川沿いのラプソディ


川沿いの住まいから、音楽、美術、映画その他文化一般を語りつくします。
by Crop Stock
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> エマスケさん コメ..
by yokohama7474 at 22:38
こんにちは。 ローマ歌..
by エマスケ at 12:19
> desire_san..
by yokohama7474 at 00:29
こんにちは、 私も『ミ..
by desire_san at 15:25
> usomototsu..
by yokohama7474 at 00:24
こんにちは。毎年2月に欠..
by usomototsuta at 12:04
> カギコメさん コメ..
by yokohama7474 at 00:11
> カギコメさん コメ..
by yokohama7474 at 15:59
> 吉村さん やはりそ..
by yokohama7474 at 23:16
怪獣、恐竜が好きな私はこ..
by 吉村 at 21:20
メモ帳

デトロイト (キャスリン・ビグロー監督 / 原題 : Detroit)

e0345320_11402707.jpg
「K-19」「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」などのハードな作品で知られる女流監督キャスリン・ビグローの新作で、上に掲げたチラシを見れば分かる通り、自動車産業で有名な米国ミシガン州デトロイトで起こった出来事を映画化したものである。1967年、この街で発生した黒人暴動と、その直後に起きた、モーテルにおける白人警官による黒人への暴行。これは決してドキュメンタリーではなく、エンドクレジットにも出る通り、当事者たちの証言と当時の記録をもとに再現したドラマである。いやしかし、それにしても、ここに見る映像のリアリティはまさに衝撃的だ。そしてその映像のリアリティは、そのまま社会のリアリティへと見る者の思いを導く。米国においてかつて起こっていたこと、今起こっていること。そしてこれから起こるであること。もちろんそこに、「決して起こってはいけないこと」という項目も、見る人の中には存在してしかるべきであろう。ところが我々日本人には、この米国のリアリティをどのくらい理解できようか。そのようなある種の絶望感というか、呆然とした思いこそ、この映画を見たあとに私が囚われたものであった。これを見ると、ただ差別はいけないとか、自由平等がよいとか、そのような感想がきれいごとのようにすら聞こえてしまうのではないか。赤裸々な人間の真実の姿に向き合うことが求められる、ハードな映画である。

ここで描かれている事柄の経緯は、以下のようなものである。1967年のデトロイト。無許可営業の酒場で、ある黒人兵士のヴェトナム戦争からの帰還を祝うパーティが行われていたところに警官が踏み込む。それをきっかけに黒人たちと警官たちの間で小ぜりあいが生じ、暴動に発展。略奪や放火が横行し、市警だけでは鎮圧できなくなり、州警察や軍隊までが動員され、結局死者 43人、負傷者 1,100人以上という米国史上最大級の暴動に発展した。この映画の舞台となるアルジェ・モーテルでの事件は、暴動発生 3日後のこと。ひとりの黒人がオモチャのピストルをふざけて窓外に向けて発射し、それをスナイパーによる襲撃と誤解した警察が出動して、このモーテルを制圧。そこで黒人たちが警官に取り締まりと称する暴行を受け、3人の死亡者が出るという事態に発展したのである。実は映画を見に行く前に私は、たまたま NHK BS1 で放送していた、このモーテルでの実際の事件についてのドキュメンタリー番組を見ていた。そこでは、事件の生き残りや被害者の家族、裁判に関係した弁護士にインタビューし、そして興味深いことに、加害者となった白人警官にすらインタビューをしようと迫る米国人アーティスト (祖父が事件直後に暴動についての著書を著したジャーナリスト) の姿が描かれていた。ここで便宜上、白人警官を「加害者」と書いたが、公平のために書いておくと、法治国家のことであるから本件についてはちゃんと裁判が行われ、陪審員によって警官たちはみな無罪となっている(もちろん、その判決が間違っているという意見もある)。この映画において警官側で主導的な立場にあるクラウスを演じるのは、ウィル・ポールター。以前私が絶賛した「メイズ・ランナー」シリーズや「レヴェナント ; 蘇りし者」において、一目見たら忘れないその容貌によって強烈な印象を残してきたが、この映画における彼は、まるで何かに憑りつかれたかのような鬼気迫る演技。あまりにリアル過ぎて、彼個人が黒人の恨みを買わないかが心配になるほどだ。
e0345320_10203943.jpg
彼の役は、実在の 3人の人物の混合によるものらしいが、何せ 50年前の事件、その 3人のうち未だ生存するのは 1人のみらしい。上記の NHK のドキュメンタリーでは、その唯一生存している元警官 (現在は引退して郊外に暮らしている) にインタビューを試み、彼は一旦はそれに応じようとするのだが、やはり、「憎しみをもう一度呼び覚ますのはやめよう」と言って、それを断ってくるのである。ウィル・ポールターは英国人だが、ここでの演技は大変困難であったという。それは、演じる人間の考えが完全に間違っていて、そこに感情移入することができなかったかららしい。撮影終了後に役柄から抜け出すのは簡単で、本人の面白い比喩によると、それは「撮影中はサイズの小さい靴を履いているような気持ちだったから、脱ぐのは簡単だった」ということらしい。だが彼は「真実を語らなければならない、という責任を感じた」とのことで、これは素晴らしい役者魂であると思う。もうひとり、ここで絶賛すべき俳優は、近くの食料品店の警備員ディスミュークスを演じたジョン・ボイエガであろう。
e0345320_10524738.png
現在進行中の「スター・ウォーズ」シリーズや「ザ・サークル」での役柄と同様、ここでの彼は、冷静で思慮深い人物を演じている。黒人でありながら部外者であり警備する側の彼は、暴行を受ける黒人たちと、暴行を行う白人警官たちとの間にあって、事態を冷静に見ることができる立場にある。ここで起こった事件の目撃者としてこの役を設定することで、客観的な立場でこの悲劇を描くことができていて、映画の作劇法としてなかなか優れていると思う。

