ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス (ジェームズ・ガン監督 / 原題 : Guardians of the Galaxy Vol.2)

e0345320_10315187.jpg
渋い茶の湯の展覧会の記事のあとにこのような賑やかな映画の記事がくるというのが、このブログの特徴であり、嫌悪感を抱かれる方もおられるかもしれないが、私にしてみれば、あれも文化からこれも文化。茶の湯とアメリカン・コミックの間に、何か一脈通じあう文化的な特性がないと、誰が言えよう・・・ないか (笑)。

この映画、マーヴェル社のアメコミを原作としており、2014年に制作された 1作目に続き、これが 2作目。実は私は、1作目は見ようかどうしようか考えているうちに上映終了となってしまったので、結局見ていないのである。正直なところ、上のポスターにも登場する「銀河の運命は、彼らのノリに託された!」という、まさに軽いノリのトーンが若干鼻につき、果たしてこの映画を見る価値があるのか否か判然としなかったのである。今回も予告編を見ていて同様の迷いを覚えていたのだが、まあでも、見てみると意外と面白いかも、と思って見に行くこととした。そして一言、大変面白かった!! このブログでは様々な分野の異形の存在に対する私の思い入れが随所に出ているが、この映画もまさしく、異形なるものが宿命的に持つ、表面上の明るさと裏腹の、何か極めて人間的な陰の部分に魅かれたと言えようか。・・・ま、そんなことではなく、単純に面白かったと言えばよいのですがね (笑)。

ここには様々な奇妙なキャラクターが登場し、それはもう騒がしいこと。主役のピーター・クイルを演じるのは、最近「パッセンジャー」でもいい味出していた、クリス・プラット。普通の人間の姿をしていて、かなり三の線なのではあるが、実は大変な存在なのであることが、この映画の中で明らかになる。
e0345320_21265047.jpg
そのピーターがひそかに (?) 思いを寄せるガモーラ。演じるのはゾーイ・サルダナ。最新の「スター・トレック」シリーズでも近いイメージの役 (?) を演じているが、まあそちらの方はこんなに顔が緑ではありません (笑)。
e0345320_21304829.jpg
これはドラックス。演じるのは元プロレスラーのデイヴ・バウティスタ。実際の体も立派なのだろうが、これはラバースーツを着用しての演技であったろう。なんでも、前作よりもスーツが進化して、前回は 2時間半かかったメイクが今回は 1時間ほどに短縮して、撮影時にはご機嫌であった由。
e0345320_21333049.jpg
これが凶暴なアライグマのロケット。犬好きには、この真っ黒な鼻がなんともリアルで、どんなに凶暴なことをしても憎めないキャラになっているのである。声を演じているのは、「アメリカン・スナイパー」の、あのブラッドリー・クーパーだ。
e0345320_21393668.jpg
冒頭すぐの戦闘シーンでは、この 4人 (匹?) のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが、巨大なタコのオバケのような怪物と壮絶に戦うのだが、その前でコイツがコードをつなぐと、ピーター・クイルのお好みのナンバーのリミックス版 (?) が大音響で流れ始め、それに合わせてコイツが踊り続けるのだ。私はそのシーンのバトルの壮絶さと裏腹のユーモア、それを演出する華麗なる映像美に完全にノックアウトされ、心の中では拍手喝采なのであった。もう一度見たいシーンだ。
e0345320_21462316.jpg
e0345320_22030209.jpg
コイツの名前はグルート。そういえば前作では、大人の大きさの枝人間を予告編で見た記憶があるが、なんでもこのベビー・グルートは、前作で命を犠牲にしたそのグルートが小枝から蘇ったものであるらしい。喋る言葉は "I am Groot." だけなのであるが、実は場面場面で違うことを言っているらしい (笑)。このベビー・グルートが実にかわいくて、その "I am Groot" が妙に耳に残るのだが、声をやっているのがあのマッチョなヴィン・ディーゼルというギャップもおかしい。
e0345320_21513881.jpg
私がこの映画を面白いと思う点は、これらの異形のキャラクターを過剰に使いながらも、あちこちの細部でユーモアのセンスが光っていることと、それから、もうこれは容赦ないまでの圧倒的な映像のマジックである。例えば、オープニングの自動車のシーン以下度々現れるミニチュア感覚にはくらくらする。このような映像効果と、気の利いたセリフとの両立は、実は結構難しいと思うのである。そして、人間の想像力の豊かさを思わせる数々のシーンを見て私の心をよぎったのは、ルネサンス期のフランドルの画家、ヒエロニムス・ボス (1450 頃 - 1516) である。プラド美術館所蔵の有名な「快楽の園」に登場するこの卵人間 (一般には「樹木人間」と呼ばれることが多いが、私にはどうも、樹木よりも卵に近いと見受けられる) を連想させるシーンも出てくる。
e0345320_21594011.jpg
そうそう、キャラクターの中にはほかにも印象に残るものがあって、このアイシャという女王の姿はどうだろう。全身どころか目の中まで黄金で、全く妥協がない徹底ぶりなのである。一度見たら絶対に忘れない。演じる女優はエリザベス・デビッキ。このブログでも「コードネーム U.N.C.L.E」の記事で触れたし、「エベレスト 3D」での演技も印象深い。いやー、確かに言われてみれば分かるが、そう聞かなければ、この女優さんの家族でも判別できないのではないか (笑)。
e0345320_22092324.jpg
それから、予備知識なく見てびっくりしたのはこの人、シルヴェスター・スタローンの出演である!! 出演シーンはそれほど多くないが、それなりに重要な役柄だ。
e0345320_22173904.jpg
もうひとり忘れてはならないのは、カート・ラッセル。このブログでは「ヘイトフル・エイト」の記事で触れたが、私にとってはなんと言っても「遊星からの物体 X」(1982) が未だに忘れがたい。ここでは怪役を演じているが、実に楽しそうである。
e0345320_22224688.png
こんな面白い作品を撮ったのは、前作から引き続きジェームズ・ガン。セントルイス生まれの 48歳で、監督作としては本シリーズ以外にはそれほど実績があるわけではないが、脚本や製作も手掛け、本作にも出演している弟ショーンをはじめ、兄弟 5人が映画界で活躍している由。おっと、背中にいるのはロケットか???
e0345320_22285450.jpg
そんなわけでこの映画を大変楽しんだ私は、グルートのキャラクター商品 (コロコロスタンプと言って、紙の上で転がすと "I am Groot" "I am Groot" という言葉が印字される) を購入、早速拙宅のガラクタコーナーに仲間入り。あっ、グルートの右隣には、Bunkamura で以前購入した、ボスの「卵人間」のフィギュアがあるではないか!! こうしてアメコミとフランドル・ルネサンス絵画の強烈な出会いが、川沿いの狭い家の中で実現したのである。
e0345320_22430812.jpg

by yokohama7474 | 2017-06-10 22:45 | 映画 | Comments(0)