カテゴリ:映画( 150 )

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス (ジェームズ・ガン監督 / 原題 : Guardians of the Galaxy Vol.2)

e0345320_10315187.jpg
渋い茶の湯の展覧会の記事のあとにこのような賑やかな映画の記事がくるというのが、このブログの特徴であり、嫌悪感を抱かれる方もおられるかもしれないが、私にしてみれば、あれも文化からこれも文化。茶の湯とアメリカン・コミックの間に、何か一脈通じあう文化的な特性がないと、誰が言えよう・・・ないか (笑)。

この映画、マーヴェル社のアメコミを原作としており、2014年に制作された 1作目に続き、これが 2作目。実は私は、1作目は見ようかどうしようか考えているうちに上映終了となってしまったので、結局見ていないのである。正直なところ、上のポスターにも登場する「銀河の運命は、彼らのノリに託された!」という、まさに軽いノリのトーンが若干鼻につき、果たしてこの映画を見る価値があるのか否か判然としなかったのである。今回も予告編を見ていて同様の迷いを覚えていたのだが、まあでも、見てみると意外と面白いかも、と思って見に行くこととした。そして一言、大変面白かった!! このブログでは様々な分野の異形の存在に対する私の思い入れが随所に出ているが、この映画もまさしく、異形なるものが宿命的に持つ、表面上の明るさと裏腹の、何か極めて人間的な陰の部分に魅かれたと言えようか。・・・ま、そんなことではなく、単純に面白かったと言えばよいのですがね (笑)。

ここには様々な奇妙なキャラクターが登場し、それはもう騒がしいこと。主役のピーター・クイルを演じるのは、最近「パッセンジャー」でもいい味出していた、クリス・プラット。普通の人間の姿をしていて、かなり三の線なのではあるが、実は大変な存在なのであることが、この映画の中で明らかになる。
e0345320_21265047.jpg
そのピーターがひそかに (?) 思いを寄せるガモーラ。演じるのはゾーイ・サルダナ。最新の「スター・トレック」シリーズでも近いイメージの役 (?) を演じているが、まあそちらの方はこんなに顔が緑ではありません (笑)。
e0345320_21304829.jpg
これはドラックス。演じるのは元プロレスラーのデイヴ・バウティスタ。実際の体も立派なのだろうが、これはラバースーツを着用しての演技であったろう。なんでも、前作よりもスーツが進化して、前回は 2時間半かかったメイクが今回は 1時間ほどに短縮して、撮影時にはご機嫌であった由。
e0345320_21333049.jpg
これが凶暴なアライグマのロケット。犬好きには、この真っ黒な鼻がなんともリアルで、どんなに凶暴なことをしても憎めないキャラになっているのである。声を演じているのは、「アメリカン・スナイパー」の、あのブラッドリー・クーパーだ。
e0345320_21393668.jpg
冒頭すぐの戦闘シーンでは、この 4人 (匹?) のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが、巨大なタコのオバケのような怪物と壮絶に戦うのだが、その前でコイツがコードをつなぐと、ピーター・クイルのお好みのナンバーのリミックス版 (?) が大音響で流れ始め、それに合わせてコイツが踊り続けるのだ。私はそのシーンのバトルの壮絶さと裏腹のユーモア、それを演出する華麗なる映像美に完全にノックアウトされ、心の中では拍手喝采なのであった。もう一度見たいシーンだ。
e0345320_21462316.jpg
e0345320_22030209.jpg
コイツの名前はグルート。そういえば前作では、大人の大きさの枝人間を予告編で見た記憶があるが、なんでもこのベビー・グルートは、前作で命を犠牲にしたそのグルートが小枝から蘇ったものであるらしい。喋る言葉は "I am Groot." だけなのであるが、実は場面場面で違うことを言っているらしい (笑)。このベビー・グルートが実にかわいくて、その "I am Groot" が妙に耳に残るのだが、声をやっているのがあのマッチョなヴィン・ディーゼルというギャップもおかしい。
e0345320_21513881.jpg
私がこの映画を面白いと思う点は、これらの異形のキャラクターを過剰に使いながらも、あちこちの細部でユーモアのセンスが光っていることと、それから、もうこれは容赦ないまでの圧倒的な映像のマジックである。例えば、オープニングの自動車のシーン以下度々現れるミニチュア感覚にはくらくらする。このような映像効果と、気の利いたセリフとの両立は、実は結構難しいと思うのである。そして、人間の想像力の豊かさを思わせる数々のシーンを見て私の心をよぎったのは、ルネサンス期のフランドルの画家、ヒエロニムス・ボス (1450 頃 - 1516) である。プラド美術館所蔵の有名な「快楽の園」に登場するこの卵人間 (一般には「樹木人間」と呼ばれることが多いが、私にはどうも、樹木よりも卵に近いと見受けられる) を連想させるシーンも出てくる。
e0345320_21594011.jpg
そうそう、キャラクターの中にはほかにも印象に残るものがあって、このアイシャという女王の姿はどうだろう。全身どころか目の中まで黄金で、全く妥協がない徹底ぶりなのである。一度見たら絶対に忘れない。演じる女優はエリザベス・デビッキ。このブログでも「コードネーム U.N.C.L.E」の記事で触れたし、「エベレスト 3D」での演技も印象深い。いやー、確かに言われてみれば分かるが、そう聞かなければ、この女優さんの家族でも判別できないのではないか (笑)。
e0345320_22092324.jpg
それから、予備知識なく見てびっくりしたのはこの人、シルヴェスター・スタローンの出演である!! 出演シーンはそれほど多くないが、それなりに重要な役柄だ。
e0345320_22173904.jpg
もうひとり忘れてはならないのは、カート・ラッセル。このブログでは「ヘイトフル・エイト」の記事で触れたが、私にとってはなんと言っても「遊星からの物体 X」(1982) が未だに忘れがたい。ここでは怪役を演じているが、実に楽しそうである。
e0345320_22224688.png
こんな面白い作品を撮ったのは、前作から引き続きジェームズ・ガン。セントルイス生まれの 48歳で、監督作としては本シリーズ以外にはそれほど実績があるわけではないが、脚本や製作も手掛け、本作にも出演している弟ショーンをはじめ、兄弟 5人が映画界で活躍している由。おっと、背中にいるのはロケットか???
e0345320_22285450.jpg
そんなわけでこの映画を大変楽しんだ私は、グルートのキャラクター商品 (コロコロスタンプと言って、紙の上で転がすと "I am Groot" "I am Groot" という言葉が印字される) を購入、早速拙宅のガラクタコーナーに仲間入り。あっ、グルートの右隣には、Bunkamura で以前購入した、ボスの「卵人間」のフィギュアがあるではないか!! こうしてアメコミとフランドル・ルネサンス絵画の強烈な出会いが、川沿いの狭い家の中で実現したのである。
e0345320_22430812.jpg

by yokohama7474 | 2017-06-10 22:45 | 映画 | Comments(0)

無限の住人 (三池崇史監督)

e0345320_22425848.jpg
最近の邦画には、マンガを原作とするものが多い。だが私は、最近のマンガは全く知らない人間なのである。過去の記事でも何度か触れてきた通り、私自身はそのことを特に恥ずかしいこととは思っておらず、むしろ映画を予備知識なしに楽しむという意味では、原作を知らない方がよい場合もあると思っている。この映画の場合もしかり。三池崇史監督、木村拓哉主演の「無限の住人」。ここには相当に強烈な視覚イメージが横溢している。その凄惨な殺しの場面の数々、異様としか形容できないキャラクターたち。マンガと映画では、そのあたりの感覚は違ってくる面があって当然かと思うが、ここで様々な役を演じているのは日本を代表する俳優たちであり、監督は、独特のハードな映像美で知られる三池崇史。よくも悪くも、ここには今日の日本映画の特色がよく出ていると思うし、総合的に私は、この映画をなかなか面白いと思って見ることとなった。これが監督の三池崇史。
e0345320_23221979.jpg
まずはキムタクから始めようか。このブログでは彼は初登場 (笑) となるが、私は以前から彼はよい役者であると思っている。もちろんこの場合は、テレビドラマではなく、映画においてきっちりと歴史的な役割を果たしうるという意味である。だが、残念ながらと言うべきか否か正直分からないが、彼はこれまで、映画にはそれほど出演していない。香港の世界的映画監督、ウォン・カーウァイの「2046」に出演した頃 (2004年) には、その後素晴らしい出演作が相次ぐかと期待したのであるが、結局そのようにはならず、海外の出演作はそれ以降は皆無だし、日本映画にしても、それほど多くには出ていない。なんと言ってもテレビでの活躍だけで、彼のスケジュールは満杯であったことであろう。それが悪いと決めつける気は毛頭ないが、映画ファンとしてはこの才能がスクリーンにあまり出てこないことは惜しいと思ったことは事実。先ごろ国民的な話題となった SMAP の解散 (申し訳ないが私のようなオッサンには、なぜにそんなに世間が騒ぐのか理解に苦しむ事態であった) を経て、さてこれからはいかなる活動を展開して行くのか。既に今年 45歳になるという年齢であるから、若いときとは違った懐の深さを見せて欲しいものである。
e0345320_00140361.png
ここで木村が演じている万次は、百人斬りの異名を取る凄腕の剣士であるが、あるとき八百比丘尼 (やおびくに --- 妖怪ファンにはもちろんおなじみの名前で、人魚の肉を食ったために不老不死となった女性である) から不思議な虫を体内に注入されることで、不死身の体になった男。上のポスターにある「不死身って、死ぬほどめんどくせぇ」とはまさに言い得て妙のフレーズで、いくらからだが傷ついてもすぐに治癒してしまうので、斬られても斬られても、死ぬことはないのである。その彼はあるトラウマを抱えて苦しんでいるのであるが、そんな彼の前に現れたのは、一途に父のかたき討ちを目指す少女、凛。その二人に、善悪が明白でないこともある(あ、一部は見たまんま悪い奴だが 笑)異形のキャラクターたちが入り乱れて絡み合い、くんずほぐれつ物語が展開する。
e0345320_23305177.png
凛を演じる杉咲花は、子供のように幼く見えるが、今年 20歳。NHK 朝ドラの「とと姉ちゃん」で高畑充希の末の妹を演じ、また映画では既に「湯を沸かすほどの熱い愛」での宮沢りえの娘役で、様々な賞を受賞している。その勢いが持続しているのであろう、ここでの凛の役は大変な熱演である。そもそもスクリーンで鼻水を垂らすのも厭わずに演技できるのは大変立派であり、それも彼女の女優魂のなせるわざだろう (笑)。但し、ちょっと子供っぽく演じられた凛像を見ると、原作は知らないながらも、もっとほかの演技の選択肢がなかったかなという気は、若干しないでもない。尚、彼女が甲高い声で「万次さん」のことを「卍さん」の発音で呼ぶのが耳についたが、これは原作の設定と何か関係があるのだろうか。
e0345320_23413222.jpg
e0345320_23443318.jpg
この映画に出演している俳優たちの名を列挙すると、山崎努、田中泯、市川海老蔵、福士蒼汰、北村一輝、市原隼人、金子賢、満島真之介、山本陽子、栗山千明、戸田恵梨香。そのほとんどが、夢にまで出てきそうな、一度見たら忘れない派手ないでたちで、それぞれの存在感を出している。中でも私にとって印象的であったのは、福士蒼汰である。三池監督の前作「神さまの言うとおり」は、やはりマンガが原作の不思議な味わいの佳作であったが、そこでの福士は、若さの特権のような未熟さがリアルであった。だがこの作品では、いくら大量に人を斬っても汗をかかず息も上がらない爽やかなイメージを保ちつつ、陰のある役を面白く演じている。いや、ここでもさらに違った演技の可能性は感じるものの、これはこれで、この役者の今後に期待を持たせる出来であると思う。
e0345320_23542991.jpg

