エサ=ペッカ・サロネン指揮 フィルハーモニア管弦楽団 (ヴァイオリン : 諏訪内晶子) 2017年 5月20日 東京芸術劇場

e0345320_01212812.jpg
先に東京オペラシティコンサートホールでのマーラー 6番ほかのコンサートをご紹介した、フィンランドの名指揮者エサ=ペッカ・サロネンとその手兵、ロンドンに本拠を置くフィルハーモニア管弦楽団の演奏会。土曜日に池袋の東京芸術劇場で開かれた演奏会は、リヒャルト・シュトラウスの作品の間に、名実ともに日本を代表するヴァイオリニストである諏訪内晶子が弾くコンチェルトを挟んで行われた。曲目詳細は以下の通り。
 R・シュトラウス : 交響詩「ドン・ファン」作品20
 メンデルスゾーン : ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64 (ヴァイオリン : 諏訪内晶子)
 R・シュトラウス : 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」作品30

今回のサロネンとフィルハーモニアの来日ツアーは、西宮、名古屋、熊本を含む 7回のコンサートから成っており、ソリストは、ピアノが 2015年のショパン・コンクールの覇者である韓国のチョ・ソンジン (ベートーヴェンのピアノ協奏曲第 3番を演奏)、ヴァイオリンが諏訪内である。以前の記事でご紹介した通り、このフィルハーモニア管は、2008年にサロネンが首席指揮者に就任して以来、2 - 3 年に一度は来日している印象であり、既に日本でもおなじみだが、思い出してみると、1986年のサントリーホール開場に伴う一連のシリーズの中でもこのオケは、当時の音楽監督であったジュゼッペ・シノーポリの指揮で、マーラーを演奏していた。また、今回の演奏会場である池袋の東京芸術劇場が 1990年に開場したときには、やはりシノーポリの指揮で、ほぼ二週間の間に 10回のコンサートを開いて、マーラーの全交響曲 (歌曲集「子供の不思議な角笛」、「リュッケルトによる 5つの歌」、「亡き子をしのぶ歌」、「さすらう若人の歌」、「カンタータ「嘆きの歌」、大地の歌と、10番のアダージョも含めて!!!) を演奏するという、およそ常軌を逸した偉業を成し遂げてもいる。最近の若い人はそれを信じないかもしれないので、バブル時代の熱狂を後世に伝えて行くためにも (笑)、その時のプログラムを掲載しよう。なお、このときの「大地の歌」の演奏会では、たまたま来日中であったダニエル・バレンボイムが客席でスコア片手にシノーポリとフィルハーモニアの演奏に聴き入るというシーンも見られたのである。
e0345320_01424546.jpg
さて、昔話はこのくらいにして、現在に戻ってこよう (笑)。今回のサロネンとフィルハーモニアの演奏では、先のマーラーと同じ系統、つまりは後期ロマン派に属するリヒャルト・シュトラウスの音楽がメインとして演奏されたわけであるが、全体を通しての私の感想はマーラーと同じで、強い推進力による華麗なるオーケストラのマッスとしての響きに圧倒されたと申し上げよう。最初の「ドン・ファン」は 20分程度の曲であり、音楽史上最も有名な交響詩のひとつ。だが今回の演奏を聴いていると、まるでその倍くらいの長さに感じたものである。それだけ音の密度が濃かったということであろうか。サロネンの指揮は基本的に切れ味のよいもので、重々しく歌い込むというタイプではないのだが、それにしてもこの鳴り方は大変なもの。マーラーのときと同様、独奏ではなく専ら合奏を行う弦楽器セクションにしてからが、ひとりひとりの奏者の強いコミットメントが音楽全体を揺るがしながら進んで行くのである。例えばウィーン・フィルやコンセルトヘボウやボストン響のような、有機的な、音が滴るアンサンブルというものとは少し違っているが、これはこれで非常に高いレヴェルであると思う。「ツァラトゥストラ」はもちろん、キューブリックの名作映画「2001年宇宙の旅」で使われたことで、クラシック音楽に縁のない人でも誰でも知っている曲であるが、その冒頭がいかにうまく書けているか、今回改めて実感して、鳥肌が立った。トランペットは慎重に音を出し、ミスを回避できたが、圧巻は若いティンパニ奏者である。あれだけ思い切って叩ければ、気持ちいいだろうなぁ。このようにシュトラウスの 2曲は、オーケストラの醍醐味を存分に味わえるだけの、強い表現力を持った名演であったのである。これが若き日のシュトラウス。
e0345320_02270927.jpg
その間で演奏されたメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、天下の名曲として知られているわけであり、諏訪内の演奏は充分に美麗で、またオーソドックスなものであったと思う。面白かったのは伴奏のオケで、「ドン・ファン」でのコントラバス 8本が 4本に減らされたのはまあよいとして、ティンパニ (この曲では最初から登場する) は古いタイプの小さくて硬いものに変更され、トランペットもまた、ピストンのない古いタイプのものに持ち替えて演奏していた。フィルハーモニア管の本拠地ロンドンでは、何十年にも亘って古楽演奏が盛んであり、そのような土地柄も関係しているのかもしれない。ただこの曲の場合、驚くような演奏に出会うことはさして多くなく (その驚くべき演奏は、このブログでも採り上げた、ニコライ・ズナイダーによって最近成し遂げられたのであるが)、気持ちよくきれいに響くことがまずは大事であろう。その条件は充分に満たしており、彼女の安定した技量が感じられた。また、アンコールでは今回はいつものバッハのアンダンテではなく、イザイの無伴奏ソナタ第 2番の第 1楽章が演奏された。バッハの無伴奏パルティータ 3番の冒頭の模倣に始まり、悪魔的な旋回の中から、グレゴリオ聖歌の「怒りの日」が浮かび上がるという、異形の曲だ。冴えた技巧によって、曲に込められた「オブセッション」がよく表現されていた。

