人気ブログランキング |

上岡敏之指揮 新日本フィル (ピアノ : クレール=マリ・ル・ゲ) 2019年 3月22日 すみだトリフォニーホール

e0345320_08321184.jpg
このブログのクラシック音楽の記事を読んでおられる方は、これまでの流れから、この日 (3/22 (金))、私が出掛けるコンサートは当然、サントリーホールにおけるグスターボ・ドゥダメル指揮ロサンゼルス・フィルによるマーラー 9番であると思われたであろう。実際のところ、そのコンサートのチケットを購入していた。だが私にはどうしても行きたいと考える別のコンサートがあり、熟慮の末、そのチケットは処分し、そして出掛けたのがこのコンサートである。音楽監督上岡敏之が指揮する新日本フィルの演奏会で、以下のような曲目であった。
 モーツァルト : 交響曲第31番ニ長調K.297「パリ」
 ラヴェル : ピアノ協奏曲ト長調 (ピアノ : クレール=マリ・ル・ゲ)
 マニャール : 交響曲第 4番嬰ハ短調作品21

うーん、これをどのように評したらよいだろう。フランス音楽と、フランスにまつわる音楽? 上岡は長くドイツで活躍している人だけに、新日本フィルとのプログラムも、ドイツ物の比重がかなり多くなっているが、その彼が採り上げるフランス音楽となると、それだけでも興味深いのだが、いやいや、ことはそれほど単純ではない。そもそもメインのマニャールについて語ることができる音楽ファンが、日本に一体どれだけいるというのか。実は私がこのコンサートをどうしても聴きたいと思ったのは、このマニャールゆえであった。以前の記事にも書いたが、上岡は今シーズンの主たる内容の紹介の中でこのマニャールに言及し、「ドビュッシーやラヴェルと同時代に、全く違った音楽を書いた人がいたことを知って欲しい」と語っていた。そう、このマニャールについては、私は随分以前に、「フランスにもマーラー風のシンフォニーを書いた人がいた」という紹介のされ方がされているのを見て、ずっと興味を持ってきた。彼のシンフォニーは、手元に CD はあるものの、実演で聴く機会はそうそうあるものではない。それがこのコンサートを選んだ理由である。この上岡という指揮者の熱意と冒険心には、強い感銘を受ける。
e0345320_08550665.jpg
では順番に、ざっと演奏を振り返ってみよう。最初のモーツァルトの「パリ」交響曲は、文字通りパリで作曲されているわけであるが、よく解説には、「マンハイム楽派の影響が見られる」とある。要するに、ドイツのマンハイムの宮廷にはヨハン・シュターミッツを中心とした優秀な作曲家、演奏家が集まっており、古典派音楽の確立に貢献したところ、モーツァルトはそのマンハイムに滞在し、マンハイム楽派からの影響を大いに受けた、というもの。オケの編成はクラリネットを含む比較的大きなもので、これはパリの楽団の編成を前提にしているようだ。3楽章の活き活きとした交響曲であるが、スコアを譜面台に置きながらも全く手をつけずに、非常に丁寧な身振りで楽しそうに指揮する上岡に、オケが敏感に応える、いい演奏だった。もっと角の立った演奏もあるだろうが、このコンビではとげとげしい演奏には決してならないのである。それにしても、ドイツの音楽活動の影響が、パリで書かれたシンフォニーに表れているという点、ただ単にこの曲がフランス趣味であるということを超えた歴史的な意義があるわけだ。

2曲目のラヴェルのコンチェルトは、これはもう近代フランス音楽の王道を行く曲。ソロを弾いたのはフランスの女流、クレール=マリ・ル・ゲ。
e0345320_09170600.jpg
私も初めて聞く名前だが、既に幅広く活躍しており、リストやシューマン、モーツァルトや、面白いところではデュティユー、あるいは最近ではバッハを録音しているらしい。ちょっと名前が覚えにくい (マリ=クレールというファーストネームならよくあるが、彼女の名前はその反対だ) 点が難点だが、なかなかに素晴らしいピアニストである。私が感動したのは第 2楽章で、この透明な美しい音楽を、これみよがしに感傷的になるのではなく、比較的大きな音量で、明確なタッチで弾き進んで行くあたり、高い美意識を感じた。その点では、アンコールで弾いた同じラヴェルの「悲しい鳥」(「鏡」の第 2曲) も同様で、これを聴けただけでも価値がある。もちろん、コンチェルトにおける速いパッセージやジャズ風の箇所でも、技術は充分だがそれだけに依存しない走り方が、素晴らしい。新たなピアニストを知る喜びを感じたのである。尚、彼女は今回、ピアノの中にタブレットを入れ、やはりペダルでそのページめくりを操作していたようだ。これからはこのやり方が増えるかもしれない。

