ジャッキー / ファーストレディ最後の使命 (パブロ・ラライン監督 / 原題 : Jackie)

e0345320_22113158.jpg
ジョン・F・ケネディは言うまでもなく、アメリカ合衆国大統領として歴史上最も高く評価されているひとりであり、その悲劇的な暗殺事件は、50年以上経過した今でも、数々の陰謀論とともに未だに世の人々の間で語られる。それに加え、ケネディ家の抱える闇や、大統領自身の私生活のダークサイドも様々なことが知られるようになっており、興味深いとともに、ゴシップネタには少々うんざりすることもある。だがしかし、いずれにせよケネディ暗殺は 20世紀最大の謎のひとつ。私もこれまで、その件に関するいろいろな映画 (「JFK」のようなメジャーなものだけでなく) や書物、テレビ番組を体験して来た。だが、今回採り上げるこの映画は一風変わっていて、その未亡人、ジャクリーンを主人公としたもの。ジャッキーとはもちろん彼女の愛称である。ここでジャッキーを演じるのは、ナタリー・ポートマン。なるほど、ついこの間リュック・ベッソンの「レオン」でデビューしたと思ったら、もうこんな役を演じるような年になったわけだ。・・・いやいや、「レオン」は 1994年の作品。あれから既に 23年も経っているのだ。彼女は既に「ブラック・スワン」でアカデミー主演女優賞も受賞し、名実ともにハリウッドを代表する女優のひとりである。尚、上のポスターに、アカデミー賞 3部門ノミネートとあるが、主演女優賞は、別項で採り上げた「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンが受賞した。ちなみにこれが、1961年、大統領就任式の際の JFK (家族内での愛称は「ジャック」だったそうだ) とジャクリーン。
e0345320_22205035.jpg
映画は、1963年11月22日のケネディ暗殺から葬儀までの過程をジャーナリストに語るジャクリーンを軸に、ホワイトハウスでの回想シーンを織り交ぜている。ほとんどジャクリーンの一人芝居に近い内容であり、まさにナタリー・ポートマンの存在感と力が、真正面から試されていると言ってよいだろう。その衣装や髪型、喋り方まで、我々のイメージするジャクリーン像をうまく表現しているとは言えるように思う。だがその一方で、映画全体として、もうひとつ何か印象に残るものがないような気がするのも事実。一体何がそう思わせるのだろう。ダラス到着時、未だこれから起きる悲劇を知らないふたり。ケネディを演じるのはキャスパー・フィリップソンという俳優。
e0345320_22331046.jpg
そして数時間後、ケネディの棺とともにワシントンに帰るエアフォース・ワンの中では、ジョンソン副大統領の大統領就任の宣誓が行われ、夫の血を未だ衣服につけたままのジャクリーンもその場に呆然と居合わせることとなる。ジョンソン役はジョン・キャロル・リッチという俳優。
e0345320_22354493.png
やはり後に暗殺されるロバート・ケネディもここでは重要な役回りだ。ゴシップによると JFK 死後、ジャクリーンとあまりにも親密であったとも言われるが、真実は分からない。ロバートを演じるのはピーター・サースガードという俳優。
e0345320_23112894.jpg
ここではまず、ダラスにおけるケネディ暗殺という歴史的事件の再現が行われていて、それ自体は緊迫感もあって、なかなかよくできている。だが、なんと言えばよいのか、圧倒的に大きな黒い歯車が回っているというような感じはしない。それもそのはず、この映画の主眼は、この事件の裏に潜む陰謀に迫ることではなく、ジャクリーンがファースト・レディとして、あるいはひとりの妻として母として、いかなる運命に立ち向かったのかということを、彼女の心の裏側からの視点も含めて、詳細に描き出すことであるからだ。もちろん、あの明るい笑顔の裏に様々な葛藤や努力があったことは想像に難くないが、この映画では、どうもジャクリーンの不安と不満に必要以上に観客が追い込まれて行くように思える。画面に形容しがたい不安を与えるひとつの要素は、音楽であろう。キュイーンキュイーンとグリッサンドでうねる弦楽器の音色が何度も出て来て、明るいシーンの印象まで薄くしてしまったような気がする。その音楽を担当したのは、ミカ・レヴィという女流作曲家。調べてみると 1987年生まれの英国人で、もともとロンドン・フィルの楽員。アーティストでもあり、音楽プロデュースも手掛ける才人であるらしい。映画音楽の分野では、「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」という映画で、評価されたらしい。あっ、この映画は、去年公開していた、スカーレット・ヨハンソン主演のエイリアン物だな。見に行かねばとチェックしてあったのに、結局見ることができなかったものだ。そんなに音楽が面白かったとは、見逃して悔しい。これが作曲者のミカ・レヴィ。
e0345320_23131494.jpg
ともあれ、私が課題と感じてしまったのは、ジャクリーンを、数々の困難を乗り越えた意志の人と描くのか、ある場合には夫に裏切られながらも愛し続けた献身的な妻と描くのか、あるいは、2人の子供を持ち、ほかに 1人を流産で、もう 1人を生後すぐに亡くしてしまった母として描くのかが、どうももうひとつ明確ではないということだ。というのも、ジャーナリストに話して聞かせるジャクリーンは特に傲慢ささえ漂わせ、一度喋ったことをメディアに載せるなと命令したりする、あまり優雅でない女性として描かれているからだ。そんなことをせずに、時系列に沿って、暗殺の悲劇と過去の回想だけにした方が、感動的な仕上がりになったのではないかと思うが、いかがなものだろうか。また、描かれている期間は限定的で、彼女がその後オナシスのもとに走ったことは描かれておらず、ジャクリーンという人間性にとことん肉薄するという作りにはなっていない。主役を取り巻く役者陣も正直、それほど印象的ではないが、ただひとり「これは」と思ったのは、神父役を演じたジョン・ハートである。
e0345320_23024525.jpg
もちろんあの伝説的な「エレファント・マン」で知られる英国人俳優であるが、最近はハリー・ポッター・シリーズなどにも出ていた。ここでの彼は、ケネディ死後の相談役として、ジャクリーンに対して率直かつ優しさに満ちた語り掛けをしている。実は私は知らなかったのであるが、彼はこの映画出演後、今年の 1月に 77歳で亡くなっている。癌だったそうだが、既に撮影のときには病に侵されていたのであろう。痛ましい話であるが、これまた知らなかったことに、彼は 2015年には Sir の称号まで得ていたのだ。素晴らしい役者であった。