そう、この種の映画の難しいところは、現実を描くことと、そこにメッセージを込めることとを、どのように両立させるかということであろう。NHK のテレビ番組と違って、フィクションとしての映画を世に問うには、現実はどうであれ、映画としての表現力があるか否かという点も極めて重要である。キャスリン・ビグローの作品が人々に訴えかけるのは、まさにその点、映画とての表現力が優れているからであって、それなくしては、いかに社会性のあるテーマを扱っても意味はあるまい。迫真の演技を生々しく切り取るカメラワークや編集、あるいは音楽や効果音などのそれぞれの要素が、彼女の強いリーダーシップのもとで統合されていることこそ、まず第一にこの映画の価値だと思うのである。けだし、現代の名映画監督のひとりである。
e0345320_11105125.jpg
人種差別が間違っているとは、何も説明するまでもないこと。それゆえ、この映画の中で白人警官たちの取る行動は、多くの人たちの怒りを買う。だが、現実社会が難しいのは、様々な要素が絡み合っていることである。つまり、このモーテルでの事件が、全く何の前触れもなく起こったことなら話はもっと単純だが、実際には、3日前からの暴動において、黒人の暴徒たちに白人警官が殺されているという事実の中、オモチャであるとは判別できない発砲音が夜間に聞こえれば、警官たちが恐怖のあまり過剰防衛に走るという点は、人間心理としては理解できる気がするのである。もちろん、過剰防衛が正当化される理由はないものの、人間とは弱いものであって、もし自分が何かと敵対し、命を危険にさらしている状況で、恐怖を抱きながらも、自分には武器と権力があるとすると、修羅場の中でどこまで立派な行為ができるものか、観客ひとりひとりが自分に問いかける必要がある。ここで 3人の黒人たちを血祭にあげる白人警官たちが、違った時代の違った場における私自身であれば、果たして銃をしまって、笑顔をもって相手に握手を求めるだろうか。私はそれを考えたとき、人間が抱きうる憎しみの深さに、ぞっとする思いがした。まさに、上に掲げた元警官の「憎しみをもう一度呼び覚ますのはやめよう」という言葉は、だから、この上なく重いものとして響くのである。米国において、そして世界において、人間の本質の負の部分がなくなることは、もしかしたら、ないのではないか。冒頭には、米国についてのリアリティについて述べたが、実は憎しみの存在は人間の弱さの表れであり、別に米国だけではなく、世界のどこにでもあり、人間の本質にかかわる問題なのであろう。そして、映画に限らず様々な文化分野において、そのような人間の本質に少しでも気づくことは、大いに意義のあることである。この「デトロイト」が私たちに訴えてくるのは、そのようなことなのではないだろうか。

by yokohama7474 | 2018-03-17 11:38 | 映画 | Comments(0)
<< 悪女 / AKUJO (チョ... ステファン・ブルニエ指揮 読売... >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