それにしても、この映画に渦巻く憎悪はいかばかりであろう。目を覆うばかりの殺戮が何度も起き、そこでは善悪の境も定かではなく、誰が敵で誰が味方かも、判然としないことがあるばかりか、時折反転すらすることになる。従って、登場人物たちが何に命を賭けているのかを考えることは、なかなかに複雑な作業になるのである。だが、そんな不安定で暗鬱な設定でありながら、見た印象は陰鬱一辺倒のものではないのだ。そのことについて改めて考えると、主役二人のキャラクター設定が巧みであるからであろうと気づくのである。原作マンガがどうであるかには関係がない、この映画としての特徴がそこには表れていると思う。その立役者である木村は、「死ぬほどめんどくせぇ」という口ぶりが似合うキャラクターとして、得難い実績をここで残したと思うので、今後はまた違う凄みを目指して欲しいものだと思う。それから、是非書いておきたいのは、この映画の冒頭と大詰めで、二度に亘り大規模な殺陣を見せること。ここに私は彼の意気込みを見る。その身のこなしは実に見事なものであり、その点では 20歳ほども若い福士の殺陣よりも、数段上を行っているであろう。そうであれば今後キムタクの負った使命としては、若い俳優たちにその背中を見せ、スクリーンで凄みのある演技を次々と見せて行くことではないか。私は彼にはその才能はあると思うし、これからも大いに期待したいところなのである。

ところで、この映画ではクラシック音楽は使われていないので、音楽に関して私が何か語れる要素はほぼ皆無であるが、面白い発見をひとつ。ここで音楽を担当している Miyavi というアーティスト、実は俳優として映画にも出演している。それは、先般このブログでも称賛を捧げたハリウッド映画「キングコング 髑髏島の巨神」なのである!! 冒頭、米兵と争う日本兵が彼なのだ。このような風貌だが、うーむ、この「無限の住人」のキャラクターとして出て来ても遜色ないインパクトではないか。
e0345320_00105840.jpg
このように、あれこれ留保しながらも、私がこの映画をかなり楽しんだことはお分かり頂けたかと思う。現在邦画は大変な隆盛であるだけに、とにかく質の高いものを見たい。鑑賞する方も、きっちりと映画の質を見極めて行きたいものだ。その意味では、日本のマンガが持っている質の高さに映画が影響されることもあるだろう。日本ならではのストーリーテリングを期待しよう。

by yokohama7474 | 2017-06-07 00:19 | 映画 | Comments(0)

台北ストーリー (エドワード・ヤン監督 / 英題 : Taipei Story)

e0345320_00294405.jpg
これは 1985年製作の台湾映画。これまで長らく日本では劇場未公開であったところ、ようやく今、公開されているものである。だが上映館は限られていて、気軽にシネコンで見ることができるわけではない。私は渋谷のユーロスペースで見たのだが、そこでは GW 明けから上映していて、既にかなり時間が経っているにもかかわらず、週末の上映ではほぼ満席の盛況なので、驚く。その理由の第一は、監督にあるだろう。エドワード・ヤン。このブログでは既に 3月25日の記事で採り上げた「牯嶺街 (クーリンチェ) 少年殺人事件」(1991年) の監督だ。1947年生まれのヤンは、この「台北ストーリー」制作当時 38歳。2年前の長編デビューに続く、これが第 2作であったのである。そしてこの監督、今日までさぞや活発な映画制作を行っているのかと思いきや、2007年に惜しくも癌で死去。生涯に撮った長編映画はわずか 7本のみ。今年は彼の没後 10年であり、その業績を偲ぶにはちょうどよい機会だと思う。実は「牯嶺街 (クーリンチェ) 少年殺人事件」もそうであったのであるが、我々が今日この作品を見ることができるのは、ある功労者のおかげなのである。その名はマーティン・スコセッシ。言うまでもなく今日のハリウッドを代表する映画監督であるが、彼がこのエドワード・ヤンの作品にほれ込み、4K によるデジタル復元がなされることで、今回の劇場公開が可能になったわけだ。ありがとう、マーティン!!
e0345320_23453591.jpg
この映画を含め、エドワード・ヤンの作品は「台湾ニューシネマ」などと呼ばれている。私を含め、多くの人にとって台湾映画はあまり縁のない世界であろうし、ニューシネマなどと言われても何がニューなのか判然としない点は否めないが、台湾という若干特殊な地域を舞台に、絵空事の空想物語ではなく、その時代に生きている人たちの等身大の愛や苦悩を生々しく描く点が、当時はニューであったのだろう。その点この映画の題材は極めて明確。台湾に住むあるカップルが経験する、仕事の問題、幼な馴染の問題、地域の問題、米国や日本との関係の問題、そして、お互いにとってのほかの異性の問題等々が複雑に絡み合って疾走する物語。ここでの主人公はこの 2人だ。
e0345320_23561690.jpg
主演女優は、実はこの後エドワード・ヤンと結婚することになるツァイ・チン (1995年に離婚)。もともとは歌手であり、今でも歌手活動を行っているらしい。そして主演男優の方は、さらに国際的に有名な人である。この映画から 30年を経た最近の写真はこれだ。
e0345320_23595245.jpg
映画好きならご存じであろう。今や台湾映画界の巨匠として知られるホウ・シャオシェン (候 孝賢)。エドワード・ヤンと同じ 1947年生まれで、この「台北ストーリー」では製作・脚本・主役を務めている。代表作はヴェネツィア国際映画祭でグランプリを取った「悲情城市」(1989年) であろう。この「台北ストーリー」は、彼が役者として出演している唯一の作品。盟友ヤンと組んで、台湾映画界を変えようという意気込みをもってこの映画を作ったことは、明らかに見て取れる。

この映画の印象は、随所に「牯嶺街 (クーリンチェ) 少年殺人事件」と共通するところがある。そのひとつは音楽の使用法が極めて限定的であることだ。まず冒頭、タイトルバックにバッハの無伴奏チェロ組曲第 2番の開始部分が流れる。このバッハの無伴奏は全部で 6曲あるのであるが、ここで使われている 2番の冒頭部分は極めて渋くて地味なもの。陰鬱というと少し違うかもしれないが、決して明るく楽しい映画でないというトーンが、冒頭で既に設定されるのである。そうして、全編を通じて、いわゆる BGM になっている音楽が流れるのは、私の記憶にある限り、たった一箇所だけだ。それはこんなシーン。
e0345320_00130454.jpg
大きく見えるフジフィルムのネオンをバックに、主演カップルのひとり、女性のアジンが、ほかの男にそれとなく言い寄られるシーン。ここで流れる曲は明らかに古典派のチェロ・ソナタの緩徐楽章なのであるが、恥ずかしながら私はその曲名をその場で判別することはできなかった。だが、音楽好きなら周知のことだが、古典派のチェロ・ソナタといえばベートーヴェンだ。自宅でロストロポーヴィチの CD を出してきて確認し、それがやはりベートーヴェンのチェロ・ソナタ第 3番の第 3楽章であると確認した。そしてプログラムを見て驚いたことには、このバッハとベートーヴェンは、あのヨーヨー・マによる演奏なのである。もちろん、この映画のために演奏したのではなく、既存の録音を使ったものであると思うが、台湾ニューシネマとヨーヨー・マ (パリ生まれで米国在住の中国人) とは、これまた意外な組み合わせで面白い。これは、若い頃のヨーヨー・マのジャケット。
e0345320_00321770.jpg
実際この映画を見ていると、現場で即興的に作って行った部分が結構あるのかなと思う。その一方で、登場人物たちの米国に対する思い、そして日本のカルチャーへの興味という要素が顕著であり、そこは丁寧に作られているなという印象だ。これはきっと、当時の台湾の一般的な人たちの思いを代弁しているのであろうか (もちろん、そのような思いの対局は中国本土であろう)。1985年といえば、私が 20歳の頃であり、この映画に出て来る当時のテレビの映像は懐かしいものである (野球中継のビデオに出て来る広島カープの試合では、3番高橋慶彦が打席に立っていたりする)。家の中にかかっているカレンダーは出光興産のものであり、台北市内のネオンとしては、上記のフジフィルム以外に、NEC も出て来る。また、主人公の男性アリョンの同級生の女性は日本人と結婚していて、彼女の父は孫をあやすのに日本語を喋っているのである。それから、登場人物たちがまぁよく煙草を吸うこと!! 私も当時はスモーカーだったので、ちょっと気恥ずかしいような気もするが、それも時代の雰囲気ということになると思うし、何よりもこの映画の大詰めでは、喫煙が重要なファクターになるのである。ネタバレは避けるが、もしかすると「太陽にほえろ」の松田優作の殉職シーンへのオマージュかと思えるシーンもあるし、それから重要なのは、医者が救急車に担架を運び入れたあと、警官から勧められて喫煙するシーンでは、医者が緊急事態と認識していないことから、担架の中の人間は既にこと切れていることが暗示されているのである。男も女も、老いも若きも、スパスパ喫煙していた時代。
e0345320_00405287.jpg
それから、ここに登場する若い世代のありあまるエネルギーも、なにやら新鮮に映る。博打で負けて車を失ったり、台北市内をバイクでつるんでヘルメットもなしに疾走し、辿り着いたディスコで踊りまくる曲は、おぉ、懐かしの「フットルース」なのである!! ケヴィン・ベーコンの主演映画で、この主題歌はケニー・ロギンス。但し、そのようなエネルギーの向かう先をこの登場人物たちの多くは知らず、主人公も、若き日の野球への情熱を胸の奥に抱えながら、やるせない現実の前に自暴自棄になり、取り返しのつかない事態を招いてしまうのである。一見淡々としながらも、そこに渦巻く断腸の思いの切実さは、今見ても人の心に迫るものであると思う。決して器用に作られた映画ではなく、多くのシーンでは昔の自主映画の雰囲気が漂っているが、見たあとになって思い返すと、不思議と強い印象が残っているのである。