監督は、1976年チリ出身のパブロ・ラライン。これが初の英語作品とのことである。私の上記の感想からもう一度考えてみれば、演出が少し詰め込みすぎかなぁ・・・という気もするが、様々な場面に見える創意工夫は、評価に値するだろう。
e0345320_23185141.jpg
さて最後に、クラシック音楽ファンのためのオマケをひとつ。ホワイト・ハウスでチェロの大巨匠、パブロ・カザルス (1876 - 1973) が演奏するシーンが出てくる。これは劇中、カザルスのチェロに聴き入る JFK 夫妻をはじめとする人々。
e0345320_23230560.jpg
この 1961年の演奏はライヴ盤として、今でも手に入る。これだ。ジャケットを見ても、映画の中のように、カザルスがひとりで「鳥の歌」だけ演奏したかのように思ってしまいそうだが、実際には、ピアノのホルショフスキー、ヴァイオリンのシュナイダーとのトリオであった。
e0345320_23234451.jpg
音楽に興味のない方は、このカザルスがいかに偉大なチェリストであったかイメージがないであろうから、ひとつの例を挙げよう。これは昨年私がバルセロナに出張したとき、空港のラウンジで撮影したもの。通常はパブロ・カザルスと呼ぶが、彼の故郷カタルーニャの言葉では、パウ・カザルスという名前になるらしい。ラウンジの一角がこのような彼を記念するコーナーになっている点、今でもいかに深い尊敬を集めているかが分かろうというものだ。
e0345320_23320647.jpg
e0345320_23325022.jpg
このように、カザルスがいつどの都市を訪れたかを示すプレートが飾られている。
e0345320_23362024.jpg
よく見ると、1961年にケネディの前で演奏したと確認できるが、面白いのは、その前に日本とイスラエルも訪れている。またケネディからは、2年後に叙勲もされている。
e0345320_23365951.jpg
そんなわけで、数多い JFK 物の中では少し異色な作品であり、今後人々の心にどのくらい残るかは正直分からないが、様々なピースを組み合わせてみると、ジャクリーンという、やはり 20世紀を彩ったイコンのひとりの人生について、また、彼女が経験した時代の雰囲気について、考えるヒントになる映画とは言えるであろう。ナタリー・ポートマンも、これから演技の深みをさらに増して行ってもらえるものと、期待している。

by yokohama7474 | 2017-04-08 23:48 | 映画 | Comments(0)