山田和樹指揮 日本フィル マーラー・ツィクルス 第 5回 2016年 2月27日 Bunkamura オーチャードホール

e0345320_23302812.jpg
このブログで何度か賞賛の言葉を書いている若手指揮者のホープ、山田和樹が日本フィル (通称「日フィル」) とともに 3年がかりで取り組んでいるマーラー・ツィクルスも、今回が第 5回となった。会場となる渋谷の Bunkamura には、入り口にこのような大きなのぼりが掲げられ、宣伝にも力が入っている。そのおかげか、今回の演奏会のチケットは完売だ。
e0345320_21414200.jpg
先月の第 4番の記事でも書いた通り、このシリーズではマーラーの交響曲の前に武満徹の作品が必ず演奏される。今回の曲目は以下の通り。
 武満徹 : ア・ストリング・アラウンド・オータム (ヴィオラ : 赤坂智子)
 マーラー : 交響曲第 5番嬰ハ短調
おっと、マーラーの 5番といえば、つい昨日もチョン・ミョンフン指揮東京フィルの演奏を聴いて、記事を書いたばかり。連日のマーラー 5番体験となる。これは興味深い比較になるだろう。

山田はしばしば演奏前に自ら聴衆に対して曲目解説をしていて、このマーラー・ツィクルスでも毎回そうなのである。今回も開演 30分前に燕尾服で登場。マイク片手にユーモラスな語り口で喋り始めた。まず武満の曲に関しては、この曲の初演が 1989年にパリで行われた際にヴィオラ独奏を務めた、日本が世界に誇るヴィオリスト、今井信子の名が言及され、今日のソリスト赤坂智子は今井の弟子であると説明された。
e0345320_21534135.jpg
赤坂はスイスのジュネーヴ在住であり (今調べて分かったことには、今井もジュネーヴ音楽院で教授を務めている)、同地に所在するスイス・ロマンド管弦楽団の首席客演指揮者を務める山田とは同地で面識を得たとのこと。そしてマーラー 5番の解説に入ると、たまたま武満の曲で使用するためにピアノが置いてあるのを見つけ、それを弾きながらの熱の入った講師ぶりだ。山田いわく、9曲からなるこのシリーズの今回が折り返し地点で、先月の 4番のときとはまた違った緊張感があるとのこと。この曲は、周知の通り、マーラーがウィーンの音楽監督に就任し、妻アルマと結婚した頃に書かれており、ウィーンへの思い、結婚への思い等々がないまぜになっている。第 1楽章の葬送行進曲は、ユダヤ人作曲家 = 指揮者としてマーラーの先輩にあたるメンデルスゾーンの有名な結婚行進曲に倣いながら、ダダダ・ダーンというベートーヴェン由来の「運命」の主題を織り交ぜて作られているとの説明には、聴衆の誰もが興味を持って聞き入ったことだろう。前回もそうであったが、今回も途中でスタッフが舞台の下にやってきて、そろそろ終わりですよとの合図 (今回は手紙形式だったが 笑) を送り、山田も渋々説明を切り上げる。

武満の「ア・ストリング・アラウンド・オータム」は、フランス革命 200周年を記念して 1989年にケント・ナガノ指揮パリ管弦楽団によって初演された。ストリングとは弦のことで、秋の雰囲気の中、ヴィオラ独奏がオーケストラと美しく溶け合い、また反撥しあう曲だ。「ドビュッシーとメシアンを生んだフランスのひとびと」に捧げられている一方で、詩人大岡信の「秋をたたむ紐」(紐も、英語では string なので、題名は掛け詞なのだろう)のイメージに基づいている。武満らしい叙情を、赤坂のヴィオラと山田 / 日フィルが繊細に描き出していた。

そしてメインのマーラー 5番であるが、山田の指揮は緻密にして柔軟。あの瞬間この瞬間に、これぞまさにマーラーという音が鳴っており、昨日のチョンの指揮に感じた違和感は、ここにはいささかもない。例えば第 1楽章で、同じ音型の繰り返しの中、2回目にはヴィオラが加わってドキッとする場面。第 2楽章で深刻な盛り上がりのあと、ティンパニの弱音での連打をバックにチェロが静かに呻吟する場面。第 3楽章で、その後の最終楽章のクライマックスで出てくるコラールが鳴り、でもそれがここでは崩れ落ちて行く場面。第 4楽章で、弦がずり上がって芳香を放つように宙に消えて行く場面。第 5楽章で、先の第 4楽章アダージェットのテーマがテンポを速めて切れ切れに出てくる、喜びの中に焦燥感と切実感のある場面。若干戯画的と言ってもよいような明快な山田の指揮は、その見通しのよさによって、リアルなマーラー像を描き出していたと思う。まだ 30代の山田が、恐らくはこれまでの聴き手としての豊富なマーラー体験を反映させたとおぼしき語法を駆使しているのを見ると、大げさなマーラーが過去のものとも思われてくる。だがもちろん、そこには山田なりの個性が充分に現れており、第 1楽章のテンポは通常より遅めだったし、第 4楽章に至っては、ほとんど止まってしまうように思われるほどゆっくりなテンポであった。また、開演前の解説でも説明していた通り、この曲は第 1・第 2楽章が第 1部。第 3楽章が第 2部。第 4・第 5楽章が第 3部という三部構成であり、第 1部の終わりと第 2部の終わりでは指揮棒を指揮台に置いて、区切りをはっきりさせるのみならず、オケにも毎回チューニングをさせる周到さだ。こんなことをした指揮者は見たことがない。

それにしてもこの指揮者、体の動きと出てくる音の一体感が素晴らしい。童顔ながら大変奥の深い懐を持っているのである。次回のツィクルス、来月の第 6番も楽しみだ。
e0345320_22293503.jpg
ところで私の手元には、ウィーンで購入した "The Mahler Album" という英語版の写真集がある。編集は、マーラー・ファンにはおなじみであろう、あのギルバート・キャプランだ。そう、マーラーの第 2交響曲「復活」に入れあげて、自費で様々なオーケストラ (ウィーン・フィルを含む!!) でこの曲を指揮・録音しているあのオジサンだ。この写真集、35年来のマーラー・ファンである私でも見たことがない写真が満載で、なんとも興味深いのであるが、その中から 1枚を紹介しよう。1903年、ということはこの第 5交響曲初演の翌年にマーラーがバーゼルで「復活」を指揮したときの写真で、当時結婚後 1年しか経っていない妻アルマとの、現在知られている最初のツーショットだ。
e0345320_22365961.jpg
マーラーよりも19歳年下であったアルマについては、様々な資料や論評もあり、結局のところ愛妻であったのか恐妻であったのか、評価は分かれるであろうが、マーラーにとってのミューズであったことには間違いはなかろう。だが、この写真、当時 24歳であったはずのアルマの表情はどうだろう。あんまりミューズという感じはしないなぁ (笑)。年表を見ると、この年に次女アンナ・ユスティーネが生まれているので、このアルマのお腹は妊娠中ということを表しているようだ。それもあってアルマはあまり愉快な気分ではなかったのかもしれない。一方のマーラーの深刻な表情はどうだ。たった 1枚の写真だが、マーラーの生涯と数々の作品を思うと、ここからいろいろな想像が沸こうというもの。幸せの絶頂から彼の人生はどのようになって行くのか。山田のマーラー・ツィクルスとともに探訪して行こう。


by yokohama7474 | 2016-02-27 22:52 | 音楽 (Live) | Comments(0)
<< 大野和士指揮 東京都交響楽団 ... チョン・ミョンフン指揮 東京フ... >>