と、こんな映画なので、さぞや当時の制作の雰囲気は団結したものであったのかと思いきや、プログラムにはホウ・シャオシェンの意外な言葉が載っているので、ここに掲載する。

QUOTE
エドワード・ヤンとこうして一緒に映画を作ったり、いろんなことを話し合ったりしてはじめて、日常生活を見つめる彼の視点が、いかに自分のそれと違っているかを認識したよ。彼にとって台湾というのは、独裁的な力に支配された、とてもありそうもないような現実だったんだ。でもそれと同時に、彼の子供時代のさまざまな記憶が水面に現れ出てきているような感じもする。それもとても詩的な流儀でね。
UNQUOTE

なるほど。天才は天才を知る。違った視点を持ちながらも、ともに映画を作ることができるとは、本音のぶつかりあいを伴う真摯な同盟関係であったということだろう。我々はもはやエドワード・ヤンの新作を見ることは叶わないが、せめて過去の作品から、様々な生きるためのヒントをもらいたいものだ。
e0345320_01043569.jpg

by yokohama7474 | 2017-05-31 01:06 | 映画 | Comments(0)

メッセージ (ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督 / 原題 : Arrival)

e0345320_22571788.jpg
もし、世界各地に突然、謎の飛行物体が現れ、全く装飾も武器も見えないツルっとした表面を見せつつ、不気味な沈黙とともに静かに中空に佇んだら・・・。想像するだに気持ちの悪い話である。そして、どうやら異星からやってきた生命体とおぼしき存在が、我々の前にこんなものを突き出してみせたら・・・。
e0345320_23051998.jpg
ええっと、これならよく知っているぞ。江戸時代の禅僧、仙厓の手による自由で即興的な作品だ。このブログでも以前、映画「海賊とよばれた男」の記事で、その映画の主人公のモデルとなった出光佐三のコレクションから、これに近い作品をご紹介したことがある。いやいやまさか、エイリアンのメッセージが仙厓ですか? ・・・とまぁ、この記事をこのように書き出そうという案は、実は映画を見る前から既にあったのである。というのも、事前に何度も見ることになった予告編で、このようなシーンを目にしたからだ。
e0345320_23265662.jpg
e0345320_23474006.jpg
まぁ、ただ円だという点が共通するだけなので、うーん、この書き出しはちょっとイマイチだったかなぁと思ったのだが、この映画のプログラムに掲載されている監督のコメントを見て驚いた。ここに出てくる宇宙船やエイリアンの文字のデザインのヒントは、実は書道の筆跡や禅のイメージにあったと語っているのである。発言を引用すると以下の通り。

QUOTE
禅の権威だったりしない僕がこんなことを偉そうに言うのは気が引けるんですが、正直な話、僕自身、日本的なものや禅のデザインにとても強い感覚があると感じていて、その強さを今回、エイリアンの存在感にも持たせたかった。で、デザインに採り入れました。
UNQUOTE

ここで私が解釈するのは以下の二つの点。ひとつは、この映画においてはシンプルかつ神秘的なものに日本的要素を活用しようとしていること。もうひとつは、この監督は絶対に謙虚で性格のよい人ということだ (笑)。本作でアカデミー監督賞にもノミネートされた彼の名は、ドゥニ・ヴィルヌーヴ。1967年カナダのケベック生まれである。道理でフランス風の名前である。
e0345320_23254698.jpg
私はこの監督の作品を見るのは初めてだが、この次に公開を控えている注目作の監督として、その名には見覚えがあった。その映画の名は「ブレードランナー 2049」。言わずとしれたあのリドリー・スコット初期の名作の続編である。それに続いては、なんと「デューン / 砂の惑星」の続編の監督にも抜擢されたという。こちらはもちろんデヴィッド・リンチ初期の、これは名作というよりも大失敗作と一般には言われているもの。いずれもカルト的な美意識で人気を誇る作品の続編を任されるとは、やはりそれだけその手腕にハリウッドが期待を寄せているということだろう。経歴を見てみると長編デビューは 1998年だから、既に 20年近いキャリアを持っているわけで、これまでその名を知らなかったこちらの方が不明を恥じるべきだろう。

予告編で明らかである通り、この作品の主人公は娘を亡くした女性言語学者、ルイーズ。世界の 12都市に同時に現れた (映画の原題は "Arrival"、つまりは「到着」だ)、巨大な石のような謎の飛行物体の中にいるエイリアンたちから発されるメッセージを読み解こうとする彼女が、自身について、また恐らくは世界の成り立ちについても、新たな発見をする物語。この作品は一貫して奇妙な静謐さに貫かれており、例えば空模様ひとつ取っても、きれいな青空の映像は皆無で、必ずどんよりと曇っているのである。それゆえ観客は、どうもすっきりと落ち着くことのない雰囲気の中で、ストーリー展開につきあわされることとなる。そして、実はここでのストーリーは、波乱万丈とか手に汗握るものにはなって行かない。「あれ? なんでだろう」という小さな疑問を持つことがあっても、充分な説明をそこで得ることはできず、「ま、いいか」と流して見て行くしかない。それを是とするか否とするかで、この映画に対する評価が変わってくるのではないだろうか。子を失った母の哀しみがずっと深いところを流れているとは言えるだろうが、ここで起こっているのは個人の悲劇ではなく、世界の危機である。しかも、どことは言わないがある大国などは、この飛行物体を排除するために核兵器攻撃まで検討するという、大変な事態まで起こってしまう。
e0345320_23531978.jpg
正直なところ、この映画を見た日の私は若干の寝不足で忍耐を欠いていたこともあり、世界の終わりをド派手に演出する映画にはいつも批判的なくせに、それとは正反対のここでの静謐な世界の危機の描き方を見て退屈し、しばし夢の世界に遊んでしまったことを認めよう。だが見ているうちに大体先が読めることも事実。終盤で明かされる秘密は、私としてはそれほど驚愕のものではなく、ただただ、エイリアンのメッセージが円環構造をなしていることから、それは最初から自明だったのではないかと思ってしまったのである。とはいえひとつ言えることは、この物語はいわば「バベルの塔」の逆を行くものであり、バラバラになった人類が再び結束を得るために、個人の哀しみを乗り越えた女性言語学者が貢献を果たす、という解釈もできるのではないだろうか。主役のルイーズを演じたエイミー・アダムスは、あまり好きなタイプの女優ではないが、かなりの熱演を披露していたとは思う。
e0345320_00042021.png
この人は最近では「マン・オブ・スティール」シリーズでスーパーマンの恋人ロイス・レーンを演じているほか、ティム・バートンの「ビッグ・アイズ」にも出ていた。それから、調べて分かったことには、スピルバーグの「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」でディ・カプリオの相手役だったそうだ。へぇー、15年で随分成長されました (笑)。
e0345320_00113808.jpg
共演しているフォレスト・ウィテカーやジェレミー・レナーの演技が安定しているのは、まぁ当然であろう。但し、前者は最近結構演技がおとなしめな印象もあるし、後者はよい役者であるとは思うものの、「ハート・ロッカー」でその顔を覚えて以降、どの映画でも難しい顔つきをしていて、あまり爽やかでないというその点だけが、いつも気になるのだが (笑)。
e0345320_00231454.jpg
e0345320_00233038.jpg
そのように考えてみれば、ここでの登場人物たちは、世界の終わりが近いかもしれないのに、それほど感情を表に出さない人たちがほとんどだ。そのような人々の描き方も、この映画の妙な静謐さにつながっているのかもしれない。妙な静謐さと言えば、音響にもそれが感じられるシーンがある。例えば後半のパーティのシーンで流れている音楽は、よく聴くとドヴォルザークの弦楽セレナードの緩徐楽章であったのだが、注意して聴かないとそれと分からないような、奇妙な歪みを感じた。ただ弱音であっただけでなく、なんらかの効果が施されていたのだろうか。また見る機会があればちょっと注意したい。この懐かしさを伴うデジャヴ感覚は監督のセンスであるのかもしれない。そういえば、冒頭のシーンで使用されているミニマル・ミュージックはオリジナル音楽 (担当はアイスランド出身のヨハン・ヨハンソン) ではなく、マックス・リヒター作曲の既存曲であるらしい。その点でも映画の流れに合う選曲と言えるであろう。

最後にもうひとつ。ここでのエイリアンのペアは、アボットとコステロというあだ名をつけられるが、これは米国で 1940 - 50年代に活躍したコメディアンのコンビで、彼らの映画は日本では「凸凹 (でこぼこ) ○○」というタイトルで公開されたので、我々の世代にとってはテレビ放映などで、ある程度おなじみだろう。世界の終わりかもしれない状況でもこのようなふざけた命名をするという設定は、映画の静謐なトーンとは少し異なるが、設定上どうしても沸きあがってくる絶望感を回避するのに、役立っているように思う。米国人には、往々にしてそういう感覚があると言ってもよいかもしれない。
e0345320_00303592.jpg
そんなわけで、仙厓からアボットとコステロまで、様々な要素を含んだ作品。私のようにうたた寝せず、感覚を研ぎ澄まして見れば、いろいろなヒントが得られるはず。この地上では時間は一方向にしか進まず、空間も連続性があるが、この映画のように様々な要素がちりばめられていると、時空を超えた発想が生まれるのかもしれない。私としては、とりあえず次回の「ブレードランナー 2049」で、たゆたうのではなく、突き進むこの監督の演出が見たいものだと、勝手に期待しているのである。

by yokohama7474 | 2017-05-30 00:42 | 映画 | Comments(0)

