沈黙 - サイレンス - (マーティン・スコセッシ監督 / 原題 : Silence)

e0345320_22232304.jpg
自らがキリスト教徒であった遠藤周作の代表作「沈黙」。過去、私の敬愛する篠田正浩によって 1971年に映画化されており、その際の題名は今回と同じ「沈黙 Silence」であった。残念ながら私はその映画を見ていないが、原作はもちろん読んでいるし、1993年に若杉弘によって初演された松村禎三のオペラも、初演時に見ている (ええっと、あまり面白くありませんでした・・・笑)。加えて、以前書いた長崎旅行の記事でも述べた通り、隠れキリシタンは私にとって大変に興味のあるテーマ。従って私には、この映画を見るに当たっての充分な思い入れが既にあったのである。ところが、この映画の鑑賞後のある日に交わされた、私と家人の会話は以下の通り。
 私「うーん、この映画イマイチだったねぇ。」
 家人 (驚いて) 「なに言ってんの。すごい映画だよ。」
 私「まぁ、そういう評価も分からんではないけどね、世界には悲惨な歴史が満ち溢れていて、日本での切支丹迫害だけが痛ましい悲劇じゃないんだよ。」
 家人 (軽蔑の眼差しで) 「心の曇った人にはそう見えるのね。私は感動して涙を流したわ。」
 私 (家の外を見て)「・・・。ええっと、明日の天気はどうだろう。寒いのかなぁ。」

このブログの記事のあれこれで私は、最低限の礼儀は守りながら、面白いものは面白い、面白くないものは面白くないと正直な思いをつづってきている。それゆえ、コメントを頂く方から、時にはネット上でさらし者になるような厳しい評価も浴びせられてきた。だがそれは自ら引き受けた道。匿名の度を越えた卑劣な罵詈雑言でないと私が判断する限り、そのようなコメントは別に隠すことでもなんでもない。というわけで、期待を込めて見たこの映画、私にとっては残念なことにイマイチであったということから始めよう。これは監督のマーティン・スコセッシと、本作に出演している浅野忠信、窪塚洋介の写真。日本でのプロモーション用。
e0345320_22261714.jpg
未だ衰えぬ勢いで新作を発表し続けるスコセッシは、今年 74歳。まだまだこれから深みのある映画を撮って行ってくれるであろう。ただ、作品による出来のむらがある人だと思うので、これから丁寧な映画作りをしてくれることを望みたくなる。なんでもこの作品は、スコセッシが初めて原作を読んで以来、過去 28年に亘って映画化が彼の悲願であったらしい。映画化がなかなか実現せず、製作会社との間で訴訟沙汰にまでなったらしい。その意味では、スコセッシの悲願を達成する記念すべき映画であるということだ。

原作は大変有名であるが、念のためにあらすじを述べておくと、江戸時代初期、キリスト教禁制から未だ日も浅い頃、マカオにあるイエズス会の拠点で 2人の若い神父が意外な話を聞く。それは、自身日本でも活発な布教活動を行ったあのヴァリニャーノが語る話だ。それによると、布教のために日本に渡ったフェレイラ神父という人物が、キリスト教を棄教して、のうのうと日本に住んでいるということである。若い 2人は、自分たちがかつて師事したフェレイラに限ってそんなことがあるわけないと激昂し、真実を確かめようと、果敢にも日本に渡ってくる。だがそこで彼らは、長崎の隠れキリシタンとともに、筆舌に尽くしがたい残酷な弾圧を受ける。敬虔な信者たちがこれほど苦しんでいるのにもかかわらず、救済すべき神の顕現はない。これほどの危急な場面において沈黙を守っている神の意思は、一体いかなるものなのだろうか、という重い重い命題が扱われているのである。

