<   2016年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

あけましておめでとうございます。2016年の元日です。今年が皆様にとってよい年でありますように。

今朝の東京はきれいに晴れて、光あふれる新年になりました。川沿いの我が家のベランダは、遮るものがないので、空気の澄んだ晴れた日には富士山が見えるのですが、今日は本当にきれいなその姿を拝むことができました。
e0345320_22452766.jpg
あまりに気持ちがよいので、超安・近・短で初詣に行こうと思い立ち、そう言えば以前このブログでご紹介した芝 増上寺の狩野一信による五百羅漢図展が今日から新たな展示だなということを思い出して、早速出かけてみることに。門前にはこのような巨大な「初詣」の立札が。
e0345320_22482982.jpg
東京屈指の名刹ではあるが、首都圏でも明治神宮とか川崎大師とか鶴岡八幡宮とかに比べれば混雑はまだかわいいもの。でも境内にはいろいろ屋台が立ち並び、正月ならではの光景で、なにやら楽しい気分になる。
e0345320_22505131.jpg
そして面白かったのは、境内の一角で行われていた猿回し。今年が申年であることに因んでの特別興行であろうか、これを専門とするさる団体、その名も日光さる軍団から来ている。これがまた、なんとも芸が細かくて抱腹絶倒。初笑い猿の逆立ちだ。いやー、楽しい楽しい。
e0345320_22532464.jpg
e0345320_22533684.jpg
宝物館で五百羅漢図の第 21 - 40幅を見ようとしたら、何やら焦げ臭いにおいが。どうやら過去のお札やお守り等を燃やしている場所らしい。そこに立っているこんな看板。皆さんダメですよ、屋台のたこ焼きを食べたあとのゴミをこんなところに捨てては。
e0345320_22561924.jpg
ここでは宝物館と徳川将軍家の墓所の紹介は繰り返しなので省略する。さて、増上寺を後にし、日も徐々に陰りつつある中、五百羅漢つながりで目黒の五百羅漢寺へ。なんと今日から 7日まで、入場料が無料なのである。ここには元禄時代の僧侶、松雲元慶禅師 (1648 - 1710) が江戸の浄財を集めて執念で制作した五百羅漢像がある。実際には五百体以上あったらしいが、三百年以上の歴史の星霜を経て災害で壊れたり寺から流出して、減ってしまった。だが今でも 305体が現存しており、それを一体一体眺めることはなんとも幸せな時間なのである。最初のお堂に祀られている羅漢さんたちにはそれぞれ教訓的な言葉が添えてあり、なるほどなるほどと感心することしきり。新たな年の始まりにふさわしい。堂内は撮影禁止なので、ネット上でピックアップした画像でご覧頂こう。
e0345320_23123707.jpg
最初の長いお堂の最後には、このような奇怪な動物が。妖怪好きにはたまらんですなぁ。これは獏王と言って、あの悪い夢を食らうという有名な架空の動物だ。これは羅漢像と同じ松雲元慶禅師の作だが、正直なところ、羅漢像よりも鬼気迫る感じがたまらない。よってこの像だけは国指定の重要文化財になっている。よい初夢を見ることができますように。
e0345320_23125026.jpg
そしてやがて見えてくるメインのお堂。この記事の五百羅漢寺の写真の中で、これだけは私が今日撮った写真だ。
e0345320_22580138.jpg
内部はこのようになっている。巨大な釈迦三尊像を中心に、夥しい羅漢像も居並ぶ空間だ。正月ということもあってか、内部ではシタール (これだけはハテナだったが 笑) の響きに乗って釈迦の説法を朗読した録音が流れていた。これもまた、年の初めとしてはそれぞれの人たちの人生を冷静に振り返る機会になるに違いない。
e0345320_23200543.jpg
e0345320_23201306.jpg
本当に五百羅漢寺は私にとって魂を洗い清める場所。これからも折に触れ、訪れてみたい場所である。

さて、目黒にはほかにも由緒正しい寺がいくつかあるが、その中で、重要文化財の清凉寺式釈迦如来立像を正月三が日に開扉している大円寺に行ってみようと思い立ったものの、既に太陽は傾き、宵闇が漂い始める頃合い。それでも近くまで車で辿り着き、ふと見ると、なんと真正面に富士の雄大な姿が。ここは目黒駅から雅叙園の方に向かって下りる行人坂 (ぎょうにんざか)。江戸時代は交通の要衝であったらしいが、同時に富士山の見える名所でもあったらしい。ちょうど太陽が沈む直前、絶好のタイミングで拝むことのできた富士の姿。
e0345320_23261695.jpg
そんなわけで、大円寺の拝観は叶わなかったものの、元日に朝の富士と夕の富士を両方見ることができたことはなんとも特別なことである。今年はいい年になる予感。この 2つの富士を胸に、頑張るぞー!!
e0345320_23284910.jpg
e0345320_23290619.jpg

by yokohama7474 | 2016-01-01 23:29 | 旅行 | Comments(0)