スプリット (M・ナイト・シャマラン監督 / 原題 : SPLIT)

e0345320_01100456.jpg
これは、私がどうしても名前を覚えられなくて、いつも、「えぇっと、あのインド人」と呼んでしまう映画監督、えぇっと、M・ナイト・シャマランの新作である。彼の前作「ヴィジット」もこのブログでご紹介したが、あの「シックス・センス」(1999年) によって一気にブレイクした才能で、その後もコンスタントに映画を撮り続けている才人である。あの「シックス・センス」の発想の面白さは実に大したもので、あれを見て「やられた!!」と思わないほど頭のよい人がいたら、会ってみたい。私など、劇場で思わず叫んでしまいそうになるほどであった (笑)。この「シックス・センス」の次に、同じブルース・ウィルスを主演に迎えてシャマランが撮ったのは、デイヴィッド・ダンという警備員が主役の「アンブレイカブル」(2000年)。これは前作ほどではないが、まずまずの出来であったと記憶する。だが、それから本作までの 8作で、彼は「シックス・センス」を超えただろうか。もちろん見る人それぞれの評価があるだろうが、残念ながら No と答える人が多いのではないだろうか。中には、「エアベンダー」のような、ちょっと迷ってしまっているかなぁという残念な作品もあった。だが今回の作品、プログラムに踊る言葉は、「シャマラン完全復活!! 想像を絶する究極の結末。観客の予想を裏切り続ける 1時間57分!」とある。さてさて、本当にインド人の復活なるか???
e0345320_23345668.jpg
この映画のストーリーは、予告編を見るだけで明らかである。女子高校生 3人を乗せて停まっていた車の運転席に、見知らぬ男が突然乗り込んでくる。「車を間違ってますよ」と注意する少女たちに何やらスプレーを浴びせかけ、男は 3人を誘拐、監禁する。そしてその男の中には 23の異なる人格が存在し、24番目の人格が迫り来る。果たして少女たちの運命やいかに!! というもの。主役 2人が、最初の「出会い」で作り出す視線の交錯は、こんな感じ。
e0345320_23421504.jpg
e0345320_23422833.jpg
ここから始まる監禁と、そこから逃げようとする女の子たちの奮闘は、以前私が大絶賛した「ドント・ブリーズ」や、こちらはかなり厳しいことを書いた「グリーンルーム」と共通するものがある。最近の観客は、狭いところに閉じ込められて、そこから脱出するという設定にのめり込むということなのだろうか。だがここで私の独断を述べてしまうと、この映画の出来は「ドント・ブリーズ」には及ばないが、もしかすると「グリーンルーム」よりも上に位置するかもしれない。そしてここで結論を急ぐと、残念ながらこの映画の出来は「シックス・センス」にはやはり及ばない。ネタバレを避けながらこのことについて語るのは極めて困難なので、以下はちょっと回りくどい言説になってしまうが、この映画をご覧になった方には分かって頂けると思って、話を続けます。

上記の通り、少女たちを誘拐する男は多重人格者であり、既に予告編にもこのような少年と女性のキャラクターが登場する。
e0345320_00120065.jpg
e0345320_00121244.jpg
多重人格者の映画と言えば、昔「レイジング・ケイン」という、ブライアン・デ・パルマの映画があった。主演のジョン・リスゴーが頑張っていたが、だがスクリーン上で見る多重人格の表現は、正直なところあまり恐怖を覚えさせなかったと記憶する。今回の「スプリット」の場合、多重人格者を演じる「X-メン」シリーズのプロフェッサー X (チャールズ・エグゼビア) 役でおなじみのジェームズ・マカヴォイは、23もの人格すべてを演じるのかと思いきや、そのうちの 9人分だけだ。いや、「だけ」というのは語弊があって、これは充分多い数であり、口調や動作の違いでそれらの人格を使い分けるマカヴォイの演技はさすがだと言えよう。だが。だがである。やはり、スクリーン上で見る多重人格者は、正直言って怖くない。それは、演じている役者が、スクリーン上の複数の人格を表現していることがつぶさに分かるからであり、もし現実にそんな人がいたら怖いだろうなぁとは、あまり思わないのである。それよりもむしろ、このような窓のない空間に閉じ込められるという、その単純な事実が怖い。
e0345320_00254882.jpg
彼女たちがここで経験するのは、得体の知れない「人々」 (?) による奇妙に友好的な待遇である。様々な逃亡を企てる彼女らがそれに失敗するたび、どんなひどいことが起こるのかと思いきや、即全身ズタズタとか、逃げようのない残酷な拷問にかけられるとか、そこまでひどい目には、とりあえずのところは、遭わないのである。その意味するところは何だろう。クライマックスに向けて何らかのメッセージが発信されるのであろうと思い、画面の隅々まで可能な限り注意を払ったが、最後のシーンに至っても、「シックス・センス」並にポンと膝を打つようなことにはならなかった。だから、この映画に対する私の大きな期待は満たされたとは、残念ながら言えないのである。いつものようにシャマラン自身がチョイ役で出演しているが、そういったシーンによっても、観客の恐怖は和らいでしまうのだ。

ただ、映画として優れた場面はいくつかあって、見ていて飽きるということがないとも言える。何より、主役のケイシーを演じるアニヤ・テイラー=ジョイのくるくる変わる表情がよい。内向的でつらい過去を持つ女の子という設定であるが、目と目が離れていて決して完璧な美形には見えない顔でありながら、このような涙の表情が、謎めいた雰囲気を醸し出していて、ただ単に怯えているだけの弱い女の子というイメージではないのである。今後期待できる女優さんだと思う。
e0345320_00381517.jpg
さて、この映画の舞台がどこであるかは、ただ映画を追っているだけでは判然としないが、いくつかのシーンから、明らかにフィラデルフィアである。シャマランは幼少期をこの街で過ごし、これまでの作品でもしばしばフィラデルフィアを舞台にしている。そのことがはっきりするのは、終盤に登場するタクシーに "Philly" と書いてあるからだ。大リーグのフィリーズでも分かる通り、Philly とはフィラデルフィアのことなのである。あ、それから、美術好きには、映画の中で登場人物が鑑賞するこの作品がヒントになる。
e0345320_00490417.jpg
これは言うまでもなく、ポール・セザンヌの代表作のひとつ「大水浴」。フィラデルフィア美術館の目玉のひとつでもある。私はこの美術館を二度訪れたことがあるが、素晴らしいコレクションを持っている。このセザンヌもさることながら、より貴重なのは、マルセル・デュシャンの遺作である。箱の中を覗き見する怪しい作品であり、この美術館に出かけて行くしか鑑賞する方法はないのだ。あ、それからもちろん、映画好きの人は、この美術館の外見に興奮を覚えるかもしれない。
e0345320_00552890.jpg
そう、「ロッキー」である。このシャマランの映画と直接関係はしないものの、この美術館の映像を見ると、やはり「ロッキー」を思い出さざるを得ないし、階段を駆け上って両方の拳を突き上げたくなるのである (笑)。一方、クラシックファンが期待するかもしれない、米国屈指の名門オケ、フィラデルフィア管弦楽団に関するネタは、残念ながら本作には登場しません。

ともあれ、予告編でシャマラン自身が「見たあとも絶対人に喋るな」と観客に呼び掛けていることであるから、ラストシーンについて語ることはできないが、うーん。どうでしょう。こればっかりは見てのお楽しみなので、たとえポンと膝を打つようなことにならないとしても、恨みっこなしだ (笑)。ひとつだけ、これから見る方にアドバイスすると、本編が終了してエンドタイトルが流れても、席を立ってはいけない。エンドタイトル終了後に日本語で、あるメッセージが流れるので、それを見た上で、この映画を評価するべきだろう。そのメッセージの意味するところは、またシャマランの次回作まで待たないと理解できないかもしれないが。

そんなわけで、人格がスプリットしないよう、理性を持って見れば、あなたは決してこの映画によって壊されることはないだろう。多重人格、何するものぞ!!
e0345320_01084664.jpg

by yokohama7474 | 2017-05-24 01:09 | 映画 | Comments(0)

カフェ・ソサエティ (ウディ・アレン監督 / 原題 : Café Society )

e0345320_22322949.jpg
ここしばらく映画を見る機会を逃していた。もちろん、出張の際に飛行機の中で見た映画はある。それらは大抵、劇場で見逃したものか、あるいは劇場で見ることは最初から想定しないタイプの映画であって、面白いもの面白くないもの、様々だが、このブログで採り上げる対象とはしない。というのもここでは、映画に関しては、劇場というしかるべき空間での経験のみを語ることとしたいからだ。とまあそんなわけで、しばらくぶりに劇場で見て、そしてここで採り上げる映画は、あのウディ・アレンの新作である。

