第九 エリアフ・インバル指揮 東京都交響楽団 2015年12月26日 サントリーホール

e0345320_23131862.jpg
年末の東京のオケは頻繁に第九を演奏し、5回も 6回も 7回もやるのが普通だが、都響はどうやらつつましやかに (?) 3回だけのようだ。その中の最後の公演を聴いた。指揮は、昨年までこのオケのプリンシパル・コンダクターを務め、現在は桂冠指揮者であるイスラエルの名匠、エリアフ・インバルだ。かつてフランクフルト放送交響楽団を率いてバブル前後の日本でもマーラーとブルックナーをしきりに演奏し、録音ともども絶賛を浴びて以来、東京では既におなじみの指揮者。このクラスの指揮者を日常的に聴ける事実だけで、東京は世界有数の音楽都市であるということは間違いない。

ではここで、このブログではおなじみの、第九チェックシートを見てみよう。
・第九以外の演奏曲
  なし
・コントラバス本数
  8本
・ヴァイオリン対抗配置
  なし
・譜面使用の有無
  指揮者 : なし
  独唱者 : なし
  合唱団 : なし
・指揮棒の有無
  あり
・第 2楽章提示部の反復
  なし
・独唱者たちの入場
  第 2楽章と第 3楽章の間 (合唱団及びティンパニ以外の打楽器奏者も)
・独唱者たちの位置
  合唱団の前 (オケの後ろ)
・第 3楽章と第 4楽章の間のアタッカ
  あり

私の記憶が正しければ、インバルは得意のマーラーでもいつも譜面を見て指揮しているはずだ。それが今回、暗譜での指揮とは少し珍しい気がする。インバルもふと気づくと来年 80歳。しかし音楽の内容は衰えてはおらず、音楽の混沌を容赦なくさらけ出す手腕は相変わらず一流だ。
e0345320_23250873.jpg
私にとって、今年の第九はこれが 3種類目の演奏になるが、明らかにこれまでの 2回に比較して、昔ながらのオーソドックスな第九と言えるであろう。面白かったのは、暗譜での演奏に加え、上のチェックシートにある通り、合唱団も独唱者も、それからティンパニ以外の打楽器 (大太鼓、シンバル、トライアングル) 奏者も、第 2楽章の後でずらずらと舞台に出てきたことだ。独唱者はともかく、合唱団は通常、最初からステージにいるものであって、その理由は恐らく、合唱団の入場にはそれなりに時間がかかるので、楽章の間の入場では合間が長くなりすぎるからではないか。ところが今回の演奏、第 2楽章が終わったところで指揮者が無言のままスタスタと舞台の袖に引き下がり、その後合唱団とソリストが入場してから、最後に指揮者が再入場して演奏会が継続されるという段取りであった。オケにとってはチューニングの機会にもなる。これを見て思い出したのだが、インバルは以前、マーラーのいずれかのシンフォニーでもやはり、楽章間に一度舞台の袖に引っ込んだことがあった。音楽的な意図があるのかそれとも体力温存なのかは分からぬが、これによって音楽の集中力が途切れることもなく、むしろリフレッシュした感じにすら聞こえたので、このやり方が彼には合っているのであろう。

インバルの音楽作りには明快という言葉は似合わないが、ある種の明晰さはあると思う。それは各声部がよく鳴っているからかと思われるが、その流麗とは言い難い指揮から、何かにじみ出るように楽員に伝わるものがあるようだ。第 1楽章の闘争は、まさに道の見えない中でのもがきと、その対極として時折差してくる光明の交差であるが、インバルは、そのいずれもが人生の実像であるような音楽を奏でる。そこに続く第 2楽章は、深刻さの対極である諧謔味を放射して、マーラーのスケルツォの先駆を思わせることになり、あたかもそこは 2つの楽章を通した一貫性があるかのようである。ところが次の崇高な第 3楽章アダージョは全く異なる音楽。であるからこそ、第 2楽章の後に小休止があって演奏者たちがゾロゾロ入ってきても、その後に続く第 3楽章が始まったとき、全く違った段階に音楽が入ったことが感じられ、むしろ前の楽章から時間が空いたことに説得力がある (ちょっと違うが、マーラーの第 2番「復活」の第 1楽章の後の休止を思い出してもよいかもしれない)。ここでもアダージョは、ブルックナーやマーラーに直接つながる音楽として響く。人間の抱える凶暴さと優しさの矛盾を、延々とメロディをつむぐヴァイオリンがすべて押し流して行く。音楽が立ち止まりそうになると、そこには言い知れぬ深淵が顔を覗かせる。これぞ晩年のベートーヴェンの音楽だ。そしてクライマックスの第 4楽章は、着実な歩みから馬鹿騒ぎに至る、長い道程だ。インバルの指揮は確信に満ち、都響がそれをしっかりと音にしている。名演だ。

