没後 40年 幻の画家 不染鉄 東京ステーションギャラリー

e0345320_10184156.jpg
先般このブログでもご紹介した、アール・ブリュットの画家アドルフ・ヴェルフリの展覧会を見に東京ステーションギャラリーを訪れた際、何やら異様な絵画をあしらったチラシが目に入った。それは上に掲げたもので、富士山とその麓を海まで俯瞰で描いたものであるが、写実的とはとても言い難く、だがその一方で描写はかなり細かい。一見して「異様」と感じたのは、このような密集感と富士という雄大な山とのアンバランスであったようだ。「不染鉄」とあるのはどうやら画家の名前らしいが、聞いたことがない。未知の画家の展覧会となると、私は血が騒ぐのである。なにか通常と違った感覚をそこで得ることができるのではないか。そう思って、会期が始まってまだ間もない頃にこの展覧会を訪れた。

画家の名前は不染 鉄 (ふせん てつ)。1891年に東京、小石川の寺の息子として生まれ、本名は哲治 (てつじ)。日本画を習ったが、写生旅行先の伊豆大島や式根島で突然漁師になったかと思うと、現在の京都市立芸大に入学して首席で卒業、その後は帝展で入選を重ねるなどの実績を挙げたが、戦後は画壇を離れ、奈良に住んで気ままに絵を描いたという。1976年に亡くなってから昨年で 40年。これまで、1996年に奈良県立美術館で一度回顧展が開かれただけで、東京での展覧会は今回が初めてである。これが不染の肖像。上記の絵の一種異様な迫力からすると意外だが、飄々とした人柄のように見えるではないか。
e0345320_17125172.jpg
まず、ポスターに使われた彼の代表作、「山海図絵 (伊豆の追憶)」(1925年) から見てみよう。これが全体図。真ん中に聳えるのは紛れもない富士山だが、それより手前は茶色い土地、向こう側は白い土地である。これは一体どういうことなのか。
e0345320_17171085.jpg
手前の風景は、副題にもある通り、伊豆の方、つまりは太平洋側である。このように集落や岩や灯台などが細やかに描かれ、緑色をした海の波も丁寧に表現されている。そこには船もあり、人々の営みが感じられる。
e0345320_17202263.jpg
その一方、奥の風景は何かというと、これはなんと、しんしんと雪の降り積もる日本海側なのである。茅葺の家が静かに佇んでいて、ここには人々の暮らしは雪に閉ざされている。
e0345320_17221340.jpg
このように、富士を挟んで、実際にはありえない対照的な風景を俯瞰するという作品なのである。しかもその表現がかなり細密であるがゆえに、不思議なリアリティと詩情が画面を支配している。なるほど、ちょっとほかにはないような奇妙な作品である。展覧会ではこのような不染の作品の数々との新鮮な出会いを果たすことができる。初期の習作などは展示されておらず、大正期の完成作から始まる。20代の作とはいえ、不染の個性が最初から明確に感じられるものばかり。これは「暮色有情」。古い家並みを俯瞰で描いており、墨の濃淡だけで素晴らしい情緒を描き出している。私はこの家々を見て、なぜとも知れず懐かしい思いを感じたものだ。この静謐感が伝わるだろうか。
e0345320_17293793.jpg
e0345320_17300394.jpg
これは一転して鮮やかな赤が印象的な「東京郊外秋景」(1917-18年頃作)。まさに錦秋という言葉がふさわしい紅葉を描いているが、だが上の作品と同様、静かな情緒が画面を支配していて、見ていて懐かしい思いにとらわれるのである。
e0345320_17321639.jpg
これは「林間」(1919年頃作)。やはり茅葺屋根の家がどこか懐かしい。そしてここにも見える細密性。
e0345320_17351916.jpg
これは「雪之家」(大正末期~昭和初期頃作)。既にこれまで見てきた何点かの抒情性を合わせたような印象であるが、面白いのは、同じ茅葺の家を描くにも、最初の作品とは違って、輪郭はくっきりと線で描かれている。それによって画面に硬質なものが付与されているが、その硬質さすら抒情性を醸し出していると思う。非常に優れた手腕である。
e0345320_17361138.jpg
展覧会に展示されている作品の中には、ただ風景を描いたのみならず、そこに不染自身が紀行文のようなものを書き加えている例が多く見られる。これは 1923年の「伊豆風景」。メルヘンタッチと言ってもよい作品であり、添えられた言葉も、例えば「二三日前に乗った汽車は今頃もあの道を走っているかもしれない」と、詩情あるものである。
