ダニエル・バレンボイム指揮 シュターツカペレ・ベルリン ブルックナー・ツィクルス 第 9回 2016年 2月20日 サントリーホール

e0345320_11321826.jpg
途中歯抜けながらもここまでその成り行きを見守ってきた、日本では前代未聞のバレンボイムとシュターツカペレ・ベルリンのブルックナー・ツィクルスの、今日が最終回。曲目は以下の通りである。
 モーツァルト : ピアノ協奏曲第 23番イ長調K.488 (ピアノ : ダニエル・バレンボイム)
 ブルックナー : 交響曲第 9番ニ短調

これまでの恒例に従い、ちょうどこの時期に N 響との演奏会のために日本に来ている同オケの首席指揮者、パーヴォ・ヤルヴィが客席にいるか否かが、まぁしつこくて申し訳ありませんが (笑)、演奏開始前の今日の興味のひとつであったが、今日のチケットは 9回のツィクルスでもどうやら最初に売り切れたようで、当日券の販売はなし。それどころか、会場前には「チケット求む」の札を下げた人が数名並ぶという異例の事態と相成った。そのせいかどうか、会場にはどう見渡してもヤルヴィの姿はない。実は後で調べて分かったことには、私は前回の記事で、「ヤルヴィと N 響の演奏会は終了した」と書いたが、ところがどっこい、今日 2月20日 (土) は大阪で、明日 2月21日 (日) は福岡で演奏会があるのだ。なるほど、ではここにいるわけもない。その代わりと言うべきか、客席で見出したのは、やはりブルックナーとマーラーで世界にその名を轟かせるイスラエルの名指揮者、エリアフ・インバルだ。インバルについては昨年末の第九で少し書いたが、以前のフランクフルト放送交響楽団の音楽監督 (つまり、その点ではパーヴォ・ヤルヴィの先輩だ) として、また、もと東京都交響楽団のプリンシパル・コンダクターとして、日本でもおなじみの巨匠だ。ただ、彼が次回都響に登場するのは 3月後半。なぜに今この時期に日本にいるのか。実はこのシリーズの最初の方から、いかにもユダヤ人らしい鷲鼻の人が客席にいるのは分かっていて、インバルに似ているなぁと思っていたが、少し小柄で表情が柔和、そして色白であることから、インバルではないだろうと思っていたのだ。だが、前回の記事にコメントを頂いたことから今回は 1階客席をよく見ていたところ、うん、少なくとも今回はインバルに間違いない。1階 7列目の左ブロックに座っていた。これまで私が別人と断定していた人と同一人物であるか否かは判然としない。どなたか確信おありの方、是非お知らせ下さい。
e0345320_22070312.jpg
雑談はこのくらいにして、今日の演奏について少し語ろう。まず最初のモーツァルトだが、やはり今回も自由闊達、オケとの親密さがなんとも素晴らしい演奏であった。そもそもこの 23番は、終楽章がヤマハ・クラヴィノーヴァの TV CM で以前使われていたことから分かる通り、万人が浮き浮きするような天下の名曲なのであって、そこに流れるような音楽がある限り、人々を幸せにする、本当に特別な曲なのだ。やはりバレンボイムが弾き振りをするモーツァルトのピアノ協奏曲には、軽薄でないドラマ性と音楽の愉悦感が隅々まで行き渡っている。この後ブルックナーが控えていることすら忘れさせてくれる素晴らしい時間であった。特に第 2楽章から切れ目なく続けられた第 3楽章の素晴らしさ!! そして演奏後、聴衆の拍手に応えてバレンボイムのソロ・ピアノでアンコールが演奏された。これまでに、ブルックナー 6番の前座で演奏された協奏曲第 22番だけは聴けなかったが、それ以外のこのシリーズではアンコールは初めてである。演奏されたのは、同じモーツァルトの傑作、ピアノ・ソナタ第 10番ハ長調 K.330 の第 2楽章だ。この曲は 18世紀の典型的な貴族の音楽ではなく、忙しい日常の中で過ごせるほんの短い休息の間に響く音楽という体の、緩やかで情緒豊かな曲なのである。バレンボイムの大きな表情をつけながらも静謐な演奏は、現代人の心に沁み渡って行くようだ。このアンコールが終わったあと、私は先のピアノ協奏曲第 23番の例も思いながら、どうにも我慢できず、勝手に心の中で続きの第 3楽章を口ずさんでいたのであるが、なんということ、すぐにまたバレンボイムはピアノの前に座り、その第 3楽章を淡々と弾き始めたのであった!! そこには協奏曲の演奏から続く音楽の流れがあって、今自分はここでこれを弾かなければという思いで奏されたものであると感じた。

