて、2004年に彼 (Gustavo Gimeno) の名が登場する。Percussion の上から 2人目だ。この後、2010年も、さらには指揮者としてデビューしているはずの 2013年にも、メンバー表に載っているのだ。
e0345320_01283982.jpg
この、オーケストラの打楽器奏者というものがいかに指揮者から遠いか、ひとつのサンプルをお見せしよう。このオーケストラが綺羅星のごとき名指揮者陣と演奏したマーラーの交響曲全曲のブルーレイ・ディスクが手元にあって、その中で打楽器がすぐ出てきそうな 3番の交響曲 (2010年の演奏。ほんの 5年前だ!!) を視聴してみた。すると、いたいた。ここで大太鼓を叩いている。
e0345320_01333754.jpg
うーん。このパート、100分間の全曲の中で、一体何秒出番があるだろうか。もう少し映像を引いてみるとこんな感じ。
e0345320_01344137.jpg
あちゃー、もう完全に「その他大勢」のひとりである (笑)。本当に、このせせこましい大太鼓の場所から、あらゆる音響をひとりで牛耳る華麗なる指揮者の居場所は、限りなく遠いと思われる。指揮者にも様々なパターンがあって、もともと何か楽器をやっている人が多い。あのサイモン・ラトルも、もともと打楽器奏者だ。しかし、名門オケとはいえ、これだけ集団に埋没したところからこれだけ早く出世した、このヒメノのようなケースは珍しいのではないか。打楽器の場所から限りなく遠いはずの輝かしい指揮台へ、コンクール優勝歴も何もなく数年で到達するとは、本当に才能があって、たゆまぬ努力をして、かつそれが認められたということなのだろう。大変いい話、勇気づけられる話ではないか。

終演後、指揮者とソリストのサイン会があったので、参加した。若い頃はよく演奏家のサインをもらったものだが、最近は面倒くささが先に立って、ほとんどその習慣がなくなっていたところ、ブログを書くようになってから、ネタ探しのためにその習慣が復活しつつある (笑)。前回のチェコ・フィルのときと違い、今回は撮影禁止とうるさく言われたので、残念ながらその場の写真はないのだが、ユジャは、とても私服とは思えない、肩を出し、胸を締め付けて谷間を強調した黒い服に、長い黒革ブーツといういでたちで現れたが、その笑顔はなんとも人なつっこいもので、サインを求める年輩の人たちが何人か、なぜだか英語なり中国語で話しかけるのにも、いやそうな顔もせずに、よく喋りながら応対していた。そして、驚きの発見。その右の肩ひもの下には、なんと湿布薬が (白いものではなく、よくある濃いめの肌色の小さいもの)!! 言ってみれば、野球のピッチャーが登板後に肩をアイシングするようなものなのかもしれないが、せっかくファッショナブルに決めているのに、これでは台無しである。見せたくなければちょっと何か羽織ればよいのだから、きっと本人は気にしていないのだろう。さすがスーパー・ピアニスト。余裕です。大物なのだと思います。

せっかくなので、お二人に頂いたサインを披露しましょう。
e0345320_01491018.jpg
e0345320_01492714.jpg
さて、最後にもうひとつ感想を。今回はスペイン人の指揮者、中国人のソリスト、オランダのオケという組み合わせであったわけだが、アンコールを含めて取り上げられた作曲家は、ロシア、オーストリア、ドイツ、イタリア、ハンガリーと、実に様々。演奏者の母国の音楽は皆無だ。このあたり、ロシアのオケがチャイコフスキーばかり演奏したり、チェコのオケがドヴォルザークばかり演奏するのとは一線を画している。このオーケストラが真に国際的な存在であることを再認識した。次回は新音楽監督、イタリア人のダニエレ・ガッティとの来日になるのだろうか。この指揮者にはいささか複雑な思いがあるが、ロンドンでこのコンセルトヘボウを指揮したチャイコフスキー 5番は、素晴らしい演奏であった。来日を期待しましょう。あ、それから来年のユジャ・ワンのリサイタルも、今から待ち遠しい。


by yokohama7474 | 2015-11-14 01:56 | 音楽 (Live) | Comments(0)