さて、諏訪内といえば、今年で 5回目を迎えた「国際音楽祭 NIPPON」である。
e0345320_02284065.jpg
この音楽祭の最初の年 (2013年) であったと思うが、彼女はやはりサロネン / フィルハーモニアと共演し、サロネン自身の作曲によるヴァイオリン協奏曲の日本初演を行った。その時、演奏前にサロネンが自作を語るのを聞いたが、諏訪内に一部演奏を依頼して、「上手ですねぇ」と誉めていたことを思い出す。サロネンは今後、作曲活動と指揮活動を、どのように両立させて行くつもりなのであろうか。現在はニューヨーク・フィルのコンポーザー・イン・レジデンス (日本語で言うと「座付き作曲家」ということか) であり、またフィンランド国立歌劇場のアーティスト・イン・アソシエーション (これは日本語では「提携芸術家」とでも訳しますかね) でもある。このフィンランド国立歌劇場では、あのワーグナーの超大作「ニーベルングの指環」の上演も予定されているという。サロネンの「指環」、一体どんな感じになるのであろうか。実は今回の演奏会では、アンコールにワーグナーの「ローエングリン」第 3幕への前奏曲が演奏された。これはまた、オケの機能全開の胸のすく快演であったが、そのエンディングは通常そのまま終始和音になる (原曲ではそのまま結婚行進曲に入るので) ところ、今回はフンパーディンクが編曲した劇的なエンディング (鳴り響くのは「禁門の動機」?) を使用していた。この版は決してポピュラーではないが、昔はトスカニーニが使用しており、確かクラウディオ・アバドもこのかたちで演奏していたことはあるはず。サロネンのある種のこだわりを垣間見たような気がする。彼の「指環」、一体どのようなものになるのであろうか。

このサロネン、実はウィーン・フィルとは相性が悪いという説があり、それはドイツ古典をきっちり振れないからだとも言われている (そういえばウィーン・フィルの日本公演で病気の小澤征爾の代役にサロネンが抜擢されたが、キャンセルになったことがあった)。私にはその真偽のほどは分からないが、確かに彼のレパートリーには古典派は少ないし、たとえばロマン派でも、シューマンやブラームスなどは聴いたことがないような気がする。だがその一方で、これは私がある舞台上で N 響奏者の発言を実際に聞いた話なのだが、1988年に彼が N 響に最初に登場したとき、練習場に童顔の彼が姿を現しただけで、オケのメンバーは「コイツはできる!!」と思ったそうだ。そして、N 響との共演のうち、実際にストラヴィンスキーの「プルチネルラ」などは、抜群の切れ味であったことを覚えている。どの指揮者にも持ち味があって、適性がある。作曲活動に大作オペラの指揮と、多忙な身ではあるものの、このロンドンの名門オケとの蜜月を続けてくれれば、音楽史に新たなページを加える日が来るのではないかと思う。また N 響を振りにくる時間は、ちょっとないかもしれないが、できればそれもまた実現することを期待しよう。
e0345320_02582723.jpg

by yokohama7474 | 2017-05-21 03:03 | 音楽 (Live) | Comments(2)
Commented by エマスケ at 2017-05-22 08:21 x
かのシノーポリのマーラー全交響曲演奏会ですか...。
バブル時代というのはすごかったのですね。
また、「ローエングリン」第3幕への前奏曲のエンディングにつきまして、ご教示をありがとうございました。

フィルハーモニア管は、18日のマーラーの6番は、弦のガサガサした感じが気にかかり(特に第3楽章)集中できなかったのが正直な所です。
ですが、20日のリヒャルト・シュトラウスは、2曲とも躍動感のある素晴らしい演奏でした。
諏訪内晶子のメンデルスゾーンは、艶やかでやや官能的な香りもする名演でしたね。

ところで、ティンパニ等変更については全く気づきませんでした。
観察眼に感服いたします。

Commented by yokohama7474 at 2017-05-22 20:19
> エマスケさん
コメントありがとうございます。おっしゃる弦のガサガサ感はよく分かります。マーラーとシュトラウスの違いは、後者の方がより華麗に響くようにできているという点にもあって、それが演奏に表れたのかもしれませんね。私の観察眼は別に大したことなくて、たまたまステージがよく見える場所にいたという、ただそれだけだと思いますが、見たことや聴いたことを記録することで、その場にいたほかの方々にもなにがしかのイメージの広がりを持って頂ければ、ブログを書いている甲斐があるというものです。引き続きよろしくお願い申し上げます。
<< アンドレア・バッティストーニ指... ウラディーミル・フェドセーエフ... >>