私のウディ・アレンに関する思い入れは以前にも書いたのだが、1980年代、90年代の頃にはどうにも共感できず、あえて距離を取っていた。だが時は流れ、このところの私は彼の作品にほれ込んでいて、見る映画見る映画、ふぅーんっと唸ってしまうのである。今彼のフィルモグラフィを眺めて数えたところ、2008年の「それでも恋するバルセロナ」以降の監督作品 (劇映画のみ) 9本のうち、見ていないのは 1本だけだ。彼は今年 82歳になる高齢だが、そのキャリアで一貫して監督作では必ず脚本を書き、オープニングタイトルは極めてシンプル。CG も使用しないから、エンドタイトルも今時珍しい、短いものだ。彼の制作態度は何十年も変わっておらず、ただこちらが年を取ってものの見方が変わってきた (願わくば大人になった???) ということなのだろう。これは本作で主要な役 (ヴォニー) を演じるクリステン・スチュワートと並ぶウディ・アレン。肩など組んで、おいおい、近い近い!! (笑)
e0345320_22362031.jpg
そんなわけで、久しぶりに見る映画として迷いなくこれを選んだのだが、オープニングタイトルでいきなり、普段のウディ・アレン映画では経験しない、のけぞるほどの驚きを覚えることとなった。それは、撮影監督の名前である。Vittorio Storaro・・・えっ、もしかして、ヴィットリオ・ストラーロ??? そう、あのベルナルド・ベルトルッチの盟友であり、この稀代の名監督の代表作の数々を、まさに奇跡の映像で彩った、あの天才撮影監督である。もちろんそれ以外にも、「地獄の黙示録」も有名だし、BBC がワーグナー生誕 150年を記念し、ロバート・バートン主演で制作した伝記作品でも、テレビながら実に彼らしい映像美を創り出していた。調べてみると彼は 1940年生まれで、今年 77歳。ウディ・アレン作品の撮影監督は初めてである。
e0345320_20431164.jpg
そして、始まった映画の冒頭シーンを見て、私は再びのけぞったのである。1930年代ハリウッド。映画関係者たちが集う華やかなパーティで、プールサイドを滑らかに動くカメラが映し出す、夕焼けのあとの空の薄い青、プールの水の青、それを反射する白い建物の青。それぞれ微妙な差を持つ青たちが、ひとつの画面の中で実に絶妙にバランスされてゆらめいており、言葉を失うほどだ。実際、この 96分という比較的短い映画の中に収まった映像美は、平凡な映画の百本分くらいではないか。正直なところ、映像に見とれてストーリーを追うのを忘れるシーンもいくつかあった。ここでのストラーロの行動範囲は、屋内ではオフィスや高級レストランやカジュアルなバーやパーティ会場や一般人の自宅や、それこそカフェまで。屋外では冒頭のような屋敷のプールサイドから、海岸の波打ち際から、豪邸のテラスから、ならず者が死体をセメント詰めにする建築現場まで。実に様々なシーンをフレームに収め、ある場合には西日が疑念に満ちた人の顔を赤く照らすかと思うと、またある場合には家族の会食の場面で家長たる父親の顔が陰になる。また、美しいシルエットもあれば、叔父を待つ主人公の服装と彼が背にする廊下の貼り紙が同系色のブラウンであったり、それはそれは、随所で遊びと真剣勝負がないまぜになっているのである。私は今ここで、記憶によってそれぞれのシーンを再現してみようとしているが、それには限界がある。少なくとももう一回、いやできれば三回はこの映画を見てみないと、この映像の真価を語りつくすことができないという無力感にとらわれているのである。昨今このような映画は極めて少ない。その点だけでも、この映画を見に行く価値は充分にあるのである。

もちろん、いつものようにウディ・アレン自身による脚本であるから、そのセリフの洗練されたこと。英語の論理性と、実はそこに時折出て来る詩的な感覚を感じることができて、いつもながら見事である。そうそう、「片思い」のことを "Unrequired Love" というのですな。勉強になります。実際この映画の言語を日本語に置き換えてみると、どうなるだろう。恐らく映画として成り立たないだろうと思う。人間の弱さを示す見栄や取り繕い、疑念や憤りや利己的な思い、情熱の先走り、そしてその反動の自己嫌悪・・・。そのような感情がストレートに伝わってくるのは、言語的なセンスも大いに関係していよう。そして、アレンの映画の常であるように、ここには本当の悪人という人はひとりも出てこない。それゆえに人生とは滑稽で哀れで、そして生きるに値するものなのだ。・・・おっといけない。若い頃の私は、このようなアレンの映画の批評を耳にして、どうにも敬遠したくなり、結果的にウディ・アレン映画という宝の山を、食わず嫌いしていたのであった。だから私も、そのような思いをあまり大々的にここで書いてしまうと、きっと若い人たちのためにならない。これ以上この種の賛美を連ねるのはやめておこう。もう遅いか (笑)。

この映画に出演している役者たちのほとんどが、私にとっては馴染みにない人たちである。ただ、主役ボビーを演じるジェシー・アイゼンバーグは、「グランド・イリュージョン」の 2作に出ていたのは覚えているし、調べてみると、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」におけるレックス・ルーサーの役でもあった (因みにこの映画、私があれだけ散々悪口を書いたにも関わらず、続編が公開されることになるようだ)。ここでは、ナイーヴな青年がセレブたちの集う「カフェ・ソサエティ」で成り上がって行きながら、純粋な部分も残しているという設定を、大変上手に演じている。彼の放つ言葉がそのまま、英語の散文詩だと言ったらほめ過ぎだろうか。
e0345320_21352957.jpg
因みにこの映画、日本では以下のようなポスターもある。
e0345320_22430387.jpg
これを見ると、ボビーという男が、ふたりのヴェロニカという女性と巡り会い、恋に落ちる話であることは明確だが、さて、この派手な色遣いはどうだろう。正直、あのヴィットリオ・ストラーロの魔術的なカメラワークを堪能するには、ちょっとイメージが違わないか。この映画のストーリー自体は、最近ヒットした「ラ・ラ・ランド」に近いものがあって、まあその男女の切ないロマンス性を否定するつもりはないが、それよりもこの映画においては、人間を見る目にこそ大きな価値があると私は思っており、このように派手な作りのポスターで「ロマンスですよー」と宣言することは、作品の大人の魅力を伝えるためには、むしろ逆効果ではないか。それゆえ、私は冒頭に掲げた黒くてシンプルでシックなオリジナル・ポスターの方が、より作品の本質に近いと思うのである。

実は、ウディ・アレンとヴィットリオ・ストラーロにとっては、この映画が、ともにデジタルカメラで撮影した初の作品になったとのこと。ストラーロは長年デジタルでの撮影実験を重ねてきて、ようやくこの技術が満足できるレヴェルに達したと判断したのだという。そして、アレンの次回作 "Wonder Wheel" (ケイト・ウィンスレット主演) でもカメラを担当しているらしい。ともに 80歳前後に至った大芸術家同士、しかも全く違った持ち味の人たちが、ここへ来て意気投合しているというのが素晴らしい。是非是非、これから先も、共同で歴史に残る偉大な作品を作り続けて欲しい。あ、等身大で。
e0345320_22025101.jpg

by yokohama7474 | 2017-05-22 22:04 | 映画 | Comments(0)

ゴースト・イン・ザ・シェル (ルパート・サンダース監督 / 原題 : Ghost in the Shell)

e0345320_16080694.jpg
私はいわゆるアニメ物は、漫画であれ映画であれ、あまり知識がなく、むしろその分野には無知であると自覚しているのであるが、そんな私でも、ひとつのアニメ映画に大いに衝撃を受けたことがある。それは押井守による「イノセント」という映画であったのだが、その衝撃は 13年経った今も、思い出すだけで即座に甦ってくるほど強烈なものであったし、そのことは既に昨年 6月16日の記事で、押井の近作である「ガルムウォーズ」を採り上げた際に記した。その「イノセント」は、実は押井自身の以前の作品の続編であるのだが、その作品の名は「Ghost in the Shell / 攻殻機動隊」。1995年の作であり、また、2008年に一部をリニューアルした「2.0」と称するヴァージョンもあるらしいが、実は私は今に至るも、その作品を見ていない。それは、士郎正宗の漫画を原作とするこの映画を見ることで、私が「イノセント」で感じた衝撃が変質してしまうのではないかと思ったこともひとつの理由なのである。そして今回ハリウッドで制作されたこの映画は、その「Ghost in the Shell / 攻殻機動隊」のリメイクなのであるが、これを必ず見たいと考えたのは、日本のアニメに発想の源泉を持ちながらも、何か違った視点で描いている部分がきっとあるだろうと思ったからにほかならない。そして確かにこれは、士郎 / 押井へのオマージュを随所に感じさせながらも、ひとつの作品として完結している点、私としては高く評価したいと思うのである。

随分何度も予告編を見ることになったが、まず、昔の「ブレードランナー」をさらにキッチュにしたような街の映像が目を捉える。
e0345320_22223573.jpg
e0345320_22291561.jpg
現実世界でこの映像に最も近いのは、やはり香港であろう。いや実際、よくよく目を凝らすと、実在の香港のビルが見えてくる。私がニューヨークやヴェネツィアとともに愛する、世界に二つとない街。まあ最近は中国化が著しく進んでいるとはいえ (笑)、未だにその個性を保っている。
e0345320_22254085.jpg
この街の映像が、独特のノスタルジーと未来性をともに纏いつつ、見る人の脳髄に働きかける。そして私は見逃さなかったのだが、押井守の映画「イノセント」のロゴが画面の隅に出てくるのである。これに気付いたら賞金という制度にしてくれないものか (笑)。このような複雑に入り組んだ映像に満ちた映画であるが、そのメッセージは単純かつストレート。それは題名に既に表れているのだが、この "Ghost in the Shell" のゴーストは、人間の魂のこと。シェルはもちろん日本語では甲殻なのだが、これはロボットの表面を包む堅い金属のこと。つまり「ゴースト・イン・ザ・シェル」とは、機械の体の中に宿る人間性という意味なのである。その、人間の魂を持ったロボットがこの映画の主役。公安 9課所属で、少佐と呼ばれる優れた警察官、ミラこと草薙素子である。演じるのはあのハリウッドのトップ女優、スカーレット・ヨハンソン。
e0345320_22375612.jpg
昨今の彼女の活躍ぶりには実に目を見張るものがあるが、この映画で彼女はまた、新たな金字塔を打ち立てたと思う。心は人間、体は機械というこの難しい役柄をこのように実在感をもって演じられる女優がほかにいるだろうか。つまり、あまり冷たくてもいけないし、感情が出すぎてもいけない。彼女の瞳は多くの場面でうるうると濡れているのであるが、だがしかし、涙を流すことはない。なぜなら彼女は機械なのだから。
e0345320_22390085.jpg
そして、予告編からやけに目立った彼女の「裸スーツ」(?)。でも映画を見れば、これには必然性があることが分かる。つまり彼女は、自らの体を透明にすることができるのであって、そうである以上は、服など着ていてはいけないのである。これは実は大変よくできた設定で、昔ながらの透明人間 (例えば、ティム・バートンの最新作「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に出てくる子供の透明人間など) は、生身の体であるので、透明になるにはスッポンポンになる必要があり、その分風邪を引きやすかったところ (笑)、体が機械ならその心配はない。思う存分スッポンポンになれるというものだ。
e0345320_22385142.jpg
実はスカーレット・ヨハンソンは、この映画のオファーを受けるまで、「甲殻機動隊」のことを知らなかったという。1984年ニューヨーク生まれの彼女ならやむをえまい。だが彼女は明らかにこの役を楽しんで演じている。その彼女がここで共演している日本人俳優が 2人。
e0345320_22524109.jpg
ひとりはもちろん、ビートたけし。世界で尊敬される映画監督でありながら、昔ながらのへたくそな演技で、しかも日本語で、無骨かつ俊敏な、公安 9課を率いる荒巻を演じているのが心地よい。この映画では、個体間のコミュニケーションを無線で取ることができるという設定なので、別に言語などはどうでもよいのである。なかなかの存在感である。そしてもうひとりは、なぜかこの映画のプログラムに名前が載っていないが、この大女優だ。
e0345320_22525599.jpg
桃井かおりである。既に 66歳になったが、ここでの演技の無重力感は以前から変わらぬ大したもの。もちろん彼女は英語でセリフを喋っている。