そして、未完ながらもブルックナーの白鳥の歌である第 9交響曲だ。全 9回のシリーズを締めくくるにふさわしい、ブルックナーの交響曲としても前作第 8番に並ぶ、いや、見方によってはそれを凌ぐような深遠な曲である。第 8番と同じく、ベートーヴェンの第 9に倣ってか、スケルツォ楽章が第 3楽章ではなく第 2楽章に来ている。しかもそのスケルツォは、今までのブルックナーの交響曲と異なり、中間部 (トリオ) が主部よりも急速なのだ。おぉ、この点もベートーヴェンの第 9と同じではないか。加えて、自分がこの曲を完成させずに死んだら、宗教曲テ・デウムを終楽章の代わりに演奏してくれと言った作曲者の思いは、ここでもやはりベートーヴェンの第 9に飛んで行っていたのではないか。それにしても、緩徐楽章が第 3楽章でよかった。もしこれがスケルツォだったら、曲の終わりにならないではないか (笑)。この緩徐楽章、7番や 8番のそれと同様、深い情緒に満たされた音楽なのだが、私の思うところ、前 2作に比べてドラマ性がより高く、ここで作曲者はこの世への別れを告げている、つまり、この楽章が最後になっても聴衆に満足を与えるように作られたものではないか。
e0345320_22402451.jpg
今回のバレンボイムとシュターツカペレ・ベルリンの演奏、大変素晴らしいものであったとは思う。だが、前日の第 8番同様、この特別なシンフォニーの演奏には、やはり何かもっと特別なものが欲しかったのも事実である。各パートの音は充実したものであったし、ドラマティックな展開も聴き手に強く訴えて来た。だが、一体なんだろうか。ここで私は感動の涙を流すことはないのだ。私が生演奏で経験したこの曲の演奏では、例えばあのギュンター・ヴァントと北ドイツ放送響の奇跡的なものとか、あるいは終楽章でフルートが天空に舞い上がって行方不明になってしまった (?) スクロヴァチェフスキ指揮の読響によるものもあった。比較の対象のレヴェルが高すぎるという気もするが、今や 73歳の巨匠であるバレンボイムに望むものは、やはりそのようなレヴェルであると言うしかない。いやもちろん、最後の和音がやんだとき、ここまでの 9曲の連続演奏の気が遠くなるような音の密度を思い出して感動したことは事実。また、ブルックナーという特殊な作曲家についての理解が深まったのも事実。だが、魂が震えるほどの感動はなかった。その意味で、バレンボイムが奏でた「9曲のブルックナー」を、「究極のブルックナー」と呼びかえるのは差し控えておこう。音楽の奥深さを改めて思い知る。

終演後の指揮者インバルの様子を見ると、ほとんど拍手をしていない。時折思い出したように、神社の柏手のようにパン・パンと手を叩き、それっきりだ (笑)。そして私は目撃したのだ。インバルの後ろの列にいた人が、あろうことかフラッシュをたいて舞台上のバレンボイムの写真を撮ったことを。それを見た係員の女性が猛ダッシュでその場所に直行したが、いかんせん、既にカメラは仕舞われていて、誰が「犯人」であったのか分からない。そこで係の女性は何をしたか。何やら怪しい外人で、満場の大喝采の中、ひとり拍手もしていないユダヤ人に向かって、厳しく注意したのだ!!!! おぉー、天下の巨匠エリアフ・インバルに無実の罪を着せてしまう東京。本人は、きっと注意の言葉が聞こえなかったのだろう、何やら怪訝な顔つきで係員をポカンと見ている (笑)。インバルにとってはイスラエルの後輩にあたるバレンボイムがステージ上で輝かしい賞賛を浴びている中、濡れ衣によって非難されてしまうことの理不尽さを噛み締めたことであろう。