まず印象に残ったシーンを述べると、切支丹であると摘発されたのに、踏み絵を踏まずに処刑された人たちの最期。そのうちのひとりは、あのピーター・ブルックの劇団で長年活躍する笈田ヨシ。彼はもうすぐ小川里美主演のプッチーニ作曲「蝶々夫人」の演奏会形式の演出も手掛けるが、残念ながら私はそれを見ることができない。今年既に 83歳の高齢でありながら、ここでも全身全霊で演技する彼の姿には感動を禁じ得ないのである。
e0345320_22571672.jpg
それから、「シン・ゴジラ」での演技も記憶に新しい、映画監督の塚本晋也。あの田口トモロヲ主演のパンクな「鉄男」から既に 30年近く。時代は移り変わり、人々はその時々で感性に合うものを選ぶ。願わくばこの映画における彼の体を張った熱演が、多くの人に感銘を与えますように。十字架から降ろされる彼の姿は、さながらイエス・キリストのようでしたよ。熱演に拍手!!
e0345320_22590135.jpg
ストーリー自体が感動的であるのはもともと分かっているし、隠れキリシタンがいかなる過酷な目に遭わされたのかも一定の知識はある。従ってポイントは、この映画が映画自体としてどの程度の完成度に達しているかということであろう。その観点から、私が覚えた不満をいくつか挙げてみよう。

・イエズス会の宣教師は、反宗教改革の旗印のもと、異常なまでの情熱で布教に携わったゆえに、日本語を喋るべく死にもの狂いの努力をしたはず。なぜなら、キリスト教の信仰の証は言葉で語られるべきであるからだ。異文化である日本の習慣や日本人の発想に戸惑いは覚えたであろうが、一方で言葉の重要性を実感したはず。この映画にはその観点が欠けている。
・英語。もちろん、米国資本の映画である以上はやむない設定なのであろうが、江戸時代の長崎の農民たちが英語を喋ることなどあり得ない。もしその設定にするなら、片言の英語ではなく、完璧な英語を喋るという設定にした方がまだよかった。もちろん、遥か昔の銀河の彼方の物語である「スター・ウォーズ」で英語が使われていることを思うと、特に目くじらを立てるまでもないのかもしれないが (笑)。
・拷問の描き方はこれで充分か。私は別に残酷趣味があるわけではないが、実際の拷問はもっともっと悲惨なものであったと思う。
・宣教師のひとりは、なぜに溺死するのか。海の中で泳いでいれば助かったのではないか。それとも金槌だったのか (笑)。
・夏のシーンであっても、日本の夏の雰囲気が出ていない。オープニングとエンドタイトルに一切音楽を使わず、蝉の声や波の音に終始したという着眼点を思えば、実際の夏のシーンの出来は若干残念である。

と書きながら思い出すのは、この映画で極めて重要な役割を演じているあと二人の俳優、すなわち、イッセー尾形とリーアム・ニーソンである。まずは前者であるが、当時の領主がこれほど英語がうまかったか否かは別として、さすがに米国でも一人芝居で好評を得ている人だ。その表情や身振りのひとつひとつに、残酷さと温かさが同居する人間の不可思議さを体現する何かがある。
e0345320_23131186.jpg
そしてリーアム・ニーソン。転びのバテレンとは、実は悟りの境地に至っていた人なのかもしれない。これは未だそこに辿り着く前の、苦悩に満ちた神父の表情。
e0345320_23185557.png
またもうひとつの発見は、切支丹であっても、日本人である限り、信仰を続けるためには何か目に見える崇敬の対象が欲しいということ。私は先日、東京国立博物館で春日大社の展覧会を見ており、いずれ記事もアップするが、その展覧会で感じたものと同じものがここにはある。フェレイラの語るように、西欧諸国によって植民地化されたアジアのほかの国々と異なり、日本はまるで沼であって、そこに植物が根を張るのは極めて困難であるのだ。そのことをこの映画が皮膚感覚を持って描いているかというと、残念ながら私にはそうは思えない。もっともっと宣教師の内面に迫り、切支丹たちの複雑な思いに迫って欲しかった。いや、もちろんそうは言っても、このようなシーンには私も心動かされたのであるが。
e0345320_23310101.jpg
我々日本人が神仏に期待するのは何であろうか。この国では、自然そのものが信仰の対象となる。そこでは、神はそもそも最初から沈黙しているのではないか。この映画の中で神の沈黙を問いかけるのが、日本人ではなく、ポルトガル人であることに注目しよう。聞こえない声に耳を傾けるのは日本人の習性だ。そして忍耐強く、残酷な境遇にも忍従するのである。イエズス会が危機感に駆られて日本に派遣した宣教師たちは、そのような日本人を見てどのように思ったであろうか。彼我間の隔たりゆえ、理解できないものがある一方で、この国の持つ揺るぎない独自性もきっと理解したに違いない。その衝撃をこそ、この映画では描いて欲しかった。というわけで、私と家人の議論は延々続いて行くのである。