いやそれにしても、この映画の映像は素晴らしいもの。多分もう一度見ても見飽きないものだと思う。そんな中、「イノセント」とも通じるこのようなロボットも登場し、恐ろしいやら艶やかやら。この顔がパカッと開いたり、後ろ足 (?) がニョキニョキ出るあたりでは、人間の形態が変容する様を感じることができて、なんとも凄まじい。
e0345320_23022426.jpg
この、人とロボットの混合感覚は、ほかのシーンにも横溢している。この映画がもともとのアニメ映画「Ghost in the Shell / 甲殻機動隊」とどう違うのか知らないが、アニメ映画のこのようなシーンは、目隠しこそないものの、今回も登場する。ここには人間の身体性の危うさが出ているように思うのだ。
e0345320_23050048.jpg
この作品における音楽担当は、クリント・マンセルとなっているが、だがしかし、あの「イノセント」と共通する日本の民謡のような音楽に心震える。エンドタイトルで確認したところ、やはり「イノセント」の音楽を担当した川井憲次の名があった。うーん、これは痺れる。今年 60歳のこのような方だ。
e0345320_23101981.jpg
このような、映像美に溢れ、原作やその先行映画化作品に対する敬意を感じさせるすごい映画を監督したのは、1971年英国生まれのルパート・サンダース。CM 監督として名を上げたあと、2012年の「スノーホワイト」で劇場映画デビュー。本作が 2作目になるようだ。この豊かなビジュアルで、今後の映像世界を切り拓いて行ってくれることを期待したい。
e0345320_23152434.jpg
このように、私にとっては様々な刺激に満ちた映画であったのだが、最後に、"Ghost in the Shell" という言葉がどこから来ているかを記そう。これは、アーサー・ケストラー (1905 - 1983) による「機械の中の幽霊」という評論から採られているのである。ケストラーはユダヤ人で、反日主義者であったらしいが、そんな人の書いた書物が、日本発のエンターテインメントになっているのが面白い。この本はかつてちくま学芸文庫で出版されていたようだが、現在では絶版であるらしく、アマゾンで調べると、古本が 7,500円以上、場合によっては実に 20,000円の値がついている。これはなかなかにてごわい。
e0345320_23250797.jpg
改めてこの映画のイメージの豊かさを思い出すと、眩暈がするようだが、ここには人間社会のなんらかの真実がある。それゆえ、ゲイシャロボットもこんな風に顔を開いて驚くのである!!
e0345320_23272871.jpg

by yokohama7474 | 2017-05-03 23:28 | 映画 | Comments(0)

グレートウォール (チャン・イーモウ監督 / 原題 : The Great Wall)

e0345320_22410981.jpg
この映画のポスターを見て誰しもが抱く感想があるだろう。まず、グレートウォールというからには、万里の長城についての物語だろう。実際ポスターの下の方には、「万里の長城が造られた目的が、ついに明かされる」とある。だが、主演は現在ハリウッドのトップ俳優のひとりであるマット・デイモン。アクションから繊細な演技まで、なんでもできてしまう彼のことだから、西洋人でありながら、ここでは何食わぬ顔をして中国人を演じているのか??? ともかく、仲間とともに何かと戦うという設定の物語であることは確かだろう。もちろん万里の長城の建設に着手したのは、あの秦の始皇帝。紀元前 200年頃の話だ。そんな古代を舞台とするなら、西洋人を登場させるのは無理があるだろう。いや、とはいえ、ユーラシア大陸は陸続き。人類はその後シルクロードなる陸上の交易路を確立させ、アジアとヨーロッパには密なる交流が生まれるのだ。でも、秦の時代とは・・・。

とまぁ、余計なことを考えていたのだが、4/14 (金) の公開だから未だ 2週間足らずなのに、既にシネコンでの上映頻度が低くなっているのを発見して、これがいかなる物語であろうとも、劇場に急がねば、と思って見に行ったもの。もちろんそう思う理由は、この人だ。
e0345320_22560028.jpg
現代映画界の巨匠監督、チャン・イーモウ (張 芸謀) 65歳。そう、この映画は彼のすべきハリウッド第 1作なのだ (但し、中国と米国の合作映画であるが)。この監督については、北京オリンピックの開会式・閉会式の演出を手掛けたことで知られていると言ってもよいし、あるいはオペラ・ファンなら、ズービン・メータとフィレンツェ五月祭音楽祭が紫禁城で上演したプッチーニの「トゥーランドット」の演出家であることを挙げてもよい。だがやはり、初期の「赤いコーリャン」「菊豆」、あとなんと言ってもツァン・ツィイーがなんとも可愛らしかった「初恋のきた道」などのヒューマンな作風が忘れがたく、最近では「妻への家路」が深く心に残っている。その一方で、一般的に彼の知名度を上げたのは「HERO」と「LOVERS」というアクション大作であったろう。それから私として是非お奨めしておきたいのは、これも私が心から敬愛するコーエン兄弟の「ブラッド・シンプル」をリメイクした「女と銃と荒野の麺屋」。あまり知られていない映画かもしれないが、ご存じない方には、「ブラッド・シンプル」と併せて是非是非ご覧頂きたい。面白いです。さてそんなチャン・イーモウがこれまでハリウッド資本で映画を撮っていなかったとは意外である。というのも、同世代の中国の映画監督でもうひとりのビッグネーム、チェン・カイコー (陳 凱歌) は随分以前、調べてみると 2002年に、「キリング・ミー・ソフトリー」というサスペンス映画でハリウッドデビューしているからだ (ちょっと残念な出来ではあったものの)。ともあれ、チャン・イーモウがマット・デイモンを得て世に問う新作の出来栄えや、いかに。
e0345320_23180033.jpg
えぇっと、なんと書こうかな (笑)。私がもし一言でこの映画をまとめるとすると、珍作という言葉を選ぶかもしれない。ネタバレはいつもの通りしないようにするが、でもこれを言わないと話が進まないことには、なんとなんとこれは、私がつい最近見て記事も書いた、「キングコング 髑髏島の巨神」と同系列、つまりは怪獣映画なのである!! 舞台は秦の時代ではなく、12世紀、宋の時代。万里の長城が防ごうとしているのは、大量に攻め寄せる敵。その敵とは、60年に一度やってくる怪物、饕餮 (どんな字だかさっぱり分からないが、「とうてつ」と読む) の大群であり、その怪物たちは知恵があって、人間の裏をかいてどんどん攻め方を発達させているらしい。因みにこの饕餮という怪物、Wiki で調べてみると、殷や周と言った古代の時代から中国の青銅器や玉器に彫られているという。あぁなるほど、例えば出光美術館のコレクションにあるような青銅器類に、よく見かける文様だ。
e0345320_23291693.jpg
映画の中ではこんな感じ。
e0345320_23305012.jpg
あらら、この記事は「キングコング 髑髏島の巨神」について書いているのではありませんよね? (笑) いえいえ、ちゃんと「グレートウォール」であります。この映画でこの怪物が恐るべき大群で現れるシーンは、少し前なら「スターシップ・トゥルーパーズ」(私の大好きな映画なのである)、比較的最近なら「ワールド・ウォーZ」と比較されるだろう。だがこの映画、不思議なことに、そんな圧倒的な数の敵に襲われる人間側の描き方に、あまり絶望感がないのである。マット・デイモンと、もうひとり、ペドロ・パスカルというチリ人俳優の演じるコンビは、傭兵として各地を渡り歩き、火薬を求めて中国にやってきたならず者たちであり、腕に覚えの彼らは、なんのためらいもなく怪物との戦いに身を投じる (因みに、ヨーロッパでルネサンス三大革命と言われた火薬・羅針盤・活版印刷は、すべて中国が先立って発明していたというのは有名な話)。正直なところ、人間を描く名人であるチャン・イーモウともあろう人が、いかにも CG CG した動きを見せる怪物の集団を、こんなに CG、いやイージーに見せてしまってよいものであろうかという印象を拭うことはできない。決戦を間近に控えた人間は、それこそ「七人の侍」が秀逸に描いている通り、不安な思いをかき消すべく、生きている証拠を探して、例えば自暴自棄な男女の愛に走ったりするものではなかろうか。その点、この映画のヒロインには、爽やかなまでにその気配がない (笑)。
e0345320_23490224.jpg
この中国人女優さんの名は、ジン・ティエン。実は以前の記事ではあえて書かなかったのだが、「キングコング 髑髏島の巨神」にも出演しており、英語のセリフもそこそこある役であった。だが正直、その映画における彼女の役の必然性には納得できる要素が少なく、製作会社レジェンダリー・エンターテインメントが中国資本に買収されたことと何か関係があるのかなぁと、漠然と考えていた。そして実は、この「グレートウォール」もレジェンダリーによる製作なのである。これがコング映画における彼女の勇姿。私が立て続けに見た二本の怪獣映画のいずれにも出演していたということになる。
e0345320_23523590.jpg
彼女の顔は文句なしに美形であり、英語もまぁまぁ頑張ってはいるが、正直なところ、世界に羽ばたく素晴らしい女優かと訊かれれば、まだまだこれからでしょうと答えると思う。この映画における、決してフレンドリーではないとは言わないが、どうにも血の通ったところがあまり感じられない女将軍役を見ていると、例えば「スターウォーズ」の 1作目、エピソード 4 なども、王女と飛び入り兵士の話であったわけだが、あの映画にはなんだか夢があったなぁと思う次第。この映画、時代の要請なのか、あるいは作り手の側に何らかの意図があるのか分からないが、言葉を選ばずに言ってしまえば、あまり感興を感じない残念な設定なのである。