さて、アルベリク・マニャール (1865 - 1914) である。上で書いた通り、私が彼の名を知ったのは、「フランスにもマーラー風のシンフォニーを書いた人がいた」という表現をどこかで見たからである。その後、ステレオ初期に数々のフランス音楽 (とロシア音楽) を録音して一世を風靡したエルネスト・アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団が、このマニャールの 3番のシンフォニーを録音していることを知った。そして、私の敬愛するミシェル・プラッソンとトゥールーズ・キャピトル管弦楽団による 37枚組の CD において、マニャールの 4曲のシンフォニーがすべて含まれていることを知って、喜んだ。だが、それらの CD を聴き込んでマニャールについて何か語れるほどの知識・経験が私にあるかというと、残念ながらそういうわけではない。ただ、ひとつ言えることは、ドビュッシーとラヴェルに代表される近代フランス音楽においては、弦の合奏よりも管の漂うような感じが重要であったり、ソナタならソナタという既成の形式から自由である点に比較すると、このマニャールの曲は、それらとは全く異なり、ドイツの後期ロマン派に近い音がする。だからこのマニャールのシンフォニーは、上記のモーツァルトの場合と逆で、ドイツの影響を受けたフランスの音楽というわけだ。ただ、「マーラー風」と言っても、そのシンフォニーは 1時間半を要するわけではなく、声楽を導入しているわけでもなく、オーソドックスなものである。生年を見てみると、マニャールはドビュッシーよりも 3つ下、ラヴェルよりも 10歳上。ドイツ系の作曲家と比べると、マーラーより 5歳下、シュトラウスの 1歳下である。経歴を見ると、ヴァンサン・ダンディの弟子である。ダンディは言うまでもなくセザール・フランクの弟子であるから、ここにひとつのユニークな系譜があるとも言えるだろう。これが 35歳の頃のマニャール。
e0345320_09534569.jpg
実はこの作曲家、悲劇的な最期を遂げている。没年が 1914年とあるのを見て、はっはぁもしかして、第一次大戦で戦死したのかと思いきや、実はもっと悲惨で、自宅のあったバロンという小村に侵入して来たドイツ軍兵士と銃撃戦になり、そこで殺されてしまったのである。それだけではなく、自宅には火をかけられ、焼け跡から黒焦げの死体として発見されたという。戦争に関連した作曲家の死というと、我々はすぐにアントン・ウェーベルンを思い出すわけだが、そちらの方は戦後すぐの緊張状態の中での不幸な事故のようなものであり、このマニャールのように、勇敢に戦って死んで行った作曲家は、ほかにはいないのではないだろうか。実は私の手元には、この作曲家の室内楽全集という CD もあるのだが、このジャケットは何だろうと思ったら、自宅を防衛するマニャールの姿を描いたものであった。尚、この CD の解説書に、焼け落ちたマニャール邸の古い写真も載っているので、ここに掲げておこう。
e0345320_10163816.jpg
e0345320_10200361.jpg
さて、前置きが長くなってしまったが、今回演奏された交響曲第 4番 (嬰ハ短調という珍しい調性は、マーラー 5番と同じ) は 1914年の作。つまり、彼の最晩年の作品ということになる (といっても僅か 49歳なのだが)。演奏時間 40分ほど、伝統的な 4楽章からなるが、第 2楽章以下は続けて演奏され、今回の演奏では、第 1楽章と第 2楽章の間でも、指揮者は指揮棒を下ろすことなく、ほぼ続けて演奏された。ここで聴かれる音響は確かに後期ロマン派風であり、迫力あるオーケストラの音が連続する。1914年と言えば、ドビュッシーは既に「牧神」はおろか、「ペレアスとペリザンド」、「海」、前奏曲集第 1集、そしてバレエ「遊戯」を書いている。ラヴェルはかなり年下だが、既に「マ・メール・ロワ」や「ダフニスとクロエ」を書いている。そんなときに、このようなシンフォニーを書いた作曲家は、やはり時代遅れと当時評されたのも無理はあるまい。だが、これは確かにマーラーやシュトラウスが好きな人間にとっては、なかなかに聴きどころの多い曲である (また、マニャールを「フランスのブルックナー」と称する向きもあるとか)。フランク譲りと言ってよいのか否か、循環主題も使っていて、散漫になりがちな印象を避けようとしているようだ。そもそも 19世紀末から 20世紀初頭にかけて、フランス音楽界にはワーグナーの影響が絶大で、特にドビュッシーなどはそれが顕著なわけであるが、ワーグナーと言っても、「トリスタン」とか「パルシファル」、あるいは「ジークフリート」の森の場面からの影響であって、重厚な音でぐいぐい進んで行くというワーグナー本来の側面に追随すると、このマニャールのシンフォニーにようになると考えればよいのだろうか。上岡と新日本フィルの演奏は、ここでも曲の隅々に神経を行き渡らせており、初めて実演でこの曲に接する聴衆にも、「ほら、こんな知られざる名曲があるのですよ」とストレートに訴えかけてくる。私は聴きながら考えていたのだが、例えばフランスにも、ショーソンとかデュカスの優れた交響曲がある。それらは、日本にフランス音楽の美を伝えてくれた指揮者ジャン・フルネが度々採り上げたことで、我々聴衆にもなじみができたという面がある。だがそのフルネも、マニャールを採り上げたとは聞いたことがない。その意味では、いかに東京が巨大な音楽市場ではあっても、演奏家の努力なしには聴衆は育たないんだなぁと思ったものだ。そうこうするうちに、アンコールが演奏された。あれ、この、ウェーバーとロッシーニを足してモーツァルトのフレーバーをまぶしたような音楽、なんだっけ。答えは、ボワエルデューの「白衣の婦人」序曲。おぉ、そうだったそうだった。これはフルネお得意の曲目。例えば東京都交響楽団とのこんな CD にも入っているし、なんとこのオペラの全曲も録音している。
e0345320_10471888.png
そんなわけで、一風変わった「フランス音楽」プログラム、様々なことを考えるヒントを与えてもらった。上岡と新日本フィルとのこのような試みには賛辞を捧げたいし、客席も、心配したほどガラガラではなくて、まずはよかったと思う。世界のメジャーオケの演奏ももちろん捨てがたいが、東京のオケの積極的な活動も、できるだけ体験したいと私は思うのであった。

by yokohama7474 | 2019-03-23 10:58 | 音楽 (Live)