独唱・合唱は以下の通り。ソプラノを除いては皆、二期会の歌手だ。
 ソプラノ : 安藤 赴美子
 アルト : 中島 郁子
 テノール : 大槻 孝志
 バリトン : 甲斐 栄次郎
 合唱 : 二期会合唱団

手慣れた歌唱であって特に不満はないが、これまでの第九演奏で外人歌手がユニークな味を出しているのを聴いたので、その差には若干思うところがあったことは否めない。ただもちろん、日本でこれだけ演奏されている第九のレヴェルの高さの一端は、明らかに歌手の皆さんに支えられている。合唱団もしかりである。

さて、演奏とは直接関係ないが、この第九では、独唱者だけでなく合唱団や打楽器奏者まで、曲の途中で入場するケースが普通になっているが、それはこれらの人たちは終盤にしか出番がないからだ。でも実は、最初からステージにいるのに、最後のたった 10分くらいしか演奏に参加しない楽器があるのである!! その奏者の人たちは、実に忍耐が必要であろうと思うのだ。なにせ、終楽章後半のトルコ行進曲以降しか参加しない大太鼓、シンバル、トライアングルよりもさらに出番が遅いのだ!! その楽器とは、トロンボーン。
e0345320_23571409.jpg
この楽器を交響曲で世界で最初に (少なくとも現在知られている交響曲の中では世界で最初に) 使ったのは、ほかならぬベートーヴェンであった。交響曲第 5番の終楽章である。同時期に書かれた交響曲第 6番「田園」でも使われている。その後 7・8番では使われず、この 9番でまた使われるのであるが、もともとこの楽器は、専ら宗教曲で神々しさを表すために使われていたもので、この曲でも大詰めになってようやく、スケールの大きい、宗教的と言ってもよい音響をもたらすために満を持して登場するのだ。いやはや、トロンボーンの皆様、お疲れ様です。私はいつもその登場を心待ちにしております。

それから、これはコンサートからも外れてしまう話題だが、大変悲しいことがひとつ。私はサントリーホールに少し早く着いてしまったときなど、ひとつ上の階にある書店、丸善に立ち寄るのを楽しみにしていた。狭い敷地ながら、芸術関係の新刊などはかなり充実しているからだ。実は今回もエスカレーターを昇って丸善に向かったのであるが、窓が何やら白い。嫌な予感がして貼り紙を見てみると、「12月25日 (金)をもって閉店しました」とのこと。アークヒルズで働く人たちも多く、それなりに賑わっている書店だと思っていたのだが、やはりこのような時代になると、店舗で書店を維持して行くのはそれだけ難しいということか。なんとも淋しい気分だ。

さて、丸善がなくなってしまおうと、インバルはまた来年も 3月、9月にやって来る。これまたお得意のショスタコーヴィチや、バーンスタインの交響曲 3番「カディッシュ」など、楽しみな演目がずらり。どれを実際に聴けるかは分からないが、頑張ってなるべく聴きたいとは思っている。彼の今後のますますの活躍を期待して、我が家にあるインバルの録音で最も古いものの写真を掲載しておく。1973年に国内発売されたアナログ・レコードで、名門コンセルトヘボウ管を指揮したドビュッシーの「海」と夜想曲だ。最近では彼のフランス物を聴く機会はあまり多くないので、これはこれで貴重なものだろう。
e0345320_00270540.jpg

by yokohama7474 | 2015-12-27 00:30 | 音楽 (Live) | Comments(0)
<< 第九 パーヴォ・ヤルヴィ指揮 ... 村上隆の五百羅漢図展 森美術館 >>