怪物との戦いの成り行きや、クライマックスの作り方も、昨今のあれこれの映画の中では、まあ特にどうということもない。ひとつ言えることは、決定的な悪役が全く出てこないということか。怪物の側の論理 (?) は描かれていないが、ただ人間と敵対している存在ということでしかなく、人間ドラマはそこには期待できないのである。出演している役者の中には、ウィレム・デフォーとかアンディ・ラウといった才能豊かな人たちもいるわけだが、彼らの登場シーンでもドラマ性は希薄で、あまり個性的には描かれていない。もちろん、この映画のストーリーや映像が全く面白くないという気はなく、何気なく見ていればそれなりに面白いと言ってもよいが、あのチャン・イーモウのハリウッド・デビューで、かつマット・デイモン主演と来れば、この出来はいささか残念である。だから私は思うのである。これはもしかしたら、才能ある人たちが作り上げたヘンな映画として、人々の記憶に残るのではないかと。最初の方で珍作と申し上げたのは、そのような意味だったのである。
e0345320_00143656.jpg
さてそうなるとこの映画、何か現代的なテーマでも隠されているのかと勘繰りたくもなってくる。東洋と西洋の優劣関係の揺らぎと「信頼」の重要性、富に向かって我も我もと押し寄せる中国の人口問題、会話の通じない独裁者 (この映画の怪物にも中心がいる) が指導する国家と対峙する緊張感、外から境界を超えてやってくる移民たち、平和実現のためには犠牲もやむないと冷静に考える姿勢・・・そんな諸々の要素がここで隠喩されているとしたら? はい、もしそうならそうでもよいのだが、「もし弾道ミサイルが飛んできたらこうしましょう」という注意事項が職場で喚起されるような物騒な現実の前では、隠喩の意味を考えていても埒があかない (笑)。娯楽は娯楽として、感情移入できるものであって欲しい。これが大監督チャン・イーモウの気まぐれなのか、あるいは今後変わって行く契機となるのかは、また次回作で確認してみたいと思う。

by yokohama7474 | 2017-04-27 00:24 | 映画 | Comments(0)

キングコング 髑髏島の巨神 (ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督 / 原題 : Kong : Skull Island)

e0345320_23292596.jpg
私はこのブログで映画を紹介するときには、かなりの頻度でその映画を予告編で見たときの印象を記している。それは、予告編にはその映画の興行成績にも直結しうる凝縮されたメッセージが入っているケースが多く、大げさに言えばその映画と対面するときの大事な「顔」であると思うからだ。そして、この映画の予告編を見たときに真っ先に私の頭が理解したことには、これは怪獣映画であるということだ。もちろん、誰もがすぐに理解する通り、キングコングの映画であるから、一般的には「モンスター映画」という呼称がふさわしいように思うが、なんのなんの、怪獣好きにはすぐに分かるこの「怪獣映画」の匂い (笑)。だからこの映画は私の中では、封切当初から見たい映画一覧表のかなり上位を占めることとなったのである。ところが、あろうことかこの数週間、結構忙しくて、なかなか映画を見る時間がない。ああ私はこのまま、仕事とか接待メシとか歓送迎会に時間を取られたまま、この映画を見る機会を逃してしまうのではないか・・・と神に罪を告白する思いで天を仰いでいたのであるが、ようやく先週末、なんとか朝の回に見に行くことができたのである。

さあ、そんなわけで、これが新たなる怪獣映画の傑作との出会いとなったことは、誠に喜ばしい。私の世代でキングコング映画と言えば、もちろん最初の作品 (1933) は RKO 製作映画のリヴァイヴァル特集上映で劇場で見ているものの、ジェシカ・ラングの出たジョン・ギラーミン監督作品 (1976) は劇場では見ていない一方、ナオミ・ワッツの出たピーター・ジャクソン監督作品 (2005) はもちろん見ている。あ、あと、米国のテレビアニメ物は、日本語の主題歌を今でもよく覚えている。だが東宝映画の「キングコング対ゴジラ」(1962) は、テレビでも見た記憶がない。でもこんなポスター、レトロでよいではないか。著作権の緩やかな大らかな時代の産物と思っていたが、今回調べて分かったことには、ちゃんと米国のプロダクションから東宝が権利を購入して制作したらしい。なるほど、題名においてゴジラよりもキングコングを先に出すことまで、契約で決まっていたのだろうか (笑)。まあ、こんな対決はもう二度と実現しないだろう。
e0345320_23135638.jpg
さて、21世紀のキングコングは、こんなに素朴ではない。第一今回の映画、予告編を裏切るキングコングの登場シーンがなんとも小気味よいのである。つまり、大抵の人は予告編でこのシーンを見て、岸壁に血で手形を残した巨大生物の存在におののく人間たち、しかしその正体は未だ現れず、不気味な謎に包まれている・・・と思うではないか。
e0345320_23201864.jpg
ところがそうではなくて、今回のコングは、かなり唐突にその姿を堂々と現すのだ。これからご覧になる方には、コングの初登場シーンにご注目、と言っておこう。いやー、楽しいなぁ。おっと、こんなに激しく牙をむかれては、その存在意義を誤解されてしまいます。
e0345320_23235929.jpg
そう、この映画においては、この凶暴極まりないコングが善玉なのか悪玉なのか、この点がかなり重要となってきて、これはいわゆるモンスター映画の常道でもあろう。だが上述の通り、これはただのモンスター映画ではなく、様々な怪獣たちが出て来る点にこそ重要性がある。そんな中でコングの位置づけも、それほどもったいつけることなくストレートに描かれることとなる。実に小気味よい。これがこの島に住む怪獣たちの例。
e0345320_23311816.jpg
e0345320_23313446.jpg
e0345320_23314891.jpg
e0345320_23320072.jpg
よく見ると最初に掲げたポスターに、これらの怪獣たちの姿があしらわれていて、だからこれが怪獣映画であることは、やはり最初から明らかなのであるが、少し難点を挙げると、これらの怪獣の出番がちょっと少なくはないだろうか。実際のところこの映画におけるコングの闘いは、最初は人間と、そして最後は宿敵スカル・クローラー (上に掲げた写真のうちのひとつ) と、ということに絞られるのだ。だが、それとても難点というほどでもない。なんと言ってもヘリコプターを縦横無尽につかんでは投げるシーンは凄まじい迫力だし、クライマックスのスカル・クローラーとの闘いにおいては、霊長類(?)たるコングが他の巨大生物と違う点は、道具を使うことができる点だと実感し、胸が熱くなるのである (笑)。そのシーンもやはり非常によくできていて、とにかくすごい迫力なのだが、実はその闘いは、2014年のハリウッド版「Godzilla ゴジラ」におけるゴジラとムートーの闘いを思わせる点もある。・・・ではゴジラとキングコングが闘ったら、何が起こるのだろう。いやいや、上述の通り、そんなことはもう起こらないのだが。

改めて思い返してみると、この映画では随所に冴えた演出のセンスが見られるのだが、端的な長所を挙げると、観客が登場人物たちをきっちり区別できるように作られていること。このブログでも過去に何度か、戦闘ものにおける一群の登場人物たちの区別が難しい作品を採り上げたが、その点この映画は本当によくできていて、多くの登場人物たちが探索や戦闘に加わっているにもかかわらず、主要な役は全員識別できるようにできている。これは稀有なことで、監督の手腕であると称賛しよう。そしてそんな中、このような豪華な顔ぶれが顔を突き合わせるのである。
e0345320_23471406.jpg
e0345320_23473050.jpg
そう、ジョン・グッドマンとサミュエル・L・ジャクソンだ。どんなに豪華な怪獣映画やねん (笑)。そして、実質的な主役はこの人、今最高にカッコよい、トム・ヒドルスマン。私は彼の演技を見て失望したことはない。
e0345320_23534068.jpg
そして、伝統的なキングコングもののヒロイン役を包含する (?) 逞しい女性カメラマンを演じるのは、ブリー・ラーソン。うーん、まあ正直それほどよい女優さんとも思わないが、未だ 27歳ながら、2015年の「ルーム」という映画で、なんとアカデミー主演女優賞に輝いているのだ。お見それしました。
e0345320_23593233.jpg
という大変充実したキャストをまとめた才人監督は誰かというと、なんと、インディーズ系出身でこれがメジャー長編デビューとなるジョーダン・ヴォート=ロバーツ。
e0345320_00085063.jpg
この特異な髭によって年齢不詳に見えるが、きっとまだ若いのだろう。芸術系の映画はもちろん好きだが、日本のアニメやゲームも大好きであるとのこと。さもありなん。またこの映画では、密林を舞台にしているということで、コッポラの「地獄の黙示録」へのオマージュを感じさせるシーンも多い。私の見るところ、この作品は正しい監督を得ることによって、素晴らしい成功作になったのだと思う。
e0345320_00102623.jpg
さて、これからこの映画をご覧になる方は、エンドタイトルが終わるまでちゃんと席にいなければならない。実際そこでは、私が上で書いたことが大嘘であることが判明するのである。嘘をついて失礼しました。実は、この映画のプログラムにも記載はあるし、ネット上にも様々な情報が溢れているので既にネタバレではないと確信して書くが、実は近い将来、キングコングはやはり、あのゴジラとの再決戦に臨むことになるのである!! 実はこの映画、「モンスターバース = Monster Verse」(Verse とは韻文とか詩作のこと) というシリーズの 2作目。1作目は、上でも触れた、ギャレス・エドワース監督の「Godzilla ゴジラ」なのである。そして、3作目は 2019年公開予定の "Godzilla ; King of Monsters"、4作目は 2020年公開予定の "Godzilla vs Kong" となる予定。このシリーズは、レジェンダリー・エンターテインメント社が東宝と提携して制作し、ワーナー・ブラザーズが配給しているらしい。なるほど、ゴジラは日本では「怪獣王」であったが、このシリーズでも他の怪獣をなぎ倒し、最後はキングコングと対決するわけか。それにしても、上の方で掲げた昔の東宝映画の題名では、キングコングの名が先に出ていたが、今回のハリウッド映画は、ゴジラの名が先に出るわけか。ゴジラの世界的名声も確立されたわけで、ご同慶の至りである (笑)。昨年日本で異常なほどヒットした「シン・ゴジラ」は、私の見るところでは、ハリウッド版ゴジラへのアンチテーゼであったわけだが、今後公開されるこれらのハリウッド映画に対して、日本側としても何か対抗策を取らなくてよいのだろうか。それとも、この Monster Verse シリーズには東宝も携わっているので、それでよしとするのだろうか。国際社会における日本の地位に影響するかもしれない大問題ではないか (笑)。でもこのコングの表情の多彩さは、さすがに恐竜タイプのゴジラでは出せないなぁ・・・。本当によくできている。いずれにせよ、対決を楽しみにしておりますよ。
e0345320_00301490.png
e0345320_00302931.png


by yokohama7474 | 2017-04-25 00:31 | 映画 | Comments(0)

