ブログ開設一周年

おかげさまで、昨日 2016年 6月 3日をもって、このブログの開設一周年を迎えました。ええっと、今年はうるう年なので、1年が 366日。それに昨日当日を加えて 367日間の間に書いた記事の数が 324。そのうち「その他」に分類した記事が 9つあるので、このブログの本来の趣旨である文化探訪に関する記事は 315ということになる。367日に 315本の記事。平均すると、約 1.16日に 1本。まあほぼ毎日に近いペースで記事を書いてきたことになる。私のことをご存じない方は、もしかしたら引退して時間のたっぷりある人間だと思われるかもしれないが、なんのことはない、出張もあれば残業もあれば接待も飲み会もある普通のサラリーマンなので、その生活の中、このペースで記事を書き続けたことは、まずまずのことかな、と思います。実際、ブログを書く前にも文化生活という意味では同じようなペースでコンサートや美術館や映画に出かけていたものの、慌ただしい生活にまみれて、見たり聴いたりしたことをすぐに忘れてしまうようなこともあって、それはいかんと思ったことが、そもそもブログを始めようかと思い立ったきっかけである。ただ、それほど悲壮な決意を持って始めたわけでもなんでもなく、ちょっとやってみようかな、くらいの軽い気持ちであった。実はそれは今でも変わっていなくて、多少仕事の要領をよくするとか、調べものをするとか、睡眠時間を減らすということは仕方なくやっているが、青息吐息で決死の記事を書いているわけではなく、まあ、かなりの場合、酔っぱらって気楽にやっているのである。書いているうちにうたた寝してしまっているのに、目覚めると文章が進んでいることもあります。不思議です (笑)。ほとんどシュールレアリストによる自動筆記 (オートマティスム) のようである。実際どの記事も、書き始めるまで何を書くか決めておらず、まあそれは即興的にやっているので、書くことがあまり心理的な負担にはなっていないのでしょうな。
e0345320_01275220.jpg
やって行くうちに気付いたのは、記事の蓄積が増えると、過去の記事へのアクセスによって、訪問者数が加速度的に増えるということ。一度書いた記事は消さないわけだから、これは当然のことだ。ただ、それにしても、最初は訪問者 1,000人、2,000人で喜び緊張していたものが、1年経過してみると、累計訪問者数 28,312人という数字に至っており、ちょっとびっくりだ。中でも、ベルリン・フィル 4連発と若冲展の記事を書いたあと、今年の 5月16日には、excite ブログ中のアクセス数順位で、「音楽」カテゴリーでは 1510ブログ中 6位、「アート・デザイン」カテゴリーでは 1693ブログ中、実に 3位になったことは、全く信じられない思いであった。一応は、自分が見たり聴いたりしたことから感じた事柄を率直に記すことで、少しでも文化の諸相に近づきたいし、また、特に東京という大都会で起こっている文化イヴェントの意義を紹介したいという思いに駆られているので、アクセスが多いことは大変励みになります。

ふと気まぐれに思いついて始めたブログなので、またいつ、ふいとやめてしまうか分かりませんが、当面は続ける所存ですので、またお立ち寄り頂ければ幸いです。いろんなものを見ては記録する。この広目天像のような態度で、様々な文化と切り結びます!!
e0345320_01345334.jpg

by yokohama7474 | 2016-06-04 01:37 | その他 | Comments(0)