ダニエル・バレンボイム指揮 シュターツカペレ・ベルリン ブルックナー・ツィクルス第 5回 2016年 2月14日 サントリーホール

e0345320_11321826.jpg
今日の東京は朝から大荒れ。川沿いに住む我が家は、吹きすさぶ春一番の強風と横殴りの雨が直撃し、まさに戦争の最前線の様相だ。しかし昼前には天気は持ち直し、最高気温 23度という、この季節にしては異常な高温。いながらにして自然の猛威を体感した私は、いつものヘラヘラした感じではなく、いささか神妙な面持ちで通いなれたサントリーホールに向かったのであった。

今回の曲目は、ブルックナーの交響曲第 5番変ロ長調ただ 1曲。昨日バレンボイム自身が語っていた通り、ブルックナーの交響曲の中でも偉容を誇る大作だ。今回のツィクルスで初めて、前座にモーツァルトのピアノ協奏曲が演奏されることもなく、ブルックナー 1曲だけだ。因みにこの 9曲のツィクルスでブルックナーの交響曲だけの演奏は、この 5番に加え、7番と 8番だ。さぁそのような大作が日曜日に演奏されるというのに、なんたること、会場はそこここに空席が。初回、交響曲第 1番とどっこいどっこいかと思われる入りの悪さだ。これは一体どうしたことか。まさか朝の嵐で鉄道が停まっているとか、あるいは今日がヴァレンタイン・デーであることが関係しているのではあるまいな。まぁ、オッサン度の高いコンサートだけに、後者はあり得ないわけであるが・・・。だがここで私は高らかに申し上げよう。この日の 5番こそ、日本のブルックナー演奏史に残る大変な名演であったことを。東京にいるクラシックファンでこれを聴かなかった人は、申し訳ないが今すぐ懺悔して頂き、一生ブルックナーとは縁がない生活を送ることを覚悟頂いた方がよいのではないか。

冗談はともかく、明らかにこれまでの 4回のどの演奏をも凌ぐ凄まじさは、そうそう体験できるものではない。まず演奏前に舞台を見回すと、弦楽器の編成こそ最初から変わらない 16型 (コントラバス 8本) だが、いわゆる倍管と言って、木管が各 4本。金管も昨日までの倍である。そしてティンパニまでが 2対。この大編成が終楽章であの乾坤一擲のクライマックスを演出するかと思うと、見るだけで興奮して来る。昔、88歳にしてこの曲でシカゴ交響楽団にデビューした朝比奈隆が、金管を倍増しようとしたところ、楽員から、自分たちが普通の倍の音を出すから大丈夫だと言われたというエピソードがあったが、当時そのシカゴ響の音楽監督であったバレンボイムが 70代にして演奏するブルックナー 5番は、さていかなる演奏になるのだろうか。プログラムに載っているバレンボイムの言葉には、以下のようなものがある。「日本にも、すばらしいブルックナー指揮者がいましたね。朝比奈隆。私が音楽監督を務めていたシカゴ交響楽団で、ブルックナーを振りました (注 : 5番のあとに 9番も振っている)。私は残念ながらそこには立ち会えなかったのですが、録音などから多くを学びました。思うに彼は、ブルックナー演奏に不可欠な大きなラインというものをどう表現するべきか、独自につかんでいたのだと思います」--- なるほど、今や現代を代表するブルックナー指揮者であるバレンボイムも、朝比奈から学んでいたとは、なかなかに興味深い話である。演奏前に客席を見ると、第 2回にも聴きに来ていた指揮者パーヴォ・ヤルヴィの姿が。前回は付き添いの日本人女性がいたが、今回は単独での登場だ。今日は確かに N 響との演奏会の谷間。私がこのブログでも採り上げた通り、彼はつい先日、手兵 N 響でこのブルックナー 5番を採り上げたばかり。それから、考えてみればバレンボイムとヤルヴィは、パリ管弦楽団の音楽監督として先輩・後輩の仲。果たして今回の演奏をどう聴くだろうか。これこれ、私が聴きに来ていることはくれぐれも内密に頼むよってか。
e0345320_22533966.jpg
この曲の冒頭は、静かな低弦のピツィカートに乗って、雲の流れのようなヴァイオリンが漂って行くのであるが、そこに立ち現われる神秘性は、並大抵のものではなく、早くも名演の予感。この第 1楽章のバレンボイムは、今回のツィクルスで初めてと思われる (そしてツィクルスの残りでも二度と出てこないと思われる) オケに対する大きな煽りを見せた。テンポは速いが、先のヤルヴィと N 響のような軽さはなく、重いのだ。指揮者があまりに煽り立てるので、珍しくオケが崩壊寸前になるような場面もあり、その緊張感は尋常ではない。まさに音の炸裂である。アダージョの第 2楽章は、一転して深い呼吸が支配する陰鬱な世界。正直なところ、先のヤルヴィ / N 響では聴けなかったような深遠な音世界が広がっていて、私がこれまでに聴いたこの曲の演奏の中でも出色の出来だったと言ってもよいだろう。第 3楽章スケルツォも、小気味よい鳴りが最初から最後まで続き、そして終楽章に入って行く。ベートーヴェンの第九に倣ったと言われる、先行楽章からのテーマの再現 (でも、いつも不思議なのだが、なぜスケルツォ楽章の回顧はないのだろうか) に、飛び跳ねるクラリネットが絡みつき、それからド迫力の二重フーガが始まるのだが、その入りのチェロの音は、汚いまでの鋭い切り込みだ。そして到来する、倍管の全金管楽器が参加する 3回のファンファーレ。弦、木管、打楽器が沈黙する中、金管だけが壮大なテーマを奏で、そのあとを、まるでバッハの受難曲のイエスの言葉を飾るような弦楽器の威厳とともに伸びて行く音が続く。ここでブルックナーは明らかに神の出現を自ら体感しているのであろう。だがその神は、ただ威厳を持って中空に存在しているのではなく、凄まじい音のドラマを巻き起こすのだ。鳥肌立つ巨大な音響で曲が終わった瞬間、聴衆は皆、今日の春一番のごとき音の威力で客席にはりつけられ、身動きできないかのようだ。そして沸き起こる拍手とブラヴォー。最初から数名の人たちがスタンディング・オベイションをし、そしてその中のひとりが、ほかならぬパーヴォ・ヤルヴィである!! 彼は自身のこの曲の演奏と今日の演奏との比較を、どのように行ったのであろうか。

