アイ アム ア ヒーロー (佐藤信介監督)

e0345320_23112040.jpg
以前このブログの記事でも何度か触れた通り、私はゾンビ映画ファンである。それは、遠くはジョージ・A・ロメロの感動の名作、未だに思い出すのも恐ろしく切ない "Dawn of the Dead" (日本公開名はその名もずばり「ゾンビ」) から、ブラピ主演の「ワールド・ウォーX」、そして今なら触れてもよいだろう「メイズ・ランナー2」、あるいは、いかにマイナーであろうと世界がひれ伏すべき傑作 (?)、「ゾンビ大陸アフリカン」まで。ゾンビ映画の鉄則は、原因不明の病原菌によって死者が動き出すこと、ゾンビによってひとたび噛まれようものなら、自らも命を落としてしまい、ゾンビとして蘇生すること。そのゾンビを倒すには、頭部を完全に破壊する必要あること。うーむ、こうやって書いていても、ゾンビ映画の持つ独特の絶望感に胸がうずく。それはそうだろう。つい先刻まで、仲間として勇気と知恵をもってともに命を懸けていた者が一旦ゾンビになるや、話しても通じない、ただの低能殺人マシンに成り下がってしまうのだから。おー、本当に怖いぞこれは。

そしてこの映画。これまでの日本映画でここまで仮借ないゾンビ映画があっただろうか。あらゆる意味で、見ていて座席でポンと膝を打つ、いわば句読点のしっかりした (?) ゾンビ映画。その登場を純粋に喜びたい。原作のマンガは読んだことがないが、本作は映画として立派に完結しており、次回作をにおわせて終わる点は致し方ないか (「進撃の巨人」と同じく、なにせ未だ連載中だから) と思いつつ、もしそうならこの水準を落とさないようにご留意願いたい。但しここでは「ゾンビ」という言葉は使われず、「ZQN = ゾキュン」という用語が使われている。これが原作のゾキュンの皆様。
e0345320_23325119.jpg
ここで使われているコネタについて触れるときりがない。だが、あえていくつかのシーンを思い出してみよう。主演の大泉洋が、自分の職場であるマンガの制作現場で見る光景。その前に恐ろしい経験をした彼がそこにたどり着いたとき、それに先立つ同じ場所でのシーンと同様、テレビがニュースを伝えている。いつもと同じ、ごくありふれた日常風景。だが、それが一気に非日常の世界へ転がり落ちる恐怖。塚地 武雅 (つかじ むが) 演じるところの職場の先輩の屈折したリアリティはどうだ。真面目に懸命に身を守っていたはずなのに、いつの間にか、完全にそれ以上の快楽を覚えるようになっている。そして自分自身を結論づけるのが早いこと (笑)。これこれ、こういう人、いますよね。
e0345320_23412330.jpg
それから、いよいよパンデミックが起こって街でゾキュンがあふれ返るシーンのリアルさ。このシーンが面白いのは、ゾンビの列がぐにょぐにょ歩いて来るのではなく、横から斜めから飛びかかってきて、誰が人間なのかゾンビなのか分からない点。道はまだまだ空いているスペースが多いのだが、いつ攻められて噛みつかれるか、分かったものではないのだ。この瞬間に倒されるのがたまたま他人であっても、次の瞬間は自分かもしれない。こんなリアルな恐怖はそうそうないだろう。
e0345320_23512403.jpg
そうして主人公が知り合う女子高校生を演じるのが、今や若手女優としては飛ぶ鳥を落とす勢いの有村架純だ。彼女としては異例の役柄だと思うが、いやー、これは大抜擢だと思う。壊れそうでいて実は強そうなこのキャラクターを自然な演技で通した彼女は、なかなかの大物であると思う。上のポスターで使われている、長澤まさみ (彼女もがんばっていて素晴らしい!!) とのこの写真。
e0345320_23565554.jpg

それから、この写真。いずれも映画本編では正確にはちょっと違う様子の映像になるのだが、ネット上で画像検索しても、映画そのままの写真はほとんど出てこない。であれば、ここで彼女の役柄がどうのこうのと言うのはやめよう。でも、ええっと、猫とはどういう関係???

e0345320_23581702.jpg
有村の大物ぶりが表れた発言がプログラムのインタビューに載っている。撮影は 2年前とのことで、当時を振り返って述べているのだが、素晴らしく率直な言葉ではないか!!

QUOTE
ある意味、あの時期しかない顔つきだったり、表現だったりがこの映画のときにはあったと思います。でもそれはあくまで、自分の中で感じていることであって、観る方にしてみたら「下手だな」と思われるかもしれませんが。
UNQUOTE

そしてなんと言っても、主演の大泉洋がとてもよい。主人公のキャラクターを巧まずして演じており、救いのない内容でありながら、何度もとハハハと笑わざるを得ないシーンが生きているのは、ひとえに大泉の演技によるものだと思う。ユー アー ア ヒーローですよ本当に。

e0345320_00023199.jpg
主人公たちが立てこもるのはアウトレットである。なるほど、そもそも、映画「ゾンビ」の舞台はショッピングモールであったので、句読点のしっかりしたゾンビ映画でのこの場所の選択には、大いに納得だ。常日頃は多くの人であふれ、平和な雰囲気に満たされた場所であるべきアウトレットが、寂れ荒れ果て、ゾンビの巣窟になっている。でもどこかに人間が生き抜くための食糧が備蓄されている。これぞゾンビ映画でしょう。あ、それからロレックスを使ったネタも面白く、声をあげて笑ってしまいました。

主人公たちが危機に陥り、この男が宙に舞う場面で鳴り響くのは、ヨハン・シュトラウスのワルツ「春の声」だ。
e0345320_00135418.jpg
e0345320_00154200.jpg
うーん、いいぞいいぞこのシーン。深刻な場面に能天気な音楽。これぞ黒澤明が生み出した、極めて効果的な悲劇性の表現である。拍手拍手。

この映画には多くの韓国スタッフ (とエキストラ?) の貢献があったようだ。ZQN との戦いの舞台となる場所は、韓国で閉鎖した実際のアウトレットでロケしたという。なるほど。私も、「JSA」「シュリ」以降、数々の韓国映画の素晴らしさに、まさに瞠目して来た人間であるが、最近の動向はよく分からない。でもこの映画の成功には欠かせない要素を担ったということであろう。そうなると、韓国版ゾンビ映画も見たくなりますなぁ。

もちろん人にはそれぞれ好みがあるし、どう転んでもこの映画は文部省特選にはならないだろうが (笑)、私としては、見どころ満載、見ごたえ充分の映画を堪能したと、手放しで絶賛しておきたい。この映画を撮った佐藤信介監督は 1970年広島出身で、これまで「GANTZ」シリーズ、「図書館戦争」シリーズや「万能鑑定士 Q モナリザの瞳」などを撮っている。次回作は、予告編と本屋に積んであった原作を見て、私も面白そうだと思った「デスノート Light up the NEW World」。公開は今年 10月とまだ先だが、ちょっと期待してしまいます。こんな真面目そうな方だ。
e0345320_00293801.jpg
願わくば、明日の朝起きたら世界で感染症が蔓延していて、この人の新作を見られないということがありませんように。う、うわー、く、来るなー。
e0345320_00563129.jpg

by yokohama7474 | 2016-05-17 00:46 | 映画 | Comments(0)