by yokohama7474 | 2017-02-09 23:47 | 映画 | Comments(6)
Commented by 吉村 at 2017-02-12 21:35 x
この映画をみた後、原作を改めて読んでみようと思ってKindleでダウンロードしました。
それにしても、この数十年後に屋久島に潜入して囚われ、新井白石に尋問されたシドッチもそうですが、神父さん達の使命感とある意味の無謀さはすごいですよね。
ところで、新井白石の西洋紀聞、現代語訳でみてみましたが、新井白石という人の現代人と変わらぬインテリジェンス、すごいですね。
Commented by yokohama7474 at 2017-02-12 22:33
> 吉村さん
この時代の文明の衝突には凄まじいものがあったと思います。同じユーラシア大陸の東の端と西の端には、相違点が多いのと同様、類似点も多かったものと思います。現代に生きる我々は、その文明の衝突を様々な角度から学ぶことができて、恵まれていると同時に、後世に対する責任もあると思います。また語りましょう!!
Commented by desire_san at 2017-02-13 08:46
こんにちは、
私も映画『沈黙-サイエンス』を見てきましたので、画像うと鑑賞レポートを読ませていただき、映画『沈黙-サイエンス』の感動が甦ってきました。この映画ではポルトガル人宣教師の目を通し、信ずること、疑うこと、葛藤、懐疑心と、人間の弱さ、信ずることの意味、人間撮って大切なものは何か、生きることの意味は何かについてじっくりと描いて、色々考えさせられました。江戸時代のキリスタン弾圧の時代を、キリスタンのみならず弾圧する側の井上筑後守や通辞など侍たちも飲み込んでいく巨大な蟻地獄のように描いているように感じました。

私も『沈黙-サイエンス』を観て、この映画の魅力と現代人はこの映画から何を学べるのかを整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。


Commented by yokohama7474 at 2017-02-13 20:52
> desire_sanさん
コメントありがとうございます。この映画には、題材そのものへの評価と、映画としての出来の評価とを分けて考える面があると思います。ちなみに、誠に恐縮ながら、「サイエンス」ではなく、「サイレンス」ですので、念のためにご確認願います。今後ともよろしくお願い申し上げます。
Commented by 吉祥寺五右衛門 at 2017-02-19 11:29 x
 昨日、この映画を観ました。凄い映画ではあると思いますが、私も同じことを疑問に思いました。当時の農民が英語を話すことへの違和感です。ラストサムライで渡辺謙さんが演じる武士が英語を話す不自然さと似ています。恐らく、ラストサムライにしてもこの映画にしても、日本人が英語を話さなければ、コミュニケーションは通訳を介することになり、スムーズに進行しないからでしょう。(映画自体が成り立たない)もっとも、この映画における英語は本来、ポルトガル語を使用すべき部分が便宜上、英語に差し替えられているものと思われます。当時の日本でポルトガル語が話せた人というのは、幼少の頃から外国人宣教師(カトリック司祭)にかわいがられていた人たちではないでしょうか。小さい子供だけが辞書なしに外国語をマスターすることができます。彼らが大人になれば、当然、通訳することもできるわけですが、農民の大半がポルトガル語(映画では英語)を話すという設定は非現実的でしょう。もしこれが史実に忠実であれば、当時の日本には多数のバイリンガルがいたことが史料に残っているはずです。ちなみに、当時の宣教師たちは日本に来る前にフィリピにゃマカオなどに滞在した(漂流した?)日本人から日本語の基礎を学んだと言われていますが、実際はペラペラではなかったはずです。当然、複雑なことは通訳者を介してコミュニケーションをとったのではないかと思います。
Commented by yokohama7474 at 2017-02-19 21:52
> 吉祥寺五右衛門さん
コメントありがとうございます。そうですね、「ラストサムライ」の場合はまだ、多少乱暴に言えば、架空の国の架空のお話としても成り立つと言ってもよいように思いますが、この映画はそうではないですから、言葉の問題は実は大きいと思います。もちろん、実利的な理由でこのような設定になったのでしょうし、米国人たちから見れば違和感ないのかもしれませんが、日本を舞台にした日本の小説を、そのままの題名とそのままの設定で映画化する以上、やはり気になってしまいます。結構奥の深い問題かもしれません。また是非お立ち寄り下さい。
<< 久坂部 羊著 : 芥川症 ザ・コンサルタント (ギャビン... >>