e0345320_17402381.jpg
これは、不染がその後の作品でも繰り返し描くこととなる奈良・西ノ京の風景で、お寺好きには一目瞭然だが、奥の建物は唐招提寺の金堂である。1927年作の「都跡村之図」。やはり下の方に文章が書かれていて、唐招提寺の詩情を、ですます調の丁寧語で書き綴っている。このような作品を描いた彼の心の中には、一体どのような思いがあったのか。ただ厳しい画業の追求ということではなく、自分の足で歩き、目で見たものを、詩的に表現することで、人々に時の流れの儚さや人の営みの尊さを訴えたかったのか。つまり、画壇で成功しようという野心が感じられず、むしろ人々に訴えることに価値を見出しているように思われる。
e0345320_17451628.jpg
これも同じ西ノ京だが、遠景に描かれているのは、薬師寺東塔である。不染の抒情性を表現するには、この西ノ京の風景はうってつけであったのだろう。やはり詩情豊かな作品で、なんとも心が穏やかになるが、但し、前景の家の描き方にはかなり細密描写も使われていて、かなり細やかな神経がここで使われていることも感じ取ることができよう。
e0345320_17505135.jpg
さてここまでの不染の作品を見て気づく特徴のひとつに、風景の中に人物が全く描かれていないことである。独特の静謐さはそのようなナイーヴな感性からも来ているのだと勝手に納得していると、1927年の作、「思出之記」(海邊) という横長の作品には、家の内外で語り合ったり作業をする人たちが描かれているのを発見した。ただ、もともと彼の風景画には人間の存在が暗示されているし、これらの人物も、言ってみれば風景のひとつを構成しているのではないか。それもこれも、不染の感性のなせるわざだと思う。
e0345320_22170466.jpg
e0345320_22192384.jpg
そう、不染の作品は独特の硬質でいて抒情的なタッチなのであるが、そこにはその土地で暮らす人々の人生を見つける目があり、またそれは常に自らの来し方行く末に戻って行く感覚なのである。絵の中に自らの感傷的な思いを書き込むことも、あのあたりと関係しているのではないか。そして彼は、さらに直接的に自分を語る「生い立ちの記」という作品 (1931年) も残しているのである。これは部分的な写真だが、書いてある文章の冒頭は、「東京のかた隅 小石川の或小さなお寺に生まれました 母はランプの下でしきりにはたををっていた事なぞ覚えております」というもの。
e0345320_22222274.jpg
彼の作品には時に毒々しい要素があるものの、その多くは抒情的かつ現代的だ。この「凍雪冬村之図」(昭和初期頃) は、浮世絵風に見えながらその感性はかなりモダンで鋭角的と言ってもよいのではないか。それでいて抒情的である点に、不染の揺るぎない個性がある。
e0345320_22263744.jpg
これは、巻物になっている横長の水墨作品で、1947年の「南都覧古」。例によって手書きの説明のついた部分。
e0345320_22291526.jpg
この作品もそうだが、やはり奈良の西ノ京を描いた作品群が紹介されている。この昭和中期頃の作とされる「奈良風景」には、唐招提寺と薬師寺があり得ない位置関係で描かれている。つまり彼は現実の風景を写実的に描くことには興味がなく、抒情を表現するために空間を自分の中で再構成するのであろう。これが理解できると、冒頭の「山海図絵 (伊豆の追憶)」の手法がその集大成であることに気づくのである。
e0345320_22314180.jpg
これから 3点、薬師寺東塔を描いた作品をお目にかける。最初の「奈良風景」(昭和中期頃) は、この塔と唐招提寺金堂に加えて、遠景に東大寺大仏殿も見えている。
e0345320_22350349.jpg
次の「薬師寺東塔の図」(1970年頃) は、私の心にズシンと衝撃を与えてくれた作品。朝日がなぜか二重となっているが、シュールなまでのリアリティがあって美しい。これはデザインとして完全に完成されており、事実不染は似たような構図で何枚もの作品を残している。
e0345320_22362065.jpg