ジャッキー / ファーストレディ最後の使命 (パブロ・ラライン監督 / 原題 : Jackie)

e0345320_22113158.jpg
ジョン・F・ケネディは言うまでもなく、アメリカ合衆国大統領として歴史上最も高く評価されているひとりであり、その悲劇的な暗殺事件は、50年以上経過した今でも、数々の陰謀論とともに未だに世の人々の間で語られる。それに加え、ケネディ家の抱える闇や、大統領自身の私生活のダークサイドも様々なことが知られるようになっており、興味深いとともに、ゴシップネタには少々うんざりすることもある。だがしかし、いずれにせよケネディ暗殺は 20世紀最大の謎のひとつ。私もこれまで、その件に関するいろいろな映画 (「JFK」のようなメジャーなものだけでなく) や書物、テレビ番組を体験して来た。だが、今回採り上げるこの映画は一風変わっていて、その未亡人、ジャクリーンを主人公としたもの。ジャッキーとはもちろん彼女の愛称である。ここでジャッキーを演じるのは、ナタリー・ポートマン。なるほど、ついこの間リュック・ベッソンの「レオン」でデビューしたと思ったら、もうこんな役を演じるような年になったわけだ。・・・いやいや、「レオン」は 1994年の作品。あれから既に 23年も経っているのだ。彼女は既に「ブラック・スワン」でアカデミー主演女優賞も受賞し、名実ともにハリウッドを代表する女優のひとりである。尚、上のポスターに、アカデミー賞 3部門ノミネートとあるが、主演女優賞は、別項で採り上げた「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンが受賞した。ちなみにこれが、1961年、大統領就任式の際の JFK (家族内での愛称は「ジャック」だったそうだ) とジャクリーン。
e0345320_22205035.jpg
映画は、1963年11月22日のケネディ暗殺から葬儀までの過程をジャーナリストに語るジャクリーンを軸に、ホワイトハウスでの回想シーンを織り交ぜている。ほとんどジャクリーンの一人芝居に近い内容であり、まさにナタリー・ポートマンの存在感と力が、真正面から試されていると言ってよいだろう。その衣装や髪型、喋り方まで、我々のイメージするジャクリーン像をうまく表現しているとは言えるように思う。だがその一方で、映画全体として、もうひとつ何か印象に残るものがないような気がするのも事実。一体何がそう思わせるのだろう。ダラス到着時、未だこれから起きる悲劇を知らないふたり。ケネディを演じるのはキャスパー・フィリップソンという俳優。
e0345320_22331046.jpg
そして数時間後、ケネディの棺とともにワシントンに帰るエアフォース・ワンの中では、ジョンソン副大統領の大統領就任の宣誓が行われ、夫の血を未だ衣服につけたままのジャクリーンもその場に呆然と居合わせることとなる。ジョンソン役はジョン・キャロル・リッチという俳優。
e0345320_22354493.png
やはり後に暗殺されるロバート・ケネディもここでは重要な役回りだ。ゴシップによると JFK 死後、ジャクリーンとあまりにも親密であったとも言われるが、真実は分からない。ロバートを演じるのはピーター・サースガードという俳優。
e0345320_23112894.jpg
ここではまず、ダラスにおけるケネディ暗殺という歴史的事件の再現が行われていて、それ自体は緊迫感もあって、なかなかよくできている。だが、なんと言えばよいのか、圧倒的に大きな黒い歯車が回っているというような感じはしない。それもそのはず、この映画の主眼は、この事件の裏に潜む陰謀に迫ることではなく、ジャクリーンがファースト・レディとして、あるいはひとりの妻として母として、いかなる運命に立ち向かったのかということを、彼女の心の裏側からの視点も含めて、詳細に描き出すことであるからだ。もちろん、あの明るい笑顔の裏に様々な葛藤や努力があったことは想像に難くないが、この映画では、どうもジャクリーンの不安と不満に必要以上に観客が追い込まれて行くように思える。画面に形容しがたい不安を与えるひとつの要素は、音楽であろう。キュイーンキュイーンとグリッサンドでうねる弦楽器の音色が何度も出て来て、明るいシーンの印象まで薄くしてしまったような気がする。その音楽を担当したのは、ミカ・レヴィという女流作曲家。調べてみると 1987年生まれの英国人で、もともとロンドン・フィルの楽員。アーティストでもあり、音楽プロデュースも手掛ける才人であるらしい。映画音楽の分野では、「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」という映画で、評価されたらしい。あっ、この映画は、去年公開していた、スカーレット・ヨハンソン主演のエイリアン物だな。見に行かねばとチェックしてあったのに、結局見ることができなかったものだ。そんなに音楽が面白かったとは、見逃して悔しい。これが作曲者のミカ・レヴィ。
e0345320_23131494.jpg
ともあれ、私が課題と感じてしまったのは、ジャクリーンを、数々の困難を乗り越えた意志の人と描くのか、ある場合には夫に裏切られながらも愛し続けた献身的な妻と描くのか、あるいは、2人の子供を持ち、ほかに 1人を流産で、もう 1人を生後すぐに亡くしてしまった母として描くのかが、どうももうひとつ明確ではないということだ。というのも、ジャーナリストに話して聞かせるジャクリーンは特に傲慢ささえ漂わせ、一度喋ったことをメディアに載せるなと命令したりする、あまり優雅でない女性として描かれているからだ。そんなことをせずに、時系列に沿って、暗殺の悲劇と過去の回想だけにした方が、感動的な仕上がりになったのではないかと思うが、いかがなものだろうか。また、描かれている期間は限定的で、彼女がその後オナシスのもとに走ったことは描かれておらず、ジャクリーンという人間性にとことん肉薄するという作りにはなっていない。主役を取り巻く役者陣も正直、それほど印象的ではないが、ただひとり「これは」と思ったのは、神父役を演じたジョン・ハートである。
e0345320_23024525.jpg
もちろんあの伝説的な「エレファント・マン」で知られる英国人俳優であるが、最近はハリー・ポッター・シリーズなどにも出ていた。ここでの彼は、ケネディ死後の相談役として、ジャクリーンに対して率直かつ優しさに満ちた語り掛けをしている。実は私は知らなかったのであるが、彼はこの映画出演後、今年の 1月に 77歳で亡くなっている。癌だったそうだが、既に撮影のときには病に侵されていたのであろう。痛ましい話であるが、これまた知らなかったことに、彼は 2015年には Sir の称号まで得ていたのだ。素晴らしい役者であった。

監督は、1976年チリ出身のパブロ・ラライン。これが初の英語作品とのことである。私の上記の感想からもう一度考えてみれば、演出が少し詰め込みすぎかなぁ・・・という気もするが、様々な場面に見える創意工夫は、評価に値するだろう。
e0345320_23185141.jpg
さて最後に、クラシック音楽ファンのためのオマケをひとつ。ホワイト・ハウスでチェロの大巨匠、パブロ・カザルス (1876 - 1973) が演奏するシーンが出てくる。これは劇中、カザルスのチェロに聴き入る JFK 夫妻をはじめとする人々。
e0345320_23230560.jpg
この 1961年の演奏はライヴ盤として、今でも手に入る。これだ。ジャケットを見ても、映画の中のように、カザルスがひとりで「鳥の歌」だけ演奏したかのように思ってしまいそうだが、実際には、ピアノのホルショフスキー、ヴァイオリンのシュナイダーとのトリオであった。
e0345320_23234451.jpg
音楽に興味のない方は、このカザルスがいかに偉大なチェリストであったかイメージがないであろうから、ひとつの例を挙げよう。これは昨年私がバルセロナに出張したとき、空港のラウンジで撮影したもの。通常はパブロ・カザルスと呼ぶが、彼の故郷カタルーニャの言葉では、パウ・カザルスという名前になるらしい。ラウンジの一角がこのような彼を記念するコーナーになっている点、今でもいかに深い尊敬を集めているかが分かろうというものだ。
e0345320_23320647.jpg
e0345320_23325022.jpg
このように、カザルスがいつどの都市を訪れたかを示すプレートが飾られている。
e0345320_23362024.jpg
よく見ると、1961年にケネディの前で演奏したと確認できるが、面白いのは、その前に日本とイスラエルも訪れている。またケネディからは、2年後に叙勲もされている。
e0345320_23365951.jpg
そんなわけで、数多い JFK 物の中では少し異色な作品であり、今後人々の心にどのくらい残るかは正直分からないが、様々なピースを組み合わせてみると、ジャクリーンという、やはり 20世紀を彩ったイコンのひとりの人生について、また、彼女が経験した時代の雰囲気について、考えるヒントになる映画とは言えるであろう。ナタリー・ポートマンも、これから演技の深みをさらに増して行ってもらえるものと、期待している。

by yokohama7474 | 2017-04-08 23:48 | 映画 | Comments(0)