昨日の 4番の演奏はほとんど満員の聴衆から、指揮者をひとりで呼び戻すだけの拍手が沸いたが、今日は比較的少ない聴衆から、当然のように同じ現象が発生した。いや、今日の演奏の凄まじさを反映して、舞台の回りに押し寄せた聴衆の数は昨日とは比較にならないほど多く、拍手を受けるバレンボイムもこの表情だ。
e0345320_23235043.jpg
このシリーズの記事で、バレンボイムの過去の演奏についてあれこれ書きたいと思っていたが、毎回ブルックナーの勢いに圧倒されて、どうもそんな気になれない。だが今回は少し古い話題を披露しよう。未だゲオルク・ショルティが音楽監督であった時代のシカゴ交響楽団の来日演奏会において、ショルティとバレンボイムが指揮を分け合ったことがある。1986年のことだ。今からちょうど 30年前。ショルティの演奏会後、楽屋からそのショルティが出てくるのを待っていると、その日は自分の出番ではなかったバレンボイムが出てきたので、どさくさまぎれにサインをもらったことがある。いかにもうるさそうに書いてくれたサインはこれ。でもちゃんと名前を読み取ることができる。
e0345320_23401274.jpg
このシカゴ響のプログラムに載っている当時の CD の宣伝はこれだ。私にとっては別になんということはない、なじみのあるバレンボイムの写真だが、当時を知らない若い人にはちょっとしたタイムスリップの感覚かもしれない (笑)。
e0345320_23412658.jpg
そんなわけで、「9曲のブルックナー」の途中で既に「究極のブルックナー」を体験してしまったわけであるが、残念なことに私は明日から海外出張で、第 6回と第 7回を聴くことができない。だが、締めくくりの第 8回、第 9回には幸いにして行くことができるので、またそのレポートで皆様と再会のことと致します。

Commented by 吉村 at 2016-02-15 12:31 x
本当に素晴らしかったですね。まさに、かなしばり状態でした。文句なく、今まで聴いたブルックナーのベストでした。これに次ぐのは、ザルツブルクで聴いたティーレマンの同じく5番です。明日の7番と金曜日の8番どうなってしまうんでしょう。
Commented by 吉村 at 2016-02-17 07:35 x
7番も素晴らしかったです。パーヴォヤルヴィが、また聴きに来てました。一瞬隣に座ったんですが、音楽関係者席みたいな感じの場所に移っちゃいました。
スケルツォでは、オケが追い込まれて、菅が少し乱れましたが、熱演の証という感じでした。
Commented by yokohama7474 at 2016-02-17 18:47
早速の情報、ありがとうございます。なんとなく、7番の演奏も想像できます。金曜の 8番が楽しみですね。
by yokohama7474 | 2016-02-14 23:44 | 音楽 (Live) | Comments(3)