人気ブログランキング |

マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団 2016年11月27日 サントリーホール

e0345320_23002151.jpg
ミュンヘンに本拠地を置く世界一流のオーケストラ、バイエルン放送交響楽団とその首席指揮者、ラトヴィア出身のマリス・ヤンソンスの演奏会、前日のミューザ川崎に続き、今度はサントリーホールに足を運んだ。これは、オーケストラファンならば誰もが聴いてみたいと思うような内容で、曲目はただ1曲、マーラーの交響曲第9番ニ長調なのである。この曲は演奏に1時間半を要する文字通り晩年のマーラーによる畢生の大作で、生と死のはざまで葛藤する芸術家の姿を浮き彫りにする深遠な作品。聴く方もそうおいそれとは聴くことはできないし、演奏する方はまた、相当な覚悟がないと取り組むことができないだろう。このブログでも、この曲に関する記事は未だ書いていないと記憶する。上のチラシにも、「歴史的名演の予感。究極のシンフォニー!」とあって、その謳い文句は必ずしも誇張ではないのである。

会場は超満員ではなかったものの、集まったクラシックファンの熱気に満ちている。休憩なしの演奏会ということで、開演前にトイレに長蛇の列ができていたが、それを見て改めて男性比率の高いコンサートだなと思いました(笑)。私のようなオッサンたちも涙するマーラー9番。果たして歴史的名演なるか。マーラーのデスマスクも何かを語り出しそうだ。
e0345320_23464357.jpg
ここで少し歴史的事実を振り返ってみよう。この曲の日本初演は、1967年、キリル・コンドラシン指揮モスクワ・フィルによるもの。また、バイエルン放送響の来日時のこの曲の演奏としては、1975年のラファエル・クーベリックによるものが知られている。後者は、演奏終了後にコンサートマスターが感動のあまり泣きじゃくっていたと、どこかで読んだことがある。実はこの2つの演奏とも、今ではCDで聴くことができて、前者も、それから伝説の後者にしても、今の耳で聴くと、それほど驚くほどの超名演とも思えない。だが面白いのは、コンドラシンは旧ソ連ではもちろんヤンソンスの大先輩にあたる指揮者であったわけだが、西側に亡命してからはアムステルダムのコンセルトヘボウ管弦楽団と親密な関係を築き、また、他でもないこのバイエルン放送響の首席指揮者に内定していたのだ。惜しくも急逝したためにその人事は実現しなかったわけだが、ヤンソンスにとっては、コンセルトヘボウとバイエルンという2つのオケで接点のある指揮者であるわけだ。これも何かのご縁だろう。

もちろん、音楽が始まってしまえば過去の事実も何かのご縁も関係ない。虚心坦懐に耳を傾けてみよう。もともとこのヤンソンスという指揮者は、決して感傷的なタイプではなく、とにかく明快な推進力を持って音楽を解き放つタイプ。今回は、持ち味の明快さを充分に保ちつつも、弦の中音域が極めて充実した深い内容であり、過度な感傷を排した音のドラマとして、大変高い次元に達した名演であったと思う。中でも、一貫して第2ヴァイオリンの積極性が印象的であり、全身で音楽への没入を示す奏者たちから、あたかもメラメラと炎が立ち昇っているようにすら感じた。奏者をしてここまで燃えさせるのが、ヤンソンスの持つ音楽家としての並外れた力なのだということを、改めて実感した次第である。解釈に奇をてらったところは全くないが、例えば第2楽章の終結部、ピッコロを中心とする弱音が2度繰り返される箇所は、そこだけ少しテンポを速めたように聴き取られ、細部の彫琢を感じさせた。第3楽章でも、目まぐるしく移り変わる音楽的情景を巧みにコントロールしていた。もちろん第1楽章で絶叫、諦観、憧憬、絶望、恐怖という感情のカケラの数々が渦を巻いて次々現れる点、終楽章で深々とした呼吸が引き継がれて途絶えない旋律が歌われる点、いずれも見事であり、まさに真っ向勝負でのマーラー演奏であった。繰り返しだが、ここには過度の感傷はない。ひたすら純度の高い音のドラマが展開していたのである。オーケストラ演奏の醍醐味が満載であり、恐らくは世界でも最もマーラーに対する耳が肥えていると思われる東京の聴衆も、この熱演に惜しみない大きな拍手を送っていた。思うに今回のコンサートマスターは、演奏後に泣きじゃくることはなく、きっと胸を張ったことだろう。これは、例えばバーンスタインがベルリン・フィルとのただ一度の顔合わせでこの曲を採り上げて達成したような「歴史的名演」という範疇ではないだろうが、オーケストラ音楽のひとつの極致に迫る名演として、長く語り継がれるであろう。

もちろん、こんな演奏のあとにアンコールなどあるわけはない。だがその代わり(?)、なんとヤンソンスのサイン会があったのだ。基本的にCDの購入者のみ参加可能ということであったので、前日にアルプス交響曲の新譜を購入した私は、一瞬躊躇した。私と同じように前日CDを購入したという男性は、なぜ昨日サイン会をやらなかったのかと、激しい口調で係の人につっかかっていたが、「マエストロが、今日だけサインしようとおっしゃったので・・・」とのこと。そういうことなら仕方ない。私は、ヤンソンスとバイエルンの、幻想交響曲のCDを購入した。実はこれ、カップリングがエドガー・ヴァレーズの「イオニザシオン」という、ヤンソンスとしては異色のレパートリーであったことから選択したものだ。終演後には大変に長い列ができたが、マエストロはきっちりと背広にネクタイといういで立ちで登場し、丁寧にサインをしてくれた。
e0345320_00222109.jpg
前回の記事で披露したものから、実に30年を経て再び手にしたヤンソンスのサイン。相変わらずきっちりしたもので、ちゃんと名前が読めますよ(笑)。バイエルンとの契約は確か2021年までだったと思う。ということは、このコンビでの来日はまた期待できるということだろう。次はどんな曲目を採り上げてくれるのか、楽しみに待っていることとしたい。

by yokohama7474 | 2016-11-28 00:27 | 音楽 (Live)