さてここで、今回のツィクルスを終えるにあたって、バレンボイムの音楽を巡るひとつの言説をご紹介しよう。彼は若い頃、天才チェリスト、英国人のジャクリーヌ・デュ・プレと結婚したが、デュ・プレが多発性硬化症を発症し (結局彼女は 1987年に 42歳の若さで死んでしまうのだが)、闘病生活を行っている最中に別の女性と暮らし始め、病床のデュ・プレに冷淡であったとして、未だにロンドンでは人気が低いと聞く。
e0345320_23032705.jpg
私もデュ・プレの残された録音はほとんど聴いたが、いやそれはもう、凄まじいものである。そして、彼女の病気との格闘を描いた映画が、名女優エミリー・ワトソンを主演に迎えた「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」(1998年) である。
e0345320_23052052.jpg
この映画の中にはバレンボイム役の俳優も出てきて、病気を抱えるデュ・プレとのなんとも生々しい夫婦間の距離が描かれるのであるが、多分、名誉棄損で訴えられないギリギリのところまで法的な確認をしたのであろうと思われるほど、その状況はリアルに描かれている。そしてこの映画には、デュ・プレがバレンボイムに向かって放つ、以下のような言葉がある。「あなたの演奏を聴いて涙を流す人がいるかしら」--- これは本当に仮借ない言葉だ。バレンボイムは若い頃から優秀な音楽家であった。だが、その音楽に身も世もないくらい感動した経験を持つ人が、どのくらいいるだろう。私がこれまでに読んだ彼の本には、「音楽に生きる」という自伝 (今出ている改訂版ではなく初版) と、それから、West East Divan Orchestra を一緒に作ったパレスティナ人のエドワード・サイードとの対談集「音楽と社会」があるが、いずれもかなり硬派な本である。特に前者は、バレンボイムのこれまでの音楽人生が語られていて興味深く、あのフルトヴェングラーと一緒に写った写真 (背中を向けている少年がバレンボイム。右が彼の父親) なども掲載されている。
e0345320_23242080.jpg
この自伝には、これまでに出会った優れた音楽家の思い出があれこれ綴られており、細君であったデュ・プレにも触れられている。ところが、普通なら若くして逝った天才に対する敬意を払い、英国人の彼女がけなげにもユダヤ教に改宗してまで、ユダヤ人バレンボイムについて行こうとしたことを感傷的に書いてもよいのに、そのあたりについては一切触れられていない。ただ単に、優れた音楽家としてのデュ・プレにだけ言及があるのだ。このあたりが、上述の通り、英国で未だに彼が恨まれている理由のひとつであろう。

だが、私の数々のバレンボイム経験に基づいて言うと、そんな彼の演奏を聴いて涙が出そうになったことが一度だけある。それは、ニューヨーク在住時にかの地のカーネギー・ホールで聴いた、バッハの平均律クラヴィア曲集の連続演奏会であった。そのとき私は、デュ・プレの呪いの一言が溶解したと思ったものだ。願わくばいつの日にか指揮の分野で、彼の音楽に涙する日が来ることを祈ろう。

いずれにせよ、この 9回の連続演奏会は大変な快挙である。この後、シュターツカペレ・ベルリンは、バレンボイムではなくダーヴィト・アフカムという指揮者のもと、金沢、広島、福岡を回るようだ。この指揮者については知識がないが、インドの血をひく若手のホープである由。オケにとっては引き続き大変な行程が続くが、もうひとふんばり頑張って下さい。現代楽壇のドン、マエストロ・バレンボイムについては、また次の機会を楽しみにしたいと思う。
e0345320_23364173.jpg

Commented by やすぷんた at 2016-02-21 00:58 x
詳細な実況中継有難うございます(^^;;
19日もインバルらしき人は確かに7列目にいらっしゃいました。赤いマフラーをかけてすみませんと言いながら席についていらっしゃいました。5番の時は中央ブロックでヤルヴィと同じ様にスタンディングオベーションしている姿が視界に入り、その向こうにで、RCブロックから足早に帰る井上道義さんの姿も拝見しました。

私もかつてヴァント北ドイツの9番の3日目の演奏で深い感動を得た者の1人です。
ブルックナーのシンフォニーを日替りで演奏してしまうような軽さが、感動を薄くしてはいないかと感じています。

いずれにせよ未曾有のイベントに注目されていた方々が沢山居られたことに間違いはなく、東京も凄い場所になったなと感慨深いです。昔ウィーンでメータ指揮でバレンボイムが弾くブラームスのコンチェルトを聴くなんとも贅沢な機会に恵まれましたが、ピアニストとしてのバレンボイムはやはり格別だと思いました。会場でホルストシュタインや小澤征爾が普通にウロウロしており、やはり本場は違うなとびっくりした記憶がありますが、今回のサントリーホールも同じような場であったのだと感じております。

Twitterではインバルそっくりさんで本人ではないとのつぶやきがありましたが…
Commented by yokohama7474 at 2016-02-21 22:25
> やすぷんたさん
コメントありがとうございます。インバルの「真贋」(笑) については論争があるわけですね。私は RB ブロックの 1列目から 1階をよく見渡せましたが、5番までの回では、これはそっくりさんだろうと思われる方が 14列目くらいの真ん中のブロックに座っていたのに対し、今回は違う人が違う席に座っていたので、こちらは本物ではないかなと思ったのでした。東京は世界的な音楽都市ですので、このようなアーティスト同士の邂逅も、これからますます珍しくなくなるでしょうね。
by yokohama7474 | 2016-02-20 23:37 | 音楽 (Live) | Comments(2)