ところがそれに先立つ 1965年頃のこの「薬師寺東塔之図」は、同じ塔を描いていて、やはり日の出は二重になっているものの、背景を丁寧に描いており、上代の例えば春日曼荼羅のような風景入りの仏画のような雰囲気がある。これも実に素晴らしい絵で、できれば複製を手元に飾っておきたいくらいである。
e0345320_22363694.jpg
展覧会ではこの後に上記の「山海絵図 (伊豆の追憶)」が展示されていて、その他いくつかの富士山の絵も見ることができる。これは昭和初期頃の「富嶽之図」。細部のタッチはいかにも不染であるが、富士の写実的な描き方に迫力があり、ちょっと意外な連想だが、片岡球子などを思い起こさせないだろうか。
e0345320_22423936.jpg
不染の創作活動がこのように様々な様相を呈していることは非常に面白いのだが、ほかの例を挙げると、この「南海之図」(1955年頃作) はどうだろう。縦長の掛け軸の画面の下 2/3 以上が暗く渦巻く海で、それを墨だけで表しているのである。
e0345320_22453945.jpg
さあそしてこれは、中世の仏画を思わせる「蓬莱山之図」(昭和中期頃作)。仙人の住むという蓬莱山を描いているわけであるが、円形に閉じ込めたこの聖なる山の様子は、見ているうちに仏画ではなくヨーロッパの写本のように見えてくるから不思議である。
e0345320_22480281.jpg
と思うとこの「海」(1975年頃) では、おなじみの茅葺屋根の家々が並ぶ前を、なぜか魚たちが泳いでいる幻想的な風景が描かれている。さて、これをもってパウル・クレー風と言ってしまいたくなるのは私だけだろうか。
e0345320_22495077.jpg
これは 1974年頃作の「潮騒」の一部。こうなってくると、現代若手画家として注目を集めている池田学のペン画のようだと言ってしまいたくなる。
e0345320_22513838.jpg
仏教のお堂を描いた対照的な作品も大変に興味深いのでご紹介する。まずこれは、昭和 40年代に描かれた「夢殿」。言うまでもなく法隆寺の有名な建物であるが、このしのつく雨の中の凛とした姿はどうだろう。
e0345320_22535183.jpg
そしてこれが、1971年の「静雨 (静光院)」。同じ雨模様でも、これは全く異なるタッチの幻想的な風景。静光院とは、架空の寺院らしいが、もし多少なりとも近いイメージの建物を探すとすると、新薬師寺の本堂ではないか。建物のかたちも近いし、内部も、本尊薬師如来を取り囲む眷属の十二神将たちを思わせる。展覧会の図録には、「仏たちを従えた阿弥陀如来が鎮座している」とあるが・・・。
e0345320_22563006.jpg
これは、1968年12月29日に制作された「古い自転車」。知人に贈呈したもののように思われるが、78歳の自分を揶揄するような内容の文章が書かれており、この古い自転車とは、彼自身のことなのかもしれない。
e0345320_23002999.jpg
e0345320_23022250.jpg
また彼は、自分が生まれた小石川の光圓寺にある大いちょうを何度も描いている。これは昭和 40年代の作品。実はこのいちょう、樹齢千年を超えると言われているが、戦時中の爆撃で焼けてしまったらしい。だが今でも焼け残った部分から、逞しく枝葉を伸ばしているとのこと。そうするとこの絵は、不染のイメージの中にある大いちょうが黄金の葉を散らしているところということだろう。ここでも古い自分を自分になぞらえているのだろうか。
e0345320_23034587.jpg
彼がはがきに絵と文を入れて実際に投函したものが沢山展示されている。夜明け前に目覚め、自らの中に神と悪魔、ジキルとハイドを感じている不染。だがその自画像は飄々としていて、深刻な精神のバランスの危機は感じさせない。鋭敏な感性を持つ芸術家なら、むしろ当然のことであろう。もっとも、上で見てきたような多彩な作風に、彼自身、複数の人格を感じる瞬間があったとすれば、その内面を少し覗いてみたい気がする。
e0345320_23101275.jpg
このように、全く未知の画家の様々な面に触れることができて、大いに触発される展覧会である。これからは時々、この展覧会の図録を見ながら、郷愁の世界に浸ることもあるかもしれない。

by yokohama7474 | 2017-08-06 23:17 | 美術・旅行 | Comments(0)
<< 忍びの国 (中村 義洋監督) ジャコメッティ